アルハンブラ宮殿の思い出第14話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


アルハンブラ宮殿の思い出第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

アルハンブラ宮殿の思い出第14話のあらすじネタバレ!

ユラは撮影中にニュースでジヌが出頭していないことを知ります。そして「ジヌがビョンジュンにあった」と聞かされます。ユラは何度もビョンジュンに電話をかけても出てもらえませんでした。

さらに、マネージャーにも見捨てられたユラは「殺してやる、みんな殺してやる」と呟くと、酒を飲み千鳥足のまま警察署へと向かいました。

取り調べを受けたユラは「よく聞いてください。ぜひ録音も。捜査の手助けになるはず。ヒョンソクを殺した。そう言ってました。腹が立って首を絞めたら死んでしまったと。グラナダの病院で打ち明けました。私を見て安心したのか打ち明けたんです。泣きながら。罪悪感から投身自殺を図り失敗したとか。驚いたけど彼は病んでいたので今まで秘密に。夫の秘書も聞いていました。もう死んでしまったけど。夫と旅行中に謎の死を遂げたんです、チャ代表のように」と告白しました。

ビョンジュンはそのことを弁護士から聞くと、すぐにユラに電話し「なんの真似だ。勝手なことを」と止めようとするものの「私を舐めてるの?偉そうな口を叩くんじゃないわ。彼と何か企んでいるようだけど私を甘く見ないほうがいいわよ。あんたも彼と一緒に葬ってやる」と言われてしまいます。

その後、帰国したソンホはビョンジュンの元を訪ねると「もう手遅れなんだ」と話を聞かされました。ソンホはすぐにジヌに電話し「ユラさんがさっき警察に出頭してとんでもない供述を。お前がヒョンソクを殺したって自分に告白したと。このままだと緊急逮捕されてもおかしくない。まずは会おう」と言うものの「すでに警察が」と言われ、切られてしまいます。

ジヌはヒジュの元に戻ろうとするものの、警察の姿を見つけ逃げ出します。

ジヌはなんとか警察を巻くとヒジュから電話が。「なぜ警察が?」と聞かれたジヌが「家へ帰れ。あとで説明する」と答えているとNPCから銃撃を受けてしまいます。

ジヌは近くにあった店に逃げ込むものの、多くの敵に囲まれてしまいます。ジヌはヤンジュから受け取ったアイテムで敵を倒しました。ですが、次は警察に見つかってしまいます。

警察を上手く巻くものの、また銃撃を受けてしまいます。

その頃、取り残されたヒジュはソンホから電話がかかってくると全て聞かされます。全てを知ったヒジュは車に飛び乗るとゲームにログインし、ジヌを追いかけました。

ジヌはあまりの的の多さに服屋に入り、試着室へ逃げ込み銃の弾が充電されるのを待ちました。そこでジヌはヤンジュの作った特殊アイテムを受け取りました。

ヒジュはジヌを追いかけて服屋に入ると、ジヌに試着室に引き込まれ「ログインするなと言ったのに」と怒られます。ですが、ヒジュはジヌの姿を見て思わず抱きつきました。

ヒジュは「電話に出ないから心配で」と伝えると「無くしたんだ」と言われます。ヒジュは「これでパク代表に連絡を。拘束は免れないと聞きました」と携帯を渡しました。ジヌは「驚くことない。あの女がやりそうなことだ」と冷静に言い放ち、ソンホに電話をしました。

ジヌは逮捕されたのかと心配するソンホに「拘束されたら終わりだ。取り調べを受ける前にヒョンソクに殺される。捕まったら会社もおしまいだ。ゲームが問題だと証明するしか。だから僕の無事を祈ってくれ。会社を守りたければサーバーは閉じるな」と伝え、電話を切りました。

そしてジヌは「もう行かないと」とヒジュに告げると、特殊アイテムを使いNPCの動きを止め、ヒジュをタクシーへ乗せようとします。ヒジュは「あなたは?捕まるわ」と聞くとジヌから「もっとレベルを上げないと。逃げてばかりいられない」と答えられました。「私も一緒に」と引き下がるものの「ダメだ。君は家でやることが」と言われます。

