ドドソソララソ第10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ドドソソララソ第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ドドソソララソ第10話のあらすじネタバレ!

ララは焼肉を抜けるとベンチに座っていました。ジュンは横に座り「何を考えてる?」と聞くと、ララは「パパに会いたいな。コンクールの最中にふと思い出した。最初のコンクールで私も泣いたの。緊張で頭が真っ白になってドドソソララソしか弾けなかった。悔しくて涙が出たわ。するとパパが拍手を送ってくれたの。頑張ったねと。私が世界で一番好きな人よ。ジュン、私は新しい自分を見つけたと思う。なんていうか雑草みたい。温室の花ではないわ。あの日のパパの拍手が今の私を作ったのかも。でも愛してると言えなかった。結婚式の日の電話が最後になるなんて。愛してると言えばよかった」と語り、涙を流しました。

それを聞いたジュンは「明日は2人とも休みだからフェリーに乗ろう。話があるんだ。君に俺のことを話したい、何もかも」と告げました。

その後、トイレに行ったララは電話がかかり車を移動するように言われてしまいます。車に向かうと、ジュンホに誘拐されてしまいます。

ジュンはジュンホが犯人だと確信し、家に向かうとそこには壁一面にララの写真が。そしてそこにララの学生証を見つけると「どういうことだ」と辺りをあさり始めます。するとマルチ商法の研修院のチラシを発見します。ジュンは急いでタクシーに乗り、研修院へ向かうことに。

その頃、目を覚ましたララは目の前にいるジュンホに「一体何が欲しいの?」と聞きます。ジュンホは「君の関心と愛情だ。僕たちは運命なんだ。覚えてない?初めて会った時君は大丈夫と笑ってくれた。僕を頼ってきたのに他の男とできるとは。悪いことをしたら罰を受けないと」というとララの口にガムテープを貼ります。

すると、そこにジュンが現れます。ジュンはすぐにジュンホに殴りかかります。そしてジュンホを突き飛ばすと、ジュンホは机のかどに頭をぶつけてしまい出血し、意識を失ってしまいます。

ジュンはそのショックで座り込んでいると、マンボクから電話が。ジュンは「その男は死んだかも」と正直に話します。

その後、現場に救急車と警察が来るとジュンは警察に連れて行かれてしまいます。ジュンは警察で指紋称号を受けると正体がバレてしまいます。

翌日、マンボクはジュンのところにジュンホの命に別状がないことを伝えに行くと「家に連絡しないか?私から電話すべきか一晩中悩んだよ」と伝えました。ですがジュンは「ダメです。もう少し時間をください」と断ります。

思い悩んだ末、ユンシルに電話するとすでにユンシルは警察にきていました。会話を聞いたハヨンたちもジュンが同級生であることを知ってしまいます。

ジュンはとうとうユンシルと対面してしまいます。ユンシルは「どういうことなの?どんな状況かわかってる?あなたは高校3年生なのよ。早く片付けてソウルに戻るわよ」と告げるもののジュンは「いやだ、帰りたくない。ちゃんと罪を償って自力で生きていく」と断ります。その言葉にユンシルは「まだ子供のくせに何が出来るのよ。幸いにもあなたが家出したことを父さんは知らずにいる。今戻れば全て元どおりになるから」と怒鳴るものの、ジュンも「冗談じゃない。家出するのは倒産への最大の反抗だった。なのに隠してたなんて。母さんはこれからも周りの視線を気にすればいい。俺は自力で生きるから」と怒鳴り返し、面会室を後にします。

その後、ユンシルはジュンの家へと向かうと理容室にいた主婦たちからララとジュンの関係を全て聞かされます。

それを聞くとすぐにララのいる病院へ。ララの顔を見てジョンナムに逃げられた新婦だと確信したユンシルはその場にいたハヨンとスンギに名刺をお金を渡し、意識が戻ったら連絡するように頼みました。

スポンサーリンク


ララは目を覚ますとジュンを探すために病院を徘徊します。そこでミンスとすれ違うと「ジュンの母親に会ったろ。あいつを見つけるためにここへ来たんだ。高3が勉強もせずに家出を」と聞かされます。その言葉にララは驚き「高3?家出って?」と聞くと「あいつは家出したソヌ病院の跡取りだ」と聞かされてしまいます。

それを聞いたララはすぐに病院を抜け出し警察署へ急ぎました。

その頃、調査を終え潔白が証明されたジュンはユンシルから「家に帰るの。前の生活に戻り勉強を再開するのよ」と言われてしまいます。ジュンは「俺はララに会いにいく」と逃げ出そうとするものの、ユンシルの部下たちに捕まってしまい連れ去られてしまいます。

警察に行ったもののジュンが母親と一緒にソウルに帰ったと聞かされたララは「話はこのことだったのね。なんで私を騙したの。どうしてよ」と警察の前に座り込み号泣してしまいます。

その夜、ララを心配したウンソクは一緒に公園でアイスを食べることに。するとララは「正直ショックが大きすぎる。ジュンに会ったら怒るべきか辛かったねと慰めるべきかよくわかりません。めちゃくちゃです」と本音を漏らします。ウンソクは「人というのはタイミングが合わず言えずにいることがある。抱えてるんだ。ジュンにも事情があるはず。だから落ち込まないで」と励ましました。

なんとか母親の元から逃げ出したジュンはスンギと会うとララが病院を出て行ったきりいなくなったことを聞かされます。そしてスンギに「これからどうする?」と聞かれると「ひとまず今夜はあの船に乗る」と答えます。それを聞いたスンギは「電話しろ、きっと待ってる」と携帯を渡しました。

ジュンはララに電話をすると「俺だ、会いたいよ。君に会いたい。チケットはある?船着場で会おう」と告げました。

そして2人は船着場で顔を合わせます。ですが、そこにはユンシルの姿も。ユンシルの部下に捕まったジュンは「10分だけでいい。ララと話させて」と懇願すると、そこにウミョンも現れてしまいます。

全員が驚愕する中、ウミョンは「2人を車に」と指示を出すとジュンとユンシルは車に乗せられ連れて行かれてしまいます。ララは何もできずに見送るだけでした。

ドドソソララソ第10話の感想と考察

ジュンはジュンホを見つけララを助け出すことができました。ジュンの咄嗟の判断力と行動力は高3とは思えないほどのものでした。ですが、ジュンホを命の危機にさせてしまったことでジュンは警察に保護され、身元がバレてしまいました。ジュンホが一命を取り止めたことで逮捕はされませんでしたが、ユンシルと再会してしまいました。きっとジュンは逮捕された時のショックよりも身元がバレてしまう恐怖の方が大きかったのかもしれません。

ユンシルに居場所がバレてしまい連れて帰られそうになったジュンでしたが、どうにか逃げ出しました。余程ソウルに帰るのが嫌なのでしょう。それには今まで明かされていない他のわけもあるように感じます。

結局最後はジュンとユンシルは何も知らないはずのウチョルによって連れて行かれてしまいました。2人はどうなってしまうのでしょう。そしてジュンはウンポに戻ってきてララと再会を果たすことができるのでしょうか。

ジュンが高3で家出していたことを知ったララやハヨンは非常にