アルハンブラ宮殿の思い出最終回(第16話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


アルハンブラ宮殿の思い出最終回(第16話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

アルハンブラ宮殿の思い出最終回(第16話)のあらすじネタバレ!

ソンホがジヌの部屋に入ると、なぜかそこでチャ教授が倒れていました。

イスに座りうなだれているとオ理事から急用だと電話がかかってきます。「実は代表に報告してないことが。教授に言うなと言われて。教授が昨夜、電話でサーバーを開けろと、ゲームテストのために。10分だけサーバーを開けろと言われ、指示通りに。その後、ユ代表から電話が。今日の午前6時から7時までです」と聞かされます。

ジヌはオ理事に電話すると「やり残したことがある」と伝えていたのです。

セジュは「クエスト成功かも。誰かが成功するのを待ってた。誰なんだろう」と呟くとヒジュは「知ってるんじゃなかったの?その人の居場所よ」と聞くものの「知らない」と答えられてしまいます。

そして「誰なの?誰がクエストを?教えて」と聞かれたヒジュは「ユ・ジヌよ。あなたが呼んだでしょ、グラナダに。それでうちに」と答えます。「僕の家に来たの?何があったの?」とさらに聞かれると、ヒジュはジヌとのことを思い出し、涙を流しました。

ジヌは聖堂へ向かうと、天国の鍵を使いバグを削除します。さらに、もう1つバグを削除します。最後にはジョンフンを涙ながらに抱きしめながら、バグを削除しました。

そこにエンマが現れると、ジヌは「全て終わった」と声をかけます。すると「なぜ天国の鍵を持っていったの?」と聞かれ、ジヌは「怖くて、死ぬのが嫌だったんだ」と答えました。それを聞いたエンマに「もう私に任せて」と言われ、ジヌは天国の鍵を返しました。

ソンホはオ理事の話を聞き、急いで聖堂に向かうもののそこにはジヌの姿はなく、バグの残骸しか残されていませんでした。ソンホと電話をしていたヒジュは何かを感じ、すぐに聖堂へ向かいました。

聖堂に着くと、座り込んでいるソンホの姿が。ヒジュは「さっきは何を言おうと?」と近づこうとすると「来るな。外で話を」と言われます。足元にあったバグの残骸に気づいたヒジュは「それは一体なんなの?」と話すと、急に「リセット開始」という文字が浮かび上がり、リセットが始まりました。

後日、ソンホは「僅かな希望を抱いてこのメールを送る。教授の出棺を終えた。他殺の証拠はなく捜査は終了。ゲームがリセットされ、死に関わる記録は全部消えた。理由は誰も知らない。話すわけにもいかず。1年間の努力が水の泡に。だが解決できずにいた問題がなくなった。答えが見つからない、一からやり直すべきか、やめるべきか。お前ならどうする?」とジヌに向けてメッセージを送りました。

セジュからエンマがジヌを殺してしまったことを聞かされたヒジュは自分がジヌを殺してしまったという罪悪感に蝕まれており、毎日聖堂に通いジヌの姿を探していました。

ソンホはその後もジヌにメッセージを送り続けるものの未読のままなのを見てため息をついてしまいます。

1年後、ジェイワンから発売されたARゲームネクストは大ブームとなっていました。ですが、ゲームによる事故での負傷者が続出してしまっており、政府が対策に乗り出すほどへなっていました。

そんな中、ヒジュとソンホは再会を果たしました。「来月退職を。責任感でここまで耐えてきたんです。十分頑張った。孤独すぎてこれ以上は続けられません」と伝えました。そして「ジヌのことはもう断念を。諦めましょう。俺はそのつもりです」と言うと、ヒジュは黙り込んでしまいます。

ソンホは話を変えようと「弟さんは?」と聞くと「だいぶ良くなりました。出かけたりも」と聞かされます。すると、ソンホは「セジュのことで話が…」と切り出します。

スポンサーリンク


家に帰ったヒジュは「セジュのために会社を立ち上げたいと。思う存分研究できる会社を作ると。どうしたい?あなたの力が必要だそうよ」とセジュに聞きました。

その提案を聞き入れたセジュは後日、ヒジュとともに会社へ向かいました。

ソンホに案内され「ついにネクストの開発者をお招きした。チョン・セジュさん」と紹介を受けると、大歓迎を受けました。

セジュを案内したヤンジュは「リセットされた時はまじで焦った。全部消えていくのを見て会社を辞めようと思ったよ。エンマにあんな機能があるなんて。知ってたらもっと早く消してた」と愚痴をこぼします。するとセジュは「もしかしたらIDにいるのかも。ピンチの時にマスターだけが使えるダンジョンです。僕もずっとそこに隠れてたんです。的の目をごまかす程度のはずが、あの時は見事に誰にも見えない異次元のような空間に」と伝えます。

ヤンジュに「何を言ってる」と言われるものの、セジュは「僕もまだ信じられません。でもあの時は本当に姿を消したんです。確かめられないけど、ユ・ジヌさんがマスターなら、クエストの報酬であるマスターの権限で僕みたいにどこかにいるのかも」と伝えました。

その頃、ヒジュはセジュを待つためにカフェに行くと客が2人で「銃を使えるユーザーだって?」「現在1位がレベル25で銃はレベル50からだ」と言い争っているのを耳にします。

ヒジュは「あの、今なんと?」とその客に話しかけると「銃を持ってるユーザーが僕を助けてくれたんです。でも彼にはユーザー名がなくて」と聞かされます。「どこで彼を?」と聞いたヒジュはすぐにタクシーに乗り込み、スマートレンズをはめました。

ログインをすると「誰がなんと言おうと私は信じるわ。また会えると」と思いながら、聞いた場所へと走り出しました。そこへ行くと、銃を手にしたユーザーの姿が。

アルハンブラ宮殿の思い出最終回(第16話)の感想と考察

ソンホもヒジュもジヌが自分の命と引き換えにバグを修正しに行ったことを理解し、落胆してしまいました。特にヒジュはセジュからエンマに消されたことを聞かされ、かなりのショックを受けていたように思います。自分の愛する人を自分の手で消してしまったと思う心情はかなり辛いものがあったと思います。

ソンホはジヌが消えてしまったことを受け入れることができなく、毎日のように電話したりメールを送ったりしていました。それだけ、ソンホにとってジヌは大切な存在だったのでしょう。

ですが、1年後にはソンホはジヌが生きているという希望を持つのをやめていたように思います。やはり1年もメールが未読のままで、姿を現さないのを見て諦めざるを得ないと感じていたのでしょう。

それに対し、ヒジュは希望を捨てていませんでした。やはり、自分の愛していた人がいなくなってしまったことはどれだけ月日が経っても信じたくなかったのだと思います。

そんな中で、ジヌらしき人物がゲーム内にいると耳にして、その現場へ向かいました。

最後に現れた銃を持っているユーザーはきっとジヌだと思われます。顔は見えなかったものの、シェルエット的にジヌで間違いないと思います。この後、ジヌとヒジュは奇跡的な再会をしたと信じたいです。

全体を通して、現実世界とゲームの世界が入り乱れる面白いドラマだと思いました。近未来的で、近い将来本当にこのドラマのようなことが起こりそうで、ワクワクする内容でした。他のドラマにはない面白さを感じました。

まとめ

以上、アルハンブラ宮殿の思い出最終回(第16話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

アルハンブラ宮殿の思い出の全話のネタバレは下記にまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

アルハンブラ宮殿の思い出第15話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第15話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第14話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第14話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第13話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第13話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第12話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第12話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第11話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第11話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第10話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第10話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第9話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第9話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第8話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第8話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第7話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第7話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第6話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第6話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第5話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第5話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第4話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第4話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第3話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第3話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第2話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第2話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第1話のあらすじネタバレ&感想考察!アルハンブラ宮殿の思い出第1話のあらすじネタバレ&感想考察!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です