悪霊狩猟団カウンターズ12話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


悪霊狩猟団カウンターズ第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

悪霊狩猟団カウンターズ第12話のあらすじネタバレ!

モタクはすぐにジョンヨンを病院に連れて行き、緊急手術を受けさせることに。

手術室の前で待っていたモタクはジョンヨンの魂がヤンに向かうのをみて、死を悟ると泣き崩れてしまいます。

後日、モタクはジョンムルたちの静止を無視しジョンヨンの葬儀へ向かうことに。ですが、そこに署長たちが来ると身を隠します。

署長たちがジョンヨンの死を自殺だと断定し話をしているのを耳にしたモタクは署長たちの前に姿を表そうとするものの、ついてきたムンに止められます。モタクは仕方なく耐えることに。

店に戻った2人は悲しみを分かち合うとモタクは「ジョンヨンは警察に撃たれた。俺はジョンヨンの最後の記憶を見たんだ。時計だ。あの時計は20年勤続した警察官に贈られるものだ」とムンに話します。

モタクはすぐにハヌルに連絡を取り密会すると、以前調べるように頼んでいた番号の記録はないと聞かされます。モタクは「ジョンヨンの件、自殺で処理を?防犯映像は?」と聞くと「動線上の防犯カメラは全て故障してました。自殺じゃないです。銃貸与を受けた時刻に外勤を。署の誰かがチーム長の名義で借りてチョンシンに。チーム長は焼死体がチ出ないことを確認したと」と聞かされます。モタクはハヌルに「チュンジン署に勤続20年以上の警官は何人いる?名簿調べを頼んでも?」と頼むことに。

さらにモタクは「ジョンヨンは奴らについてどこまで捜査を?」と聞くと「借名口座を凍結させました。その後署長は露骨に圧力行使を」と聞かされ、資料を受け取ることに。

店に戻ったモタクは全てを話すと、ハナは「目には目を。あっちは私たちが死んだと思ってる。死んだフリして借名口座の50億を奪おう」と提案します。モタクも「ひとまず分裂させる。市長、テシン、署長に不和が生じれば勝算はある」と告げます。

決意を固めた5人は店を一時閉めて本格的に行動を開始することに。手始めにハンギュたちの手に渡る使い捨て携帯をハッキングします。

その頃、ミョンフィとテシンの関係性は悪化し始めます。テシンは釈放されたハンギュの元に向うと「ミョンフィが冷たくなった。出馬で群がってきた奴らと俺たちでは毛色が違うと。身辺整理をしてやったらあの野郎1人で昇る気かも。保険をかけておこう」と伝えに行きます。

ジョンムルはミョンフィと会食を行うと「市長が50億ウォン準備すれば私も50億ウォン献金を」と伝えます。そう言われたミョンフィはすぐにテシンに50億ウォン準備させることに。

その会話を聞いたムンたちは行動を開始します。

翌日、テシンの部下たちが金を下ろしに行くのをムンたちは追跡します。すると、追跡途中にチャンギュが貯水池で黄色いトランクを掘り出したという情報が入ります。

その後、全てのお金を下ろしたと判断したムンたちはテシンの部下たちのタイヤをパンクさせると、モタクがロードサービスのフリをして部下たちの気を引いている間にムンたちは盗み金を盗み出します。

金を盗み出したモタクは「貯水池へ。黄色のトランクはヨンニム事件関連だ」と告げると、貯水池へ向かいました。

テシンの指示でチョンギュにトランクを掘り返させたハンギュはトランクを炭焼き窯サウナへ移させることに。そのメールをみたムンたちもサウナに向かうことに。

スポンサーリンク


チョンギュたちがトランクを焼却しようとしているのをみたムンとモタクはチョンギュたちを捉え、トランクを回収します。

トランクを開けるとその中には白骨死体が。モタクは白骨死体と50億ウォンを持って市長のライバル議員ヨンドクの選挙区のキョンイン警察署へ。

その頃、ミョンフィはジョンムルと再び会食に向かい、お金を渡すはずがトランクの中身は水に。ミョンフィはテシンを怒鳴りつけると2人の仲はさらに悪化を。

事務所に戻ったテシンは部下たちを怒鳴りつけていると「記憶がないんです」と言われます。さらにチャンギュも「昨日の記憶がない」と言い出すと、ハンギュは「奴ら生きてるんじゃ。モタクです」と話します。

姉貴麺屋で待っていたモタクの元に警察から連絡を受けると「死体からDNAが検出された。衣服からハンギュ、爪の間からミョンフィ、一致」と聞かされます。

ミョンフィとハンギュはすぐにヨンニム殺人事件の容疑者として連行されることに。

連行されるミョンフィの前にムンは立つと「これで終わりと思うな。僕の父と母の分まで罪の代償を払わせる」と宣言します。

悪霊狩猟団カウンターズ第12話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

悪霊狩猟団カウンターズ第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

悪霊狩猟団カウンターズ第12話の感想と考察

ジョンヨンを殺した犯人は警察内にいるようでした。勤続20年の時計が犯人に繋がる証拠のようでしたが、一体誰がジョンヨンを殺したのでしょう。今のところ一番怪しいのはやはり署長の気がします。

ジョンヨンが殺されたことが引き金となり、モタクはムンたちとともにジョンヨンの意思を継いヨンニム事件の全容を明らかにすることにしたようでした。それが一番の復讐の方法なのだと思います。モタクはそれだけ復讐に燃えているのでしょう。

5人はうまくミョンフィたちを陥れ、ヨンニム事件の容疑者として逮捕することに成功します。モタクたちからしたらしてやったりと思っていると思いますが、ミョンフィたちがこのまま終わるとは思えません。最後にムンが復讐を宣言した際にもミョンフィは薄ら笑いを浮かべていましたが、このままミョンフィたちを逮捕することができるのでしょうか。

その一方、ミョンフィとテシンの間にも不協和音が流れ始めていました。ミョンフィが大統領選に出ることになったことでミョンフィはテシンたちを切り離そうと考えているように見えました。ですが、テシンたちは意地でも離れる気はないようです。それで脅しをかけるためにヨンニムを掘り出したのでした。ヨンニムの死体はムンたちに取られてしまったものの、テウンたちにはまだミョンフィを揺するものは残っているように感じます。テシンとミョンフィの関係がどうなっていくのかにも注目したいです。

まとめ

以上、悪霊狩猟団カウンターズ第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です