病院船6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


病院船第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で病院船第6話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

病院船第6話のあらすじネタバレ!

ウンジェとドフンの会話を偶然聞いてしまい、手術の危険性を知ったヒョン。

「患者を手術中に失いたくない」と手術を辞めるようウンジェに言います。

「手術を受けるかどうかは患者が決めることよ」と言い患者の元へ説得に行くウンジェ。

ところが患者は「手術は受けないことにした」と答えます。

10年前に妻を末期のガンで亡くしたこと、それでこれから起きることが分かるから残りの時間を大切にしたいと話す患者に、ウンジェもそれ以上何も言えなくなります。

なんとか救う手段はないかと悩むウンジェの元にやってきたドフン。

「取引しよう」とウンジェに持ち掛けます。

手術を手伝うから「私の名前で論文を」と持ち掛けるドフン。

数日後、病院船のための買い出しでウンジェと出かけていたヒョンに父親がいなくなったと電話がきます。

戦場にいる幻覚が見え、大量の鎮静剤を持ち出して逃げるヒョンの父クァク・ソン。

ヒョンは父親のいる病院に駆けつけると、スタッフたちと一緒に父親を捜します。

病院裏の山の中で手術の真似事をしている父親を見つけたヒョン。

話しかけるヒョンに父親は「誰ですか?」と尋ねます。

アルツハイマー認知症により息子のことも認識できなくなっている様子の父親に、ヒョンは1人涙を流します。

自分が落ち着くまで待ってくれていたウンジェに父親のことを話すヒョン。

2年前トルコで反乱軍の捕虜になり、その日から記憶が止まってしまったこと。

ソウルに戻って来ても敵地にいると思い込み、何度も脱走しようとすること。

そんな父親のことを気にするあまり、医療ミスを起こし患者を殺してしまった過去を打ち明けるヒョン。

ウンジェは静かにヒョンの話を聞き、何も言わずに側にいてあげるのでした。

数日後、EXIT肝切除術を諦めきれないウンジェはヒョンに説得を頼みます。

スポンサーリンク


患者が手術を望んでないのになぜこだわるのか?と尋ねるヒョン。

ウンジェは「私がいなかったから母は死んだ…同じミスはしない。まだ患者は生きている。まだ希望があるの」と手術にこだわる理由は母親を助けられなかったからだと答えます。

手術にこだわる理由が論文のためではなく患者のためだったと知り、思わずウンジェを抱き締めるヒョン。

結局患者は最後まで手術を拒否し「死は失敗ではなく結論だ」という言葉をウンジェとヒョンに残します。

その後いつもの業務に戻っていたウンジェは、乗っていたバスの事故に巻き込まれ怪我をします。

肩が脱臼したまま同乗していた怪我人の処置にあたるウンジェ。

そんな中サンという男の子を助けにバスの中に飛び込んだヒョンは、サンと共にバスに閉じ込められてしまい…。

病院船第6話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

病院船第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で病院船第6話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば病院船を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

病院船第6話の感想と考察

ヒョンの過去のトラウマと父親の病状について明らかになりました。

戦場での経験に苦しむお父さんの姿は可哀想でしたね。

ヒョンもそんな父親に振り回されつつも、可哀想に思う気持ちが大きかったようで、1人山の中で苦しんでいる姿は痛々しかったです。

そんな過去の話を黙って聞いてくれるウンジェは大人の女性って感じで素敵だなと思いました。

辛い時って下手に慰められるより、黙って側にいてくれた方が癒されますよね。

そんなウンジェも、手術にこだわる理由をヒョンに打ち明け、2人の距離がぐっと近づいたように感じました。

2人の心の距離が少しずつ近づく様子が無理のない感じで良いな~と思います。

最後は大規模な事故が起きてしまいました。

閉じ込められてしまったヒョンは無事男の子を助けることができるんでしょうか…。

まとめ

以上、病院船第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

7話を読んでいない方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です