悪霊狩猟団カウンターズ4話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


悪霊狩猟団カウンターズ第4話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

悪霊狩猟団カウンターズ第4話のあらすじネタバレ!

ヒョグに廃墟に呼び出されたムンはすぐにウンミンを助けに向かいます。そこには倒れているウンミンの姿が。

その姿にムンは「なんでこんなことを、酷すぎる」と怒りを爆発させると、ムンを囲うように地が現れました。

その頃、ユンの世界ではウィゲンがいきなり倒れると「危険だわ、連絡して。ムンが人を殺しそう」と訴えます。ユンからその連絡を受けたモタクたちは急いで地が現れた場所へ向かうことに。

ヒョグたちの仲間に囲まれたムンでしたが、カウンターの力を使い次々と殴り倒していきます。そしてヒョグを倒し馬乗りになり我を忘れて殴りつけているとモタクが止めに入ります。モタクに「何事だ?」と聞かれたムンは我に帰ると「やめろと言ったのに、殴るなと言ったのに」と泣き出します。

そんな話をしていると、パトカーの音が聞こえてきます。メオクは逃げようとするものの、ムンは「僕が処罰を受けます。ここで決着をつけないと終わりません。僕のせいで怪我をするのはもう見ていられません。罰を受けてでもうまく蹴りをつけて終わらせます」と主張します。それを聞き入れたモタクはメオクたちを連れて帰ることに。

警察に連れていかれたムンは被害者と偽る生徒の親たちに非難されるものの、そこにジョンムルが「彼の後見人だ」と現れると「この事件は不良グループに暴行された友達を救ったこの少年の正義の物語だ」と言い放ちます。父兄に「証拠はあるのか?」と反論されたジョンムルは角材を投げ出すと「これは現場に残した物的証拠だ。これと奴らの指紋を照合してみろ」と警察に告げます。

それでも動こうとしない警察にジョンムルは「彼の保護者として正式に要請します。奴らの被害を受けた、全員について調査を始めろ」と言い放ち、ムンは解放されました。

解放され、家に戻ったムンは祖父母に杖なしで歩いている姿を見せました。それを見た祖父母は思わず泣き出してしまいました。

翌日、メオクに「昨日警察署へ行ってきた件は?」と聞かれたモタクは資料とともにムンの父親の名刺を見せました。それを見て驚くメオクに「7年前、病室で目覚めた時服のポケットに」と伝えます。「つまり、ムンの父さんとあなたは知り合い?」と聞かれると「名刺を交換しただけか、深い関わりがあったのか思い出せない。だが同じ日にチュンジン市でこの人も俺も謎の事故にあった。警察の事件処理の状況からすると、俺を襲った奴とムンの父親を殺した奴は同一人物だと思う」と自分の推理を話しました。

その頃、ジョンヨンは次々と犯罪者を逃していくピョ課長に苛立ちを覚えるとチェ署長の元に向かいます。そこでジョンヨンは「なんだったんです、モタク先輩と一緒に葬ったあの事件は。あの日以来ヤクザの飼い犬も同然です。あれが始まりですね。あるいは心機一転、第二の人生を歩むおつもりで?」と言い放つものの「他人の生き方をとやかくいうな」と軽くあしらわれてしまいます。

その後、ジョンヨンはモタクに会いに向かうと、7年前モタクが使っていた携帯を返しました。ジョンヨンは「署に来ないでください、先輩自身のために」と告げると、警察に知られていない携帯復旧業者を教えました。

スポンサーリンク


その行動にモタクは「よくわからなくなってきた。悪人に手を貸す刑事には見えないのに」というと「恋人同士でした」と聞かされます。モタクは驚いて聞き返そうとするものの「事件のデータが出たらシェアを。もう血塗れで現れないで」と言い、ジョンヨンは帰っていきました。

学校が終わったムンは麺屋で手伝いをしているとメオクはユンのパートナーのスホから「ムンのカウンター資格剥奪を論議中です」と聞かされます。

その話を聞いたムンは「クビになりたくないです」というと、ユンの世界へ。メオクたちも続いてついていきます。

メオクはウィゲンたちをうまく説得すると、資格剥奪を逃れます。

その後、モタクはジョンヨンに教えてもらった復旧業者に向かい携帯のデータを直してもらうことに。携帯の中にヨンニムという女性を見つけたモタクはすぐにジョンヨンに連絡すると身元照会してもらうことに。すると「死亡と。2018年9月16日です。失踪届から5年で死亡処理に」と聞かされます。

そして最後の通話相手がグォンだったことを知ったモタクは事件を捜査することを決めます。その番号に電話すると、電話に出たのはムンでした。

悪霊狩猟団カウンターズ第4話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

悪霊狩猟団カウンターズ第4話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

悪霊狩猟団カウンターズ第4話の感想と考察

ムンはなんとかヒョグを含むいじめっ子たちを倒し、学校に蔓延っていたいじめを鎮静させます。カウンターの能力を使い人を殺しそうになったとはいえ、ムンは大きなことをやってのけた達成感を感じていたようでした。

一躍学校中のヒーローになったムンでしたが、逮捕されたはずのヒョグは釈放されていました。このままヒョグが黙っているとは思えませんが、今後学校生活がどうなっていくのか気になります。

この事件の結果、ムンはカウンターの資格を剥奪されそうになりましたがメオクによって助けられました。あの光景を見ているとメオクとモタクはムンのことを自分の息子のように思っているようでした。悪霊狩りに巻き込んでしまった責任や、ムンの成長を見届けているうちに息子のように愛情を注ぐようになっていたようでした。いいチームワークができたきたとも言えるでしょう。

そんな一方、モタクは徐々に7年前の事件の捜査を始めていました。そこでモタクとジョンヨンは過去に付き合っていたことが明らかになりました。衝撃の事実でした。ジョンヨンは今の警察に苛立ちを覚えたことでモタクの過去を明かし、モタクに携帯を返したようでした。警察がヤクザの飼い犬のようになってしまったのには7年前に事件が関わっていそうですが、その全ての真相はどんなものなのでしょう。早く全貌が明らかになってもらいたいです。

まとめ

以上、悪霊狩猟団カウンターズ第4話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です