スポンサーリンク


タクシーに乗せられたヒジュはジヌから「心配しなくていい。明け方までには終わるはず。朝家に行く」と言われると、タクシーが動き出しました。

ヒジュはだんだんと離れていくジヌの姿を見つめ、涙を流しました。

家に帰ったヒジュはミンジュから「おじさんから電話があった。やることなんてないって。お姉ちゃんを家に帰すための嘘だって」と聞かされ、ため息をついてしまいます。

ジヌはその後も敵と戦い続けていると、遂にレベル100に到達します。すると「黄金の鍵が天国の鍵に。これより使用可能」とメッセージが浮かび上がりました。

ジヌはヤンジュに電話をかけると「エンマを移せ。僕の近くに。聖堂に」と指示します。ですがその時、テロリストから銃撃を受けてしまいます。すると、そこにジョンフンが現れ、ジヌを助けました。

ジヌは聖堂に移動すると「僕は神を信じないが今は神に頼りたい。もうここで終わってくれ」と神へ祈りを捧げました。

そこにエンマが現れるとジヌは「やあエンマ。久しぶりだな。渡すものがある。天国の鍵だ」と言い、鍵を見せました。エンマは「捜してたの。私にくれる?」と聞くと、ジヌから天国の鍵を受け取りました。

すると「天国の鍵がファティマの手に。秘密のクエスト完了」と表示されました。

その頃、ジヌの目撃情報が寄せられた警察は聖堂に入っていくものの、そこにはジヌの姿はありませんでした。

ジヌを心配して捜していたヒジュも聖堂を訪れるものの、ジヌの姿はありませんでした。ヒジュはそのことをヤンジュに連絡すると、再びジヌを捜し始めました。

ユラが警察に出頭したニュースをみたスジンは薬を飲み、危篤状態になってしまっていました。

ヒジュはログインとログアウトを繰り返しながらジヌの行方を捜していました。そしてジヌと最後にあった試着室を訪れると、ジヌとの最後のキスを思い出し涙を流しました。

翌日、ジヌが丸一日ゲームにログインをしていないことをヤンジュから聞いたソンホは肩を落とし「サーバーは閉じよう。もういいだろう」と伝え、サーバーを閉じてしまいました。

ヒジュはジヌが見つからないショックで部屋で寝込んでいると、ミンジュの「お姉ちゃん、ちょっときて」と言う叫び声が聞こえてきます。

ヒジュは慌てて外へ飛び出すと、そこにはなんとセジュの姿が。

アルハンブラ宮殿の思い出第14話の感想と考察

ビョンジュンはソンホに会う前にユラが出頭したことを聞いていたから「もう手遅れなんだ」と語っていたのでした。さらに、ユラが出頭し記者たちに虚偽の発言をし、ニュースになってしまったことでショックを受けたスジンは危篤状態になってしまっていました。

スジンは助かることができるのでしょうか。そして、ユラは虚偽の証言とバレてしまった場合にどうなってしまうのか気になります。

ジヌはヤンジュに作ってもらった特殊アイテムのお陰でどうにか生き延びることができていました。そしてジヌはレベル100へとなりました。ジヌがここまでこれたのにはヤンジュの協力が不可欠だったでしょう。それだけジヌはヤンジュに信頼を置いていたのだと思います。

レベル100になったジヌはエンマに天国の鍵を手渡したことでクエストを達成することができました。ですが、クエストを達成してからジヌの姿がなくなってしまっていました。クエストを達成したジヌはどこに行ってしまったのでしょうか。

ヒジュはジヌを必死に捜しましたが、見つけることはできませんでした。試着室でのキスやタクシーでジヌの姿を見て泣いていたのを見ると「もう会えないのかも」と感じているようでした。ヒジュはジヌと再会することができるのか気になります。

最後セジュが現れましたが、セジュはどこから現れたのでしょうか。そしてなぜ今までヒジュたちの前に現れなかったのでしょう。真相が気になります。もしかしたらジヌの姿が見当たらないことが関係あるのかもしれません。

まとめ

以上、アルハンブラ宮殿の思い出第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です