韓国の感動ファンタジードラマ「アンナラスマナラ」5話のあらすじネタバレ&感想考察!アスファルトの呪い

アンナラスマナラ第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「アンナラスマナラ」のキャスト一覧はこちらをチェック!

明日(韓国ドラマ)のキャスト一覧(画像付き)!

リ・ウル役チ・チャンウクのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』チチャンウクの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

ユン・アイ役チェ・ソンウンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』チェソンウンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

アンナラスマナラ第5話のあらすじネタバレ!

映像を見たアイは教室を飛び出すと、ハナから「見た?肝心なところで映像が消えちゃった。どうなったと思う?刺したよね?死んだかな」と聞かれます。

イルドゥンは「いい加減にしろ」と止めようと。

しかし、ハナは「正直言って、あんたのことを怪しいと思ってた。でも、この映像を見たらあんたが被害者に思えてきた。あんたは劇場から逃げ出してたし、あの男はあんたが来るのを心待ちにしてた。つまりいかがわしい」と言い出すと、アイも「あなたって、わかりやすい人ね。心配するふりをしつつ人を見下して優越感に浸る。まさに偽善者。私にとってあの魔術師さんがどんな人なのかは私が判断すること。だから決めつけないで」と応戦します。

イラッとしたハナは「なんなの?偉そうに。気になるわ。どんな人なの?あの男って。私にはイカれた人に見える」と聞くと、アイは「あの人は本物の魔術師よ」と告げます。

イルドゥンも「憶測で話すな」と言い、帰ろうとすると「USB」と言われ、「通報を?」と聞き「なんで?止める気?」と聞かれると「いいや。映像の出どころが問われる。盗撮だろ?取調べはこっちが先かもな。覚悟しろ」と警告します。

イルドゥンはアイを追いかけると「待てよ。どこへ行くんだ」と問い詰めます。

「今日の朝、警察が魔術師さんに似てる人を探してた。詳しくは知らないけど、確かめようと思って」と聞かされたイルドゥンは「遊園地へ行く気か?本当に人を殺してたら?殺しましたね?と言うつもりか?」と言うものの「殺してない」と言われ、思わず「なぜわかる」と聞くと「わからない。でも信じたい。魔術師さんのことはハナや警察より私の方が知ってる」と言われます。

すると、そこにイルドゥンの母が迎えに。

それを見たアイは「あなたは関わらないで」と告げ、遊園地に。

すると、そこではリウルが子供達相手にマジックを見せて楽しんでる姿が。

その姿に殺してないと確信を持ったアイは帰ることに。

すると、再び女性と鉢合わせます。

女性から「あの、もしよければ連絡先を教えて」と言われたアイは「どうしてですか?」と聞くと「彼から聞いたわ。ここによくきてるとか。深い意味はないの。もし、彼に何か起きたら連絡してほしいの」と言われ、疑問に思いながらも「では、そちらの電話番号を教えてください」と連絡先を教えることに。

その夜、アイは「前にウチに来た魔術師さんだけど、ユイの目にはどう映った?」とユイに聞くと「イケメンだった。好みじゃないけど」と言われ、「そうじゃくて。いい人に見えたとか、悪い人に見えたとか。本物の魔術師に見えたとか?」と聞き直すと「本気で言ってる?私が思うに休んだ方がいい」と言われてしまいます。

その頃、ハナはリウルの家に忍び込み、殺人の証拠を掴もうと。

しかし、リウルにバレてしまうと「何の用だ」と問い詰められ「あなたのことをよく知りたいんです。最近マジックにも興味が沸いてきたので教えてもらいたくて」と話します。

「今度な」と言われたハナは「じゃあ、また来ますね」と帰ろうとすると、リウルから「ところで、本当にマジックか?君が知りたくて見たいのは。前に言ったはずだ。盗み見するのはマジックに対して失礼だと」と言われます。

ハナは隠していたカメラがバレかと心配するものの、バレていないとわかると「本当は興味ない」と言い出します。

それを聞いたリウルは「だったらここにきた本当の理由は?」と問い詰めると、ハナは「証拠を掴むため。ここで一体何が起きてるのか他の人たちにも教えたくて」と言い、隠し撮りした動画を見せます。

