アルハンブラ宮殿の思い出第2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


アルハンブラ宮殿の思い出第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

アルハンブラ宮殿の思い出第2話のあらすじネタバレ!

ジヌはヒジュがセジュの保護者ということを聞かされ、説得する必要があると言われます。

それを聞いたジヌは「もしかしてこの状況は僕が鍋を焦がしたせいで報知器が?それでうるさいと文句を?もしそうなら僕は最低野郎だ。よく記憶が飛ぶんだ」とその場を収めようとします。ですが、うまくいかず「冗談なんだが通じないか」といいホステルの外にでました。

その後、ジヌはセジュの素性を情報屋から聞かされると「友人がいるバルセロナへ行ったきり戻ってません。1週間です」と聞かされます。さらにヒジュについても聞かされます。

その後、食事をしに食堂へ向かうもののヒジュに避けられてしまいます。そんな中で、ヒジュとヨンシムが「昨日夜行列車に。迎えは要らないって。8時に着く」とセジュのことを話しているのを耳にしたジヌは時間を確認すると「約束があるのを忘れてました」と言い、ホステルを後にしました。

途中現れたジョンフンから車を受け取り、駅へ向かいました。

ジヌは駅へ到着し、待っているもののセジュは現れませんでした。不思議に思いホームに入り、セジュを探すもののどこにも見当たりませんでした。

ジヌはジョンフンに電話をかけ「ヒジュさんに弟から連絡があったか聞いてくれ」と聞くと「今ここにいます。それが宿代を返金すると」と聞かされます。

ジョンフンはヒジュに携帯を渡すと「受け取れません。問題だからの宿ですから。朝食代もお連れの方にお返しします。今日から部屋の修理を。窓や電気の工事もあるので部屋を空けてください」と言われます。ジヌは「今朝のことで怒っているようですね。ついカッとなって」と説明するものの「別に怒ってません。おっしゃる通りですし。私も言わせてもらいます。いくらボロ宿とはいえ私にも良心はあります。だから返金を。それでは」と言われ、電話を切られてしまいそうになります。

ジヌは「ちょっと待って。僕にも言い訳が」と話そうとするものの「こっちのセリフよ。言いたい放題言ったのはそっちよ」と文句を全て言われてしまいます。

ヒジュは言いたいことを言い終わりジョンフンに電話を渡すとジヌはジョンフンに「妹に聞いてみてくれ。その方が早い」と指示を出しました。

ジョンフンはミンジェに話を聞くと、すぐにジヌに「彼から連絡はなく、そのうち戻るだろうと」と報告しました。

ジヌはそんな電話をしていると元妻のスジンとスギョンに再会します。久々に顔を合わせるとスジンから「妊娠してるの」と聞かされます。

ジヌは「姉妹で旅行か」と聞くと「彼の出張についてきたの。グラナダには急用で。予定にはなかったけど」と聞かされます。ジヌは「いつ来た」と聞くと「昨日の朝よ」と聞かされます。

その後、2人と別れたジヌはスマートレンズを装着すると、新ユーザー発見と表示されました。ジヌはすぐに車に乗り込むと追跡を開始しました。

目的地に到着すると、兵士と戦っているヒョンソクを発見します。顔を合わせるとヒョンソクは「ユ代表、この件には関わるな。勝負はついた。すでに結果は見えてる」と言い放ちます。それに対し、ジヌも「開発者が電話でお前と契約しないと。仮にお前が勝ったとしよう。その後はどうだ。ゲームを手に入れても我々が必要だろ、このレンズのために。だがニューワードはこのレンズを使えない。僕が阻止する。我々がお前と手を組むことは決してない」と反論しました。

スポンサーリンク


その言葉にヒョンソクは「会社はお前個人のものか?会社の利益を優先すべきでは?」と聞くものの「時には例外がある。お前がその例外だ。だから叶わぬ夢を見てないでかみさんを気遣ってやれ」と言われます。

睨み合った2人は決闘を開始しようとするもののソンホから「やめておけ。チャもまだセジュと接触してないからそれでいい。読めるんだ」と言われてしまい、ゲームからログアウトすると「待ってろ、連絡する」といい、その場から立ち去っていきました。

その頃、キッチンにいたヒジュはジョンフンから名刺を受け取りました。そしてジョンフンは「代表がヒジュさんとお話ししたいそうで」と言うと「代表って?」と聞かれます。ジョンフンは「601号室の方です。僕のボスです」と説明すると一緒にいた友人から「もしかしてユ・ジヌ代表ですか?」と聞かれ、頷きます。

その後、カフェでジヌはヒジュは会うと「すみませんでした。今朝はイライラしてて」と謝りました。ヒジュも「こちらこそすいません。有名な方だと知らずさっきはひどいことを」と謝りました。

ジヌはヒジュと2人きりになると「もうご存知でしょうが僕は投資家です。良いものをより良いものにして高く売る。僕がここへ来た理由を?グラナダは1年以内にあるもので有名になる。魔法。グラナダは魔法で有名になる。魔法に魅せられ人々が殺到する。それも長期滞在者たちで。富裕層も地中海ではなくここに来るはず。だから僕から助言を。まずエレベーターの設置を。改修程度ではなく、建て替えた方がいい。僕は専門家だ、信じて投資を」と語り始めます。ヒジュは「私にどうやってホテルを買えと?」と聞くと「金が入る。誰かがくれる」と言われ、ヒジュは考え込みます。

アルハンブラ宮殿の思い出第2話の感想と考察

ジヌはヒジュがセジュの保護者と知り、どうにか仲直りできないかと考えていました。最初はうまくいかずにイライラしているようでしたが、身分を明かしたことでお互いに仲直りできたようでよかったです。

仲直りしたことで、ジヌは次の段階へと契約を持っていこうと考えているようでした。ヒジュの説得はうまくいくのでしょうか。注目です。

そしてジヌは敵対しているヒョンソクと再会しました。昔は一緒に会社を興すなど仲がよかったようでしたが、なぜ2人は今になって敵対するようになってしまったのでしょう。ジヌがここまでヒョンソクを恨む理由を知りたいです。きっとスジンを取られたこと以外にも大きな問題があったように思います。

ヒョンソクも同じくジヌを敵対しているようでしたが、なぜなのでしょう。そして、なぜヒョンソクはジヌの元妻スジンと結婚したのでしょう。2人の関係性が非常に気になります。

お互いにセジュを探していることを知った2人は、これからどのような手段でセジュを探すのでしょう。

最後にあった回想シーンで1年後、ジヌはまたグラナダを訪れており、電車の中で銃撃戦となっていましたが、なぜジヌは1年後にもグラナダを訪れていたのでしょう。あれはスマートレンズを使ったゲームの世界なのでしょうか。それとも現実世界だったのでしょうか。気になります。

まとめ

以上、アルハンブラ宮殿の思い出第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です