アルハンブラ宮殿の思い出第15話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


アルハンブラ宮殿の思い出第15話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

アルハンブラ宮殿の思い出第15話のあらすじネタバレ!

セジュはアルカサバを訪れるとヒジュたちが韓国に帰っていることを聞かされます。そして飛行機のチケットを取ってもらうと韓国へ帰国しました。

ヒジュはミンジュに呼ばれ、外にいくとセジュの姿が。ヒジュたちはセジュが生きていたことに感激し涙を流しました。

家に入り、どこにいたんだと聞かれたセジュは「IDだよ。ダンジョンの中。連絡できなかった。ゲームの中だよ、僕だけが知ってる場所だ。あまりに危険だったから隠れて。僕はあいつを殺してない。マルコを殺してなんかいない、僕は無実だ」と伝えました。

それを聞いたヒジュはセジュと2人きりになると「わかったわ、信じてる。その話は後にしよう」と声をかけました。ですがセジュは「殺されかけた。僕は刺されたから逃げただけだ。なのにしつこく追ってきた。だけど消えた。だから出てきた。クエスト成功かも。誰かが成功するのを待ってた。でも誰なんだろう」と話しました。

セジュがジヌの居場所を知っていると思っていたヒジュは驚き「知ってるんじゃなかったの?その人の居場所よ」と聞くものの「知らない、誰なのか」と答えられ、絶望してしまいます。

その頃、ソンホはジヌのオフィスに入るとジヌを信じなかったことに責任を感じていました。そこにヒジュから電話がかかってくるとセジュが帰ってきたことを聞かされます。ソンホは喜びの笑みを浮かべると「ジヌがクエストをやり遂げたんですね。弟さんが帰ってきた。ジヌも戻るかも、待ってみましょう。お宅へ伺います」と伝え、ヒジュの家へと向かいました。

ですがその途中、主治医から電話がかかってくると「ユ代表の件です。実を言うと昨日、ユ代表と一緒にいました。昨日知らない番号から電話が。食堂の店主が私に電話を」と聞かされます。

前日、トイレで倒れていたジヌは店主に頼み、主治医へと連絡してもらっていたのでした。

それを聞いたソンホは車を引き返させ、ジヌがいるホテルへと向かいました。

ソンホは「なぜ今頃言うんですか」と聞くと「教授に言いました。電話でご相談をしたらホテルへお越しに。ですが今日何度かけてもお二人とも電話に出ないので」と聞かされ、急いでジヌのいる部屋へと向かいました。

チャイムを鳴らしても、電話をかけても反応がないことに危機感を感じたソンホはフロントに協力を求めました。

ソンホは部屋を開けてもらい中に入ると、部屋は荒れた状態でした。そこでビョンジュンの遺体を発見してしまいます。

1日前、エンマに天国の鍵を渡したジヌはクエストを完了し、新たなマスターへとなりました。

鍵を受け取ったエンマは鍵を開け、ナイフを出すとジヌの胸を刺しました。ジヌの目には「バグを削除中」と言う文字が浮かび上がるものの、ジヌは耐えきれずエンマの手を鍵から離すと「削除できませんでした。リセット失敗」の文字とともにエンマが消えてしまいました。

ジヌはその状態で警察から逃げるものの、NPCの兵士たちに攻撃されてしまいます。再びジョンフンに助けられると、ジヌはビルの中のトイレへと逃げ込みました。

座り込んだジヌは、エンマに刺された鍵を抜き取ると自動的にログアウトされ、そのまま気絶してしまったのでした。

そして、そこに現れた食堂の店主によって主治医を呼んでもらったのでした。

ビョンジュンは主治医から連絡を受け、ホテルに向かいました。

ジヌは意識を取り戻すと、部屋にいるビョンジュンに「なぜ来たんです?スジンは?彼女の容態は?」と聞きます。それにビョンジュンは「致死量は飲んでないはずだ。優柔不断な女だらか死にきれなかった。クエスト成功かと思ったのに療養中とは」と言いました。

それにジヌは「成功しました。別の問題が、厄介な問題です。僕と教授の命に関わる問題。言いましたよね、死ぬのも一緒だと。仲間なので。だから勝手に決められず困ってるんです。僕らは現実でもゲームでも厄介者なんです。問題ばかり起こすから。すべてを正常にするには消えるべきです」と告げました。

スポンサーリンク


「結局は収拾がつかないと言うわけか」とビョンジュンが嘆くと、ジヌは「だから協力を。再捜査を取り下げるどころかむしろ大騒ぎですね。ユラの性格を知りながら手を組んだのでは?人のせいにしてはダメです。記者会見をスジンが気の毒です。教授の罠なんですから、彼女の財産を奪うための。だから真実を公表し、捜査も終わりに。さもないと警察に言います。警察の尋問より会見の方がマシでは?」と真実を並べ、問い詰めました。

茫然とするビョンジュンにジヌは「どんな嘘をついたか正直に書くんです。スジンが生きてるうちに対処を」とメモを渡しました。

肩を落としたビョンジュンは「残念だ、私たちの関係が崩れるとは」と言うものの「誰のせいですか」と言われ、言葉を失ってしまいます。

真実を書き始めたビョンジュンでしたが「電話をかけたい。私の人生に関わる問題だ。適当には書けん」と言い、トイレに逃げ込むとオ理事に連絡しサーバーを開けるように指示しました。

なかなか戻ってこないビョンジュンを不審に思ったジヌがトイレに確認に行くと、ゲームがスタートしてしまいます。そしてジヌはテロリストたちに囲まれてしまいます。

トイレに隠れていたビョンジュンは銃声が収まったこととジヌからの返答がないことを確認すると、再び電話をかけサーバーを閉じさせました。

トイレから出てジヌが倒れていることを確認すると「お前は警察に追われる過程でショック死したんだ。私が自首を勧めたのに拒否をしてな」と言い、ホテルを後にしようとします。

ですが、雷鳴がなるとヒョンソクが現れました。

ビョンジュンは逃げ回り「やめろ、父さんだ。お前の復讐をしてやろうとしたんだ」と命乞いをするものの、ヒョンソクに斬られてしまい死んでしまいました。

その瞬間を見ていたジヌはヒョンソクを倒すと、ホテルを出てヒジュの車を取りに行き、そのままヒジュの元へと向かいました。

ジヌはヒジュの家に着くものの「やはり待ってた」と思うだけで、チャイムを押さずに立ち去り、聖堂へと向かいました。

ヒジュは朝になり玄関に車があるのを発見すると、ジヌが家の前まで来ていたことを知ります。ヒジュは走ってジヌのことを探すものの、見つからず涙を流しました。

アルハンブラ宮殿の思い出第15話の感想と考察

戻ってきたセジュはIDにいたと言っていました。ジヌがクエストを成功したことで出てこれたと言うことはジヌの考えは正しかったと言うことです。セジュが消えた真相はまだ詳しく語られていないので、詳細を早く知りたいです。

急にいなくなってしまったいたジヌは主治医によってホテルに運ばれていただけでした。エンマと対面を果たしたものの、なぜか鍵で胸を刺されてしまっていました。その時に「バグを削除中」と出ていましたが、これはジヌの存在がバグだということなのでしょうか。ジヌが刺されてしまった真相をが気になります。

ジヌは自分が危険な状態だったにも関わらずスジンの心配をすると言うことはジヌはまだスジンのことを大切に思う気持ちがあるのでしょう。もしかしたら本当にスジンに対して未練があったのかもしれません。スジンは未だに危篤状態のようでしたが、最終回で意識を取り戻すことができるのでしょうか。

ビョンジュンはジヌを消し去り、自分の計画通りに事を進めようとしたもののヒョンソクによって殺されてしまいました。息子の手によって殺されてしまったビョンジュンは予想外だったと思います。

ビョンジュンが死んでしまったことで、これまでの事件がどのような方向に話が進んでいくのか気になります。

ホテルから抜け出したジヌはヒジュの家の前まで行ったのに、なぜ声をかけなかったのでしょうか。ジヌはヒジュをこれ以上巻き込まないために声をかけずに別れることを決意したのでしょうか。最終回で2人が再会することはできるのでしょうか。

そして、聖堂へと向かったジヌは何をしようとしているのでしょうか。また、エンマと会いバグである自分を削除してもらうつもりなのでしょうか。最終回の展開に注目です。

まとめ

以上、アルハンブラ宮殿の思い出第15話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です