そして「この結末は?私の想像と違うならそう言って」と聞くと、リウルは「釈明する必要が?君の好きなように考えればいい。2つに1つだ。罪がないか、罪があっても逮捕できないか」と。

ハナもマジック用のトランプを手に取り「確かにどっちかよね。魔術師のふりをしてる詐欺師か、もしくは魔術師だと勘違いしてるいかれ野郎」と言い返すと、リウルに「僕をどう思おうと構わない。でも僕のマジックは本物だ。だから僕のものに触るな」と詰め寄られます。

どうにかリウルからハナは離れると「どうでもいい。今の映像は自動的に保存されてるわ」とカメラを見せます。

激怒したリウルは「外せ。よこせ」と言うものの、逃げようとすると、オウムのカゴにぶつかってしまい、オウムがぐったりしてしまいます。

それを見たリウルは血相を変えると、ハナの首を絞め「君は何を見たいんだ?僕から何を聞きたい?何が望みだ。望み通りにしてやるよ」と問い詰めます。

しかし、オウムが意識を取り戻し、泣き始めると、リウルはオウムの方に。

ハナはその隙を見て外逃げ出すと、イルドゥンと鉢合わせてしまいます。

「どうした?」と聞かれたハナは「噂は本当だった。通報しても大丈夫かな?復讐されたらどうしよう」と話すと、イルドゥンから「人違いじゃ?勘違いしてないか?どう考えても同じ人だとは思えなくて」と言われます。

その言葉にハナは首元にできた傷を見せ「よく見て。あの人にやられた。首を絞めて、私を殺そうとしたのよ。それでも疑う?教えて。何か知ってるのね」と問い詰めると、イルドゥンに「知らない。わからないんだ」と言われてしまい「あなたとアイは正気じゃない。私と同じ目に遭えばわかるわ」と言葉を吐き捨てます。

後日、全国学力テストが。

イルドゥンはテスト中、首元の火傷痕が気になり始め、頭痛が出てくると、急に立ち上がってしまいます。

そして先生に「どうした?」と聞かれたイルドゥンは「頭が痛くて。退室しても?」と外に。

昼休み、アイはイルドゥンを探し、「頭痛はどう?」と聞くと「もう大丈夫。昨日ハナが」と言われ「ソヒから聞いた。遊園地で怖い目に遭ったとか。それって本当?」と聞きます。

「多分な。君も遊園地に行かない方がいい」と言われたアイは「関係ない。周りは正気じゃないって思うだろうけどね」と話すと「だって、この状況で魔術師を信じるなんて、理解し難いだろ」と言われ、「だから関係ない。私を理解してくれる人なんて、前からいなかったから。こう思ってる、ハナの話が嘘ならいいのに。警察が探してるのも、些細な理由ならいいのにって。私ね、信じたいの」と伝えます。

その夜、イルドゥンは母親に「テスト中に退室したの?」と問い詰められます。

「具合が悪くなって。頭痛だよ。倒れそうだったんだ」と話すものの「だったら倒れなさいよ。そうすれば追試を受けられたのに」と言われてしまうと、そこに父親が「ひどい言いようだな」と割って入ります。

すると、母親は「体調が原因じゃないのよ」と言い、隠してあったマジック道具を投げ捨て「やっぱりね。一度は見逃そうと思ったわ。さあ、教えて。こんなくだらないことをする理由を」と問い詰めます。

イルドゥンは「好きだから」と答えるものの「私を怒らせたくてわざとやってるの?」と聞かれると「ならどうすれば?母さんの希望に沿えば僕が苦しいだけ」と告げます。

それを聞いた父親は「やめなさい。疲れた時は息抜きをするのもいい。お前は昔こう言った。父さんのように法の道に進むと。それを聞いてどんなに嬉しかったか。覚えてるか?私のどんなところに憧れたんだ?」と優しく聞き、イルドゥンも「父さんのことを褒め称える人が大勢いて、すごいなと思った。僕まで偉くなった気分だった」と答えると「まさにそれだ。だから今は耐えろ。何不自由ない生活を得られるなら我慢できると思わないか?返事は?」と言われ、「はい」と返事を。

