悪霊狩猟団カウンターズ7話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


悪霊狩猟団カウンターズ第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

悪霊狩猟団カウンターズ第7話のあらすじネタバレ!

事故の日の記憶でチョンシンをムンは殴ってしまいます。身の危険を感じたハナはどうにかムンを記憶の中から戻すものの興奮しているムンは「もう一度入ろう。捕まえなきゃ」と言うものの、ハナに「レベル3よ。下手したら死んでた」と咎められ、心を落ち着かせます。

ムンたちは麺屋に向かうと、ムンの記憶の中で見たことを話します。そしてハナは「チョルジュンさんを殺したやつ。請負殺人よ」と告げます。それを聞いたメオクはムンを抱きしめると「捕まえよう。私たちの手で必ず」と伝えます。

さらにモタクはムンの父親と一緒にヨンニム事件を捜査していたことを教えます。

それを聞いたムンは「父が最後までやると言っていました。事故前にラジオから市長選挙の開票速報が。当選を聞いた父はラジオを切り、そう言いました」と教えると、モタクは「繋がったぞ。ヨンニムはミョンフィの選挙運動員だったらしい。自分の陣営で殺人が起きたら選挙で負ける。俺とお前の父親がヨンニムを捜索し始めたから警戒を強めた。7年前の事件はまだ決着がついていない。この男だが最近殺されたんだ、シン市長の後援会会長チョン・ギファンだ。彼を殺したのは下足痕の主だ」と資料を見せ説明します。

それを聞いていたメオクたちも捜査を始めることに。

その夜、モタクはジョンヨンに連絡しチョン会長を殺した犯人の写真を送ってもらうと、その犯人もチョンシンでした。それを確認したモタクはジンファンに会いに向かうと、全ての犯人がチョンシンだと伝えます。

ムンはチョンシンと格闘したときに異空間に飛んだことを思い出し、そこにあった1台のトラックにペクチョモーターズという文字が書かれていたことを思い出しました。

翌日、ムンたちとジョンヨンはペクチョモーターズの廃車場に向かうことに。

ムンたちは廃車場をくまなく探すものの、すでにチョンシンの姿はありませんでした。

証拠を探し始めたムンはチ・チョンシンと名前の書かれた作業着を見つけ、犯人の名前を知ります。メオクは遺体を発見します。その結果、殺人事件として捜査されることに。そしてチョンシンは指名手配されることに。

その頃、ミョンフィは党代表から大統領予備選に出馬するよう要請されます。そこにチェ署長からチョンシンが指名手配されたことのメールが届きます。ですが、ミョンフィはそれを無視します。

後日、ニュースでマノが釈放されたと報道されるとハナは過去の記憶を思い出します。叔父のマノによってハナの父親は会社を追い出されていたのでした。それを見たハナは怒りに震えます。

その頃、チェ署長はジョンヨンがヨンニム事件のDNA調査をしていることを知らされます。

翌日、ジョンムルはチャンギュたちの身元調査した資料を持って店に現れると、モタクたちはテシンとハンギュが来てからチョンジン市に来てからミョンフィをカモにして動いていることを聞かされます。

スポンサーリンク


そんな話をしているとチャンギュが子分たちを連れて現れます。

モタクたちはチャンギュを簡単に倒すと、モタクの記憶を読み取ります。ミョンフィが大統領選に出ることを読んだモタクは突き飛ばし追い返します。

その後、モタクはそのことを話すと「貯水池ってなんだ。俺の命を狙った理由は貯水池だと言っていた。貯水池のことが露呈したら大統領選は水の泡だと」と話します。それを聞いたムンは父親の手帳を見せます。

その夜、ミョンフィたちもモタクが生きていることを聞かされます。そしてチョンシンが指名手配になったことを聞いたミョンフィは「記者を煽れ。市民に恐怖を陥れろ、そのほうが私に有利だ。そして早く捕まえろ。生かすな、射殺しろ」と指示を出します。

そんなある日、貯水池に向かっている最中ハナはマノが殺人を犯そうとしているのを感知します。

急いでそちらに向かおうとすると、モタクたちの乗った車がチャンギュの運転するトラックに突っ込まれてしまいます。

チャンギュは死を確信するものの、モタクたちが現れ驚きます。

悪霊狩猟団カウンターズ第7話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

悪霊狩猟団カウンターズ第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

悪霊狩猟団カウンターズ第7話の感想と考察

モタクはムンたちにヨンニム事件のことなど独自に調査していたことを全て話しました。調査を進めていく中で黒幕の正体に気づき始めていました。ミョンフィが1番の黒幕のようですが、悪事を表沙汰にできるほどの証拠をまだ持っていませんでした。

そんな中で貯水池がヨンニム事件の鍵を握っていることが発覚しました。ムンの父親の手帳に書かれていた数字と英語の意味はなんなのでしょう。そして、全てがパーになると言っている貯水池には何が眠っているのでしょうか。ムンたちは見つけ出せるのか注目です。

一方、全ての実行犯であるチョンシンは指名手配されるものの姿をくらましていました。最後にコンビニでヒョグを見たチョンシンは「またな」と言っていましたが、この言葉はどういうことなのでしょうか。意味が気になります。

また、ハナが個人的に恨みを持っているマノが警察から釈放されていました。その後、ハナはマノが殺人を起こす現場を感知していましたが、ハナはマノと顔を合わせたらどんな行動をとるのでしょうか。父親の恨みを晴らそうと殺してしまわないか心配です。

まとめ

以上、悪霊狩猟団カウンターズ第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です