あやしいパートナー2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


あやしいパートナー第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第2話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第2話のあらすじネタバレ!

ボンヒは指導検事がジウクのことに驚きを隠せずにいると、嫌味を言われてしまいます。ボンヒもそれに応戦します。頭にきたジウクは研修生となったボンヒをこき使うようになります。

そんなある日、ボンヒは友人から「自分の仕事や雑用を押し付けてこき使う最悪な検事。そんなやつの下にいると尻拭いまでさせられる」と聞かされ、頭を抱えてしまいます。

それからもジウクから多くの仕事を任される日々が続きました。さらにはジウクから「君に検事としての経験を積ませるための深い愛情だ。取り調べだけでなく刑事調停も担当するか?」と聞かれたボンヒは「はい」と言うと、さらに多くの仕事を任されてしまいます。

忙しい日々を送っていたある日、ボンヒの前に1人の痴漢犯が連れてこられます。ボンヒは「ところで、どこかで会ったような。私のお尻を触ったのはあなたね」と告げると「奇遇ですね」と言われてしまいます。そう言われたボンヒは今までの鬱憤を晴らすかのように「あなたのせいで散々な目に。常習犯だから懲役を覚悟しておいて」と告げました。

すると、痴漢犯は「実は殺人を目撃してしまったので命が危ういんです」と言い出します。

いつも通り覗きをしていた痴漢犯はたまたま殺人現場を目撃してしまっていたのです。痴漢犯は「奴が私を殺しにこないか心配でよく眠れません」と話すものの、ボンヒは信じずに追い返してしまいます。

その後、外で食事をしているとヒジュンとジヘとすれ違います。ボンヒは当て付けのような歌を歌うと、ジヘから「私たちへの当て付けでしょ?あんたは検事に枕営業をしたくせに私たちを責める資格が?」と言われてしまいます。

その様子を見ていたジウクは「探したぞ。会いたかった。みんな知ってるかな。俺がウン・ボンヒさんに一目惚れを」と言い、ボンヒをかばいました。

そしてヒジュンたちが去っていくと「復讐の方法は他にもある。無視しろ。幸せに生きるんだ」とアドバイスをしました。それを聞いたボンヒは「なぜ優しくしてくれるんですか?」と聞くものの、ごまかされてしまいます。

その日、久しぶりに家に帰ることのできたボンヒはコンビニ向かうと途中で停電が起こってしまいます。そのことを気にせず買い物をし、家に帰るとなぜかヒジュンが部屋の中で血だらけになり死んでいるのを発見します。

ボンヒは警察を呼ぶものの、停電のせいでアリバイのなかったボンヒは容疑者になってしまいます。

そして警察に連れてこられたボンヒは「よく聞いてください。事件解決には初動捜査が重要です。真犯人を探すべきなのに無実の私を調べていたら真犯人は?逃げられて証拠も消えます」と話しているとジヘが現れ「殺したのね。なぜ?彼にフラれたからって殺すの?何度も殺してやると」と捜査を撹乱するような事を言われてしまい、緊急逮捕されてしまいます。

スポンサーリンク


ボンヒはジウクに「実はですね、私は緊急逮捕されました。殺人です」と電話で伝えました。

それを聞いたジウクは急いで留置所に向かうとボンヒから「問題を起こしたようですが。何かの手違いだと思うけど。一体何がどうなっているのか。不本意ですが問題を起こしたのは私の過ちです。ただ私は夜中にビールを買いに行き、戻ったら部屋に遺体が。なぜこんなことが起きたのかわからないし怖いし、頼れるのはノ検事しか。私を助けられる人はノ検事だけです」と言われます。

翌日、ボンヒの殺害容疑が報道されると、ジウクは地検長でヒジュンの父親のムヨンに呼び出され担当検事に任命されてしまいます。

そしてジウクはボンヒの取り調べを行うことに。取り調べは難航するもののジウクは「どうせ起訴される。動機は十分、アリバイなし。他に容疑者はいない」と告げます。ボンヒに「私は殺していません」と言われるものの「関係ない」と返します。

それでもボンヒに「私を信じてますよね?私はノ検事を信じてます、私の味方だと。唯一の頼みの綱だと」と言われたジウクは心が揺れてしまいます。

あやしいパートナー第2話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

あやしいパートナー第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第2話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばあやしいパートナーを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第2話の感想と考察

ボンヒはジウクと過ごすことが多くなったことでジウクに対するストレスと好意を両方抱いているようでした。嫌味のように多くの仕事を押し付けてくるジウクにイライラしながらも、ヒジュンたちに嫌味を言われていたときに助けてくれる一面もあり、自分がジウクのことをどう思っているのかわからなくなってしまっているようでした。

ですが、ボンヒは徐々にジウクのことが好きになってきているように感じます。ジウクのことを考えているうちに我を忘れてしまっている姿を見ると、不器用だけど大事な所では頼れる存在のジウクが好きなのだと思います。

ジウクもボンヒのことが目を離せない存在になっているようでした。きっと元カノに裏切られてから初めて心を許した女性なのだと思います。このまま2人が付き合うことはあるのでしょうか。恋愛模様にも注目です。

そんな中、ヒジュンが何者かによって殺されてしまいました。ボンヒの部屋で殺されてしまったことでボンヒは容疑者になってしまいます。さらに運の悪いことにちょうど停電が起こっていたことでアリバイもなく、さらにジヘの一言でボンヒはヒジュン殺害の容疑で緊急逮捕されてしまいましたが、どうにか無実の罪を晴らすことができるのでしょうか。

そして担当検事となってしまったジウクは検事としての仕事をまっとうするのか、それともボンヒを助けるために何か行動を起こすのか。ジウクの行動に注目です。

まとめ

以上、あやしいパートナー第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です