そして両親は部屋を出て行こうとすると、イルドゥンは「ならこれは?お金も稼げず、偉くもなれないけど、価値があると思う仕事に就いたら?」と聞きます。

すると、母親は「それはただの強がりよ。負け組が言う言葉」と怒鳴り始め、イルドゥンは「勝ち負けじゃない。自分が幸せならそれでいい。そんな人がいる。魔術師さんだ」と言うと、「あなたも魔術師になりたいわけ?お金も名誉もいらないと?マジックなんかやっても何も得られない」と聞かれます。

イルドゥンは「何かを得なきゃダメ?母さんは金をかけた分、何かを得ようと僕を育てたの?」というと、父親にビンタされ「生意気な。情けない奴め」と言われてしまいます。

そして母親からも「私は諦めないわよ。学校も塾も車で送り迎えをする。1分たりとも自由な時間は与えない」と告げられます。

その後、イルドゥンは招待状を持ってリウルの元へ。

すると、再び頭痛がして、意識を失ってしまいます。

夢の中でイルドゥンはアスファルトの上を歩きながら、「魔術師に会ってから、これは自分の意思なのか。どこがゴールなのかわからないまま走れない」と自問自答を。

そして菜の花畑に出ると、楽しそうにマジックをしているリウルとアイが。

それを見てイルドゥンは「僕はどんな大人になりたかったのか?どんな大人がいい大人なんだろう。計画表通りに進む人生。それが成功?成功すれば幸せだろか。わからない。今はただ広い花畑を走りたいだけ。どうすればそこに辿り着けるのだろう」と疑問を。

イルドゥンは目を覚ますと、マントがかけられていたのでした。

そして床一面に花の絵が。

その頃、再び魔術師の服装をした男の強盗事件が。

翌日、警察は遊園地に。そしてリウルを探します。

その頃、アイは先生に呼び出されます。

相談室に向かうと、担任と警察が。

警察から、写真を見せられ「実は昨日の夜、強盗事件があったんだ。遊園地に住む魔術師を知ってるだろ?彼にやられたと被害者が言ってる。君は彼と親しいらしいが、昨日も一緒だった?」と聞かれたアイは「いいえ」と。

担任に「どんな被害なんです?」と聞かれた警察は「ナイフで脅し、金を奪った。”あなたはマジックを信じますか?”そう言いながら近づいて」と話すと、アイは「人違いです。魔術師さんはそんな人じゃない」と否定を。

すると、警察は「参考人の中に君に会いたがってる人がいる。もうすぐ来る」と言い、現れたのはコンビニの店長だったのでした。

「魔術師がいる場所を知らないか?」と聞かれたアイは「遊園地以外はわかりません」と答えると、店長は「思った通りだ。知ってても言わないよな。この2人はグルなんですよ。今回が初めてじゃない。あの時、お前らのせいで俺は大怪我をした」と言い出します。

警察は「あの時?」と聞くと、店長は「ええ、あの時ですよ。こいつはコンビニでバイトしてたんです。ある日相談があるからと俺を丘の方へ連れて行った。前借りを頼まれて金を渡したら、約束したかのようにあの男が現れて、俺を崖の下へと突き落としたんだ」と言い出します。

アイは「嘘です」と否定するものの、警察に「事実なのか?」と聞かれ「違います。魔術師さんは助けて」と答えると、店長は「こいつは異常だ。捕まえてください」と怒鳴り始めます。

すると、そこにイルドゥンが現れ「魔術師は無実です。昨晩一緒にいました」と告げます。

警察に「それは何時だ?」と聞かれたイルドゥンは「夜11時です。通報時間は?」と聞き返すと「11時15分だ」と答えられ、「だったら確かです。魔術師が2人いない限り」と告げます。

「彼を知ってるのか?」と聞かれたイルドゥンは「ええ」と答えるものの「ところで、そんな時間になぜ会った?」と聞かれると「それは…」と口籠ってしまいます。

その後、イルドゥンの両親が学校へ。

その間、イルドゥンはアイと会うと「昨日、遊園地に行ったの?魔術師さんに会った?」と聞かれます。

イルドゥンは「会った。最悪だよ。魔術師さんに会ってから僕はめちゃくちゃだ。だけど変なんだ。あの人のせいで、確かに僕は崩壊した。なのに以前には戻りたくないんだ」と伝えると、母親から電話が。

相談室へ向かい「どうしちゃったの?なぜ警察の前で嘘をついたのよ」と聞かれたイルドゥンは「嘘じゃない」と答えると「だったら、強盗犯と会ってたの?」と言われ、「強盗犯じゃない。僕が証人だ」と告げます。

すると、父親が「でしゃばるな」と言い出します。

イルドゥンは「彼に会った。この目で見たから」と主張するものの「そうだとしても、見たと言うな」と言われてしまい、さらに「黙っていたら無実の人が犯人に」と言うものの「罪はある。遊園地を不法占拠し、職業も不明、全てが怪しい。そんな人間は取調べを受けて当然だ。お前はこう言った。金、名誉、地位なんて必要ないと。だが、いいか。その魔術師の言葉を信じる人などいない。それが社会的烙印というものだ。その悲惨さを思い知るだろう。お前が証言したところで何も変わらない。お前も、私の息子でなければ何者でもない。だからこそ社会が認める大人にならねばならない。わかるな?」と言われてしまいます。

両親との面談を終えたイルドゥンは教室に戻ろうとするものの、再び頭痛が。

気持ちがどうにもならなくなってしまったイルドゥンは廊下に置いてあった椅子を掴み、窓ガラスに投げつけ、ひざまづきます。

すると、1匹の蝶々が。

それを見たイルドゥンは「あなたが本物の魔術師なら、このアスファルトの呪いを解いてくれませんか。僕もいつかこの冷たい道から抜け出し、あなたのように花畑を走れるでしょうか」と心の中で唱えます。

その頃、池では謎の変死体が。

アンナラスマナラ第5話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

アンナラスマナラ第5話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

アンナラスマナラ第5話の感想と考察

アイもイルドゥンもリウルが殺人をしているとは信じられないようでした。優しくしてくれていて、自分の価値観を変えてくれた人がそんな人だとは信じ難い事実だったのだと思います。しかし、ハナはリウルのみならず、アイたちもイカれてると思っていたようでした。余程、リウルのことが信じられなかったのでしょう。

ハナはリウルの正体を暴こうとするものの、リウルに見つかってしまい、さらにオウムを殺してしまったことで、リウルから殺されそうになってしまったのでした。あの時の目を見ると、リウルが殺人を犯していてもおかしくないと思ってしまいましたが、本当にリウルは犯罪を犯しているのでしょうか。そしてハナは撮った動画をどうするつもりなのでしょう。

イルドゥンはついに両親と大喧嘩になってしまいました。ずっと親の敷いたアスファルトの道を歩み続けてきたイルドゥンにとって、リウルとの出会いはどこか温かみを感じたのでしょう。そして、リウルのような生き方に憧れを抱いているようでした。

しかし、自分の立場と子供の立場が大事で、自分たちの敷いた道を歩ませる考えしかなかった両親はイルドゥンの考えを真っ向から否定したのでした。

イルドゥンはそれでも否定して自分が初めて好きになったマジックを続けようとリウルの元へ。そしてそこで改めて自分の歩んできた道へ疑問を抱いたのでした。温かみのある花畑を駆け回る人生と、冷たいアスファルトの上を歩む人生のどちらを選ぶべきなのか、かなり葛藤しているようでした。育ってきた環境が環境なだけに、イルドゥンにとっては難しい選択となりそうです。

そんな中で、リウルが犯罪を犯したと警察が調査するように。

イルドゥンはリウルと会っていたとアリバイを証明しようとするものの、父親に「証言するな」と言われてしまいます。

そして、こっ酷く叱られてしまったイルドゥンは学校で窓ガラスを割ってしまったのでした。この時にやっとイルドゥンの中でリウルのような生き方をしたいと答えが出たのだと思います。

父親に止められた証言をイルドゥンはするのか、しないのか?彼の選択に注目です。

また、本当に強盗事件はリウルが起こしたものなのでしょうか。もし、違うとしたら一体誰がやった事件なのでしょう。

まとめ

以上、アンナラスマナラ第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

最終回6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナ・イルドゥン役ファン・イニョプのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』ファンイニョプの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。