シーシュポス4話のあらすじネタバレ&感想考察!

シーシュポス,4話,ネタバレ

スポンサーリンク


シーシュポス第4話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

シーシュポス第4話のあらすじネタバレ!

未来にいたソへは街の中で「アップロードのご相談歓迎。過去に戻れるなら何をしますか?」と書かれたチラシを見つけていたのでした。

テスルとソへの前に未来から来た1人の男・ヒョンギが現れると、パク社長は「ダウンロードの成功率はたったの10%しかない。成功しても半分は取締局につかまっちまう。生き残ってこっちに定着する確率は5%だ。なのにみんな命懸けでやってくる。わかったか?テサンさんもああやってこっちに来た。だが途中でダウンローダーが誤作動を起こしてた」と話します。

テスルは「近くに行って見ても?」と聞くと、その男の近くへ。

テスルはヒョンギの近くで作業している男に「俺の携帯をもっているか?」と聞きます。「持ってるけど」と言われると、テスルは「スンボクに位置情報を送れ」と言い、携帯の音声認識装置を使い位置情報を送ります。

そして、隙をつき携帯を奪うと逃走を図ります。さらにソへもパク社長を攻撃し逃走を図ります。

すると、そこにテスルの携帯の位置情報を感知した取締局の面々も。慌てたパク社長たちは車に乗って逃げ出します。テスルも逃げようとすると、ヒョンギに「助けてくれ。テサンの居場所を教えるから助けてくれ」と頼まれます。

テスルは仕方なくその連れて逃げることに。

外に逃げたテスルは取締局の連中に囲まれるものの、ソへの助けもあり、どうにか電気自動車をハッキングし逃げ出そうとします。

すると、目の前でソへが取締局に捕まってしまいます。「逃げて。早く」と言われたテスルはその言葉を鵜呑みにし、ヒョンギと共に逃げます。

取締局の車に乗せられたソへはヨンシクに「あいつに接近した理由は?」と拳銃を向けられ脅されるものの「今日は死なない」と言います。すると、取締局の車にテスルの車が突っ込んできます。

命懸けでソへを助けたテスルはソへを車に乗せ逃走します。

その頃、エディは理事のハンヨンから「国家情報院の方だ」と情報局課長のヒョンスンを紹介されると「テスルの居場所は分かったんです。早くそこに」と頼みます。するとヒョンスンから「お気持ちはよくわかります。さぞ、ご心配でしょう。メールを見ても?」と言われ、エディは携帯を確認するもののそこにはメールは残っていませんでした。

エディは「確かに受け取ったはずなんですが」と言うものの、ヒョンスンは「ご心配のあまり受け取ったと錯覚されたのかも」と言うと帰って行ってしまいました。

その後、テスルはヒョンギに「兄の居場所を早く教えろ」と聞くものの、住所を言われると「まずはそこにいけ」と言われます。テスルは仕方なく向かうことに。

その途中、ソへから「未来にはアップローダーがあるの。コピーしたもののを遠くに送ることができる。2021年だったかしら、アップローダーができたの」と聞いたテスルは「もし兄がそのアップロードで未来から来たということは死んでないからだ。来なければ死ぬこともない。来る前に止めないと」と意気込みます。

そして、言われた住所に向かうとそこには家が。ヒョンギは家のまで「母さん、ただいま」と言うと、母親が出てきます。家の中に入ると、料理を作り母親に振る舞います。そして母親を寝かせると「母さんごめんね。ずっと母さんに会いたかった」と涙ながらに伝えました。

その様子を見ていたソへは「こっちに来る理由はね、後悔よ。悔いがあるからよ」とテスルに教えます。それを聞いたテスルは「だったらお前は何を後悔してる」と聞くと「よく聞いて。あなたは命を狙われてる。特にシグマ。釜山からよ、今後も追ってくる」と聞かされます。

理解できないテスルは「なぜ俺を殺そうとする」と聞くと「おそらくあなたがアップローダーを作ったから。あなたを守るために私は来たの。アップローダーの完成も阻止する」と言われます。

スポンサーリンク


そんな話をしていると、ヒョンギが戻ってきます。テスルはテサンの居場所を書くように促すと「行かない方がいい。約束しろ、2階の書斎には行かないと」と言われます。さらにソへも「それから君は外に出るな、スナイパーがいる。君を殺すのが俺の任務だった」と言われると「どんな仕事を?」と聞きます。すると「取締局。あれは8月27日、何かのパーティーだった」と聞かされます。

そんな話をしていると、家を取り囲んでいた取締局に突撃されてしまいます。銃撃を受けるものの、それを察知し身を隠していたソへたちはなんとか反撃します。

取締局の連中を倒すものの、ヒョンギは銃で打たれてしまいます。ヒョンギはテスルたちの前に現れると「取締局だ。逃げろ、車で。俺が何をしても、何をされても必ず許せ。そうすれば勝てるから」と告げ、そのまま死んでしまいます。

車の鍵を受け取った2人は取締局の目を盗み逃走しました。

その後、逃走したのがバレてしまい4機のドローンに追いかけられるものの、なんとか4機とも壊して再び逃走を図ります。

ですが、車種がバレてしまっていたことで2人は工事中の橋へ追い込まれてしまいます。

追い込まれたテスルは川に飛び込むことを決めると「絶対に手を離すなよ」と、ソへと手を繋ぐと橋から飛び降ります。しかし、ソへは肩を打たれてしまい手を離してしまいます。

ソへと共に沈んでいく日記帳には

「ソへ、誕生日おめでとう。これを読む頃私はもう死んでるはず。驚かないで、あなたが見たのは自分自身よ。私たちにはやるべきことがあるの。アップローダーで過去に戻り、テスルを救うことよ。彼を救えば戦争は起きない。あなたしかできないの」と。

シーシュポス第4話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

シーシュポス第4話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シーシュポス第4話の感想と考察

ソへたちが未来から現代に来るのにはそれぞれ過去に後悔があるからだったのでした。ヒョンギもその1人で母親を蔑ろにして大切にしてこなかったという後悔があったから、現代にきていたようでした。

そして未来からタイムスリップしてくるアップローダーとダウンローダーを作っていたのは何を隠そうテスル自身だったのです。テスルは1年後に人間を転送できるアップローダーを作っていたのでした。ということは、タイムスリップして現代に来れるようにした張本人はテスルということです。テスルは本当にタイムスリップさせるために作ったのでしょうか。それとも他の目的があって作ったのか気になります。

ではなぜソへは現代に来たのでしょうか。最後、ソへが大事に持っていた日記帳の内容が明らかになりましたが、そこには「テスルを救うことよ。彼を救えば戦争は起きない」と書かれていました。テスルがアップローダーを作ってしまったことで戦争になってしまったのか、それとも他に理由があるのか。テスルは未来で何を起こしてしまったのでしょうか。戦争につながってしまった理由が気になります。

また、テサンも未来からタイムスリップしてきているということになります。これでテサンは死んでいないことが明らかになりました。そしてテサンがハンヨンの家にいることを知ったようでしたが、なぜテサンはハンヨンの家にいるのでしょう。そしてなぜハンヨンはそのことを隠しているのでしょう。理由が気になります。

ハンヨンのヒョンスンとの関わりや、テスルを是が非でも会長からおろしたがっているのを見ると、ハンヨンが全ての黒幕という可能性も十分に考えられると思われます。

まとめ

以上、シーシュポス第4話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です