あやしいパートナー3話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


あやしいパートナー第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第3話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第3話のあらすじネタバレ!

ジウクはボンヒの弁護をウニョクに頼むことにします。

ウニョクはボンヒの元に向かうと「国選弁護士の選任は取り消しに」と伝えました。ボンヒは「なぜ弁護を?」と聞くと「ジウクが連絡をくれた。ジウクとの関係は?」と聞かれます。「指導検事でした。今は捜査検事です」と答えるものの「それ以外に関係は?」と聞かれると「他に聞くことがあるのでは?」と聞き返します。ウニョクは「殺しましたか?」とだけ質問しました。

その頃、ジウクは現場に向かい捜査を開始しました。

遺体が倒れていた跡を確認したジウクは「犯人が誰にせよ外から来て刺した」と推理します。すると、現場から7キロ離れた所で凶器が発見されたと連絡が入ります。ですが、ジウクもボンヒの部屋から凶器を発見してしまいます。

おかしいと思ったジウクは「何度も現場の捜索を?」と部下に確認すると「凶器を探すために家中ひっくり返しました」と聞かされます。それを聞いたジウクは「なのに今更凶器が出てきた。もしかすると凶器は2本かも」と推理します。

そして特殊捜査センターへ向かうと「2本の血痕が同じものか至急極秘で分析してほしい。現場で見つかった刃物は構わないが、もう1本は必ず極秘で頼む」と依頼しました。

後日、裁判が行われるとジウクは検事としてボンヒと顔を合わせます。

ウニョクはジヘたちの証人尋問をうまくかわしていきます。ですがボンヒは被告人質問で「考えても行動に移すとは限りません。正直に言えば誰でも一度くらい夫や彼氏に殺意を持ちますよね」と口を滑らせてしまいます。その失言はすぐに報道されてしまいます。

裁判後、特殊捜査センターへ向かったジウクは分析結果を受け取ります。

ジウクは後日行われた2回目の裁判で凶器とその分析結果を証拠として提出します。それを証拠として認められたウニョクは何者かが凶器を捏造した可能性を訴えます。それを問われた法医学者は「不可能とは言えませんが。それを立証するのは…」と口を濁すものの、ウニョクは「可能ですね」と押し切ります。

論告求刑を求められたジウクは「懲役15年に処することを求めます」と告げます。

ですが、ボンヒに「私を信じますよね?私はノ検事を信じてます。唯一の頼みの綱だと」と言われたことを思い出すと、最終弁論を遮り「追加で証拠提出を。実は他に発見された凶器があります」と発言し、凶器を提出します。

スポンサーリンク


そして「2本は別々に見つかりました。両方とも被害者の血痕が付着しています。これは2本目が見つかった場所です。現場から7キロの距離。救急隊の出動時刻を考慮するなら被告人が殺害したのち凶器を捨てるのは不可能です」と言い放ちました。

裁判長に「なぜこの証拠をすぐに出さなかったのですか?」と聞かれると「意図的にです。真相究明より公訴の維持が重要なので。2本の凶器のうち1本は捏造です。つまり2本とも証拠能力を失います。したがって検察官は公訴を取り消します」と告げました。

この結果、ボンヒは釈放されることに。

その夜、ヨンヒと飲みに出掛けたボンヒは「あの娘とどんな関係なんだ」と聞かれると「運命です」と答えました。

後日、ジウクは検事を辞めさせられることに。ジウクは肩を落としながら検察庁を後にしようとするとボンヒと再会を果たします。ジウクはボンヒに「どう考えても俺たちは運命だ。悪縁だ。だから2度と現れるな」と言い放ちました。

あやしいパートナー第3話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

あやしいパートナー第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画であやしいパートナー第3話を観たいですよね!

U-NEXTを使えばあやしいパートナーを今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あやしいパートナー第3話の感想と考察

ジウクとウニョクには過去に何か問題があったようです。なぜあれだけウニョクのことを避け続けるのでしょう。ジウクは何かウニョクにトラウマを抱えているのかもしれません。この2人の過去が気になります。

ジウクは検事としての立場よりも自分の正義感を選択しました。内心大きく心が揺れたと思いますが、最終的にボンヒを救う方を選択したのは素晴らしいと思います。では、ヒジュンを殺した真犯人が誰なのでしょうか。真犯人が吹いている口笛がヒントとなりそうです。

ボンヒはジウクに助けてもらったことで、ジウクに恋をしたようでした。ボンヒがヒジュンにフラれてから最初に信じることのできる存在となったのがジウクだったからだと思います。

再び再会するものの「2度と現れるな」と言われてしまいましたが、ボンヒはどうするのでしょうか。ジウクもボンヒに好意を抱いているはずなのになぜそんなに突き放してしまうのでしょう。これからこの2人がどのような関わり方をしていくのか気になります。

そして検事をクビになってしまったジウクはこれからどうするのでしょうか。

まとめ

以上、あやしいパートナー第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です