アルハンブラ宮殿の思い出第3話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


アルハンブラ宮殿の思い出第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

アルハンブラ宮殿の思い出第3話のあらすじネタバレ!

ジヌはその後もゲームをプレーし続け、ヒョンソクと同じレベルを目指しているとカフェ・アルカサバを見つけます。中に入ると「ユーザーたちの空間です。情報交換をしたり、同盟を結んだりできます。武器や装備品の売り買いもできます。クエストを得ることもできます」と表示されます。

カフェに座って休憩をしようとするとギターを弾くヒジュにそっくりなNPCを見つけます。ジヌは「ヒジュさん」と話しかけるものの反応はなく「アルカサバのギタリスト・エンマ」と表示されました。

ヒジュはギターの才能があったことから、父親の一声で家族でグラナダへと移住し、ホステルを経営していたのでした。ですが1年後、母親は他界してしまい、父親もその数年後に他界してしまっていたのです。そこからヒジュは学校を辞めて働くことに。

働いても働いても借金が増え続けており、絶望していたところにジヌが訪ねてきていたのでした。

そんな中、ヒジュとカフェであったジヌは「ボニータホステルを高く買ってあげます。契約書を作りました」と契約書を見せます。驚くヒジュを後目に「今から面白い提案をします。金額はまだ空欄です。今すぐサインしてくれれば100億ウォンと書きます。でも10分毎に10億ウォン減額」と提案します。

状況が飲み込めないままヒジュはサインしてしまいそうになりますが、席を立つと「トイレで電話をかけるのはいいですよね。家族と相談します」と言い、トイレへ向かいました。

ヒジュがいなくなるとジョンフンになぜボニータホステルを買収するのか聞かれると、ジヌは情報屋から「家族経営の法人名義で登録したようなんです。調べてみたらボニータホステルでした。ライセンス、技術、特許全て登録されています」と聞いたことを話しました。

ヒジュは家族に電話をかけるものの電話に出てもらえず、不動産屋に電話をして地価が10倍になる可能性がないことを聞かされます。さらにミンジェから怒鳴られたヒジュは売ることを決意し、トイレから出ようとします。

ですが、ドアが開かなくなってしまっており、トイレに閉じ込められてしまいます。

ジヌとジョンフンも1時間経っても戻ってこないヒジュに不安を抱くと、ジョンフンは「チャ代表と通話中では?」と言い出します。心配になったジヌは「かけてみて」と指示を出すと、電話に出ませんでした。

慌てたジヌは女子トイレに入ると、ドアと一緒にヒジュが倒れてきます。ジヌは「大丈夫?聞こえますか?」と声をかけると目を覚ましたヒジュは「何時ですか?」と聞き「10時13分」と答えられると「じゃあ70億ウォンも飛んだんですね。そんな…。3分まけて。ドアのせいで」とお願いします。ジヌは「3分でいいんですか?」と言うと、その言葉に安心したヒジュは「ありがとうございます」と言うとそのまま気を失ってしまいいました。

その後、意識を取り戻したヒジュはジョンフンから「金額は代表が書きました」と言われ、契約書を見せられるとそこには100億ウォンの文字が。驚いているとジョンフンから「ドアのせいなので減額なしだと」と言われ、すぐに契約することに。

振り込みを確認したヒジュは病院を飛び出すとヨンシムに電話をかけ「見せたいものがあるの」と100億ウォンでホステルが売れたことを伝え「もうお金持ちよ。本当よ、嘘じゃないわ。すごく大金持ちになったの。もうお金の心配はいらない」と言いました。

ヒジュは家への帰り道、ジヌがカフェ・アルカサバにいるところを目撃します。ヒジュはカフェの中に入ると「ここで何を?振り込みを確認しました。本当にありがとうございます。本当に100億ウォンも払ってくれるなんて」と感謝を伝えました。

スポンサーリンク


ジヌは「それだけの価値があるから払ったんです。礼なんて言わなくていい。ところで、ヒジュさん得意でしょ。クラシックギターの演奏が」と言います。ヒジュは「なぜ知ってるんですか?もうやめたのに」と驚くと「上手なのにやめたなんて。また始めてみたら?ギターを弾いてる時の方が魅力的だった」と言われます。

ジヌはそのまま店を後にしようとすると「時間ありますか?夕食をご馳走したくて」と言われます。それに「連絡します。ある男をぶん殴ったら。片付けてきます」と言い、笑みを浮かべるとジヌは店を後にしました。

その夜、ジヌはヒョンソクに電話をかけると「対決の準備ができたぞ。勝負するんだろ?」と公園へと呼び出しました。

顔を合わせるとジヌは「悪いな、明日の朝帰国だから時間がない。忙しいんだ、早く済ませよう。来い」と言いヒョンソクを煽ると、2人は決闘を始めました。

するとヒョンソクは「サシで話すのは一体何年ぶりだろう。今日はちょうどいい機会だ、言わせてもらう。妻を奪われたと思ってるのか?いいや、違う。スジンはお前のせいで不幸だった。俺が救ったんだ。気の毒で、あのままではスジンが心配だった。俺たちを恨むのはわかるが、もう現実をみろ。失敗をしたなら反省したらどうなんだ。人のせいにしてるから繰り返すんだ。今度こそは自分の非を認めろ」と言います。

それに対し、ジヌも「お前は本当にクズだな。裏切り者は皆そういう。王を刺しておきながら民のためだと。お前も裏切り者だという証拠だ。裏切り者は論理武装をしたがる。実は正義ではないから。結局いい会社が作れたか?ジェイワンと何が違う。引き抜いた社員に威張ってるだけだろ」と罵り合いました。

その後、ジヌは決闘に勝利すると空港へ向かいました。

空港に着くと、そこにはヒジュも待っておりジヌは「夕食の約束を忘れてた。すみません、用事が長引いて。ギターも頑張って」と告げると、飛行機に乗り帰って行きました。

翌日、ジョンフンから電話がかかってきていたのをみたジヌはかけ直すと「大変なことになりました。チャ代表がお亡くなりに。死んだんです。早朝に公園で発見されました」と聞かされます。

アルハンブラ宮殿の思い出第3話の感想と考察

ヒジュはギターの才能があったことで、グラナダへ引っ越してきていたのでした。セジュはそのことを知っており、夢を諦めることになってしまったヒジュへの思いで、ゲーム内にヒジュそっくりのギターを弾くNPCを作ったのだと思います。セジュはあまり会話をしないながらも、家族のことを思っていたのでしょう。

いまだセジュは見つかっていませんが、彼は今どこにいるのでしょうか。

ジヌはヒジュそっくりのNPCエンマを見て、ヒジュに恋心を抱いてたように見えました。第一印象はあまり良くなかったものの、改めてその姿を見て、惚れていたように感じます。

ヒジュもジヌの優しさを感じ、少し惹かれているように見えました。今後、この2人の関係性がどのように変わっていくのか気になります。

そんな中、ジヌはヒョンソクと決闘し勝利しました。ですが、翌日なぜかヒョンソクは死んでいました。

ヒョンソクは死んでしまいましたが、それはジヌが決闘で殺したということなのでしょうか。ゲームの世界の話なはずなのに、なぜヒョンソクは死んでしまったのでしょう。その理由が気になります。

そして、ヒョンソクが死んだことでジヌはどのような行動を起こすのでしょうか。

まとめ

以上、アルハンブラ宮殿の思い出第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です