あやしいパートナー22話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


あやしいパートナー第22話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

21話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第22話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第22話のあらすじネタバレ!

ボンヒの父親の写真を見てしまったジウクは1人で悩み込んでしまい、何事も手につかなくなってしまいます。

ジウクはパン係長を呼び出すと「個人的なお願いがあって。両親の事件について知りたい。事件当時の状況や、もしくは犯人に関することなど」とお願いします。パン係長は「できるだけ早く」と言うものの、ジウクは「急ぎではないのでゆっくりで構いません。むしろ急がないほうがいいのかも。ゆっくり調べてください」とお願いします。

落ち着かないジウクはウニョクの仕事を手伝おうとすると「事件は先日話した放火事件の控訴審しかない」と言われます。それでも「俺がやる。できると思う。手伝うよ」と伝えると、ボンヒも「私も手伝います」と言い出します。

そして3人は一緒に捜査することに。

その後、ジウクはパン係長から無言で封筒を渡されます。何が入っているか理解したジウクは1人でそれを見ることに。すると、中に入っていた写真はボンヒの部屋で見た写真と同一人物で、資料には子ウン・ボンヒと書かれていたのです。

ジウクは動揺し涙を流していると、パン係長に「ファイルを見ました。ウン弁護士の父親が加害者ウン・マンス?」と聞かれます。それにジウクは「でも関係ありません。ボンヒは何もしてないし親の罪を問うなんておかしいでしょう。ボンヒとは何の関係もないでしょう?ボンヒとは本当に何も関係ない」と自分に言い聞かせるように話します。

その夜、ジウクは悪夢にうなされてしまうとボンヒに心配されます。

2人で寝ることにするとボンヒは「あなたはなぜ検事になったの?」と聞きます。ジウクは「親父が検事だった。君はなぜ弁護士に?」と聞き返すと「私はふざけた判事のせいで成り行きで勉強を始めたの。でもそのうち運命かもしれないと思った。多分父みたいな人のため弁護士になったのかも」と話します。

それに対し「具体的にどんな人?」と聞くと「私みたいな人。世間から大きく誤解された無実の人たち」と聞かされます。

翌日、ボンヒはジウクにキスをしようとするものの避けられてしまったことに違和感を感じます。

ウニョクは先日ユジョンの元を訪ねた時に見た男に見覚えを感じ思い出そうとします。ボンヒからヒントをもらい2年前の裁判の証人として来ていたジュネだと思い出します。

そしてその男が放火犯だということを聞かされたジウクは「多くの放火犯は英雄心理で火を付ける。自分が火をつけ通報して英雄に」と判断すると、当時の映像や画像と数年の放火リストを探すことに。

スポンサーリンク


ジウクとボンヒは一緒に調査へ向かうものの、ジウクの言動や態度にボンヒは違和感を感じてしまいます。

事務所に戻るとボンヒは「私に隠し事でも?」と聞くものの「いや、何もないよ」と答えられます。さらに「そうですか。私何か悪いことでも?」と聞くものの「違うんだ。君じゃなく俺の問題なんだ」と言われてしまいます。ボンヒは「それが何かは言えない?」とさらに問い詰めるとジウクは頷くことしかできませんでした。

その夜、ユジョンの元へ向かったウニョクは「確かめたいことがある」と言うと、成り行きでユジョンの部屋に行くことに。ウニョクは「僕の担当する控訴審の目撃者が例の放火未遂犯だろ」と聞くと「そして真犯人。本人は自白したけど上が隠蔽しろと」と言われます。そして「ジュネの資料よ。裁判で使って」と資料を渡されました。

ウニョクは資料を受け取り帰ろうとすると「泊まる?」と聞かれます。

あやしいパートナー第22話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

あやしいパートナー第22話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第22話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばあやしいパートナーを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第22話の感想と考察

ジウクの両親を殺した犯人がボンヒの父親だったとは驚きの展開でした。ジウクは信じたくなかったようでしたが、パン係長に調べてもらったことで確信を持ってしまい複雑な気持ちになっていました。自分の恋人の父親が犯人だと言うのは相当ショックで気が動転してしまっても仕方ないと思います。

ボンヒもジウクの態度の違和感を感じとっていたようでした。理由も分からず異様な態度を取られたボンヒが気になるのもわかります。さらに理由を聞いても答えてもらえなかったことで余計に滞りを感じていたようでした。

この2人はこれからどのようになっていってしまうのでしょうか。ジウクは親のことだから関係ないと言っているものの、この2人に一波乱あるように感じます。

放火犯の捜査を続けていたウニョクは真犯人に行き着きました。2年前の裁判の証人を覚えているなんてウニョクの記憶力は素晴らしいです。決め手となる証拠を見つけ、真犯人を逮捕することができるのでしょうか。

そしてウニョクはユジョンに不意に「泊まる?」と聞かれていましたが、ユジョンもウニョクのことがまだ好きなのかもしれません。もしかしたらこっちの2人も付き合うことになるかもしれませんね。

まとめ

以上、あやしいパートナー第22話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

23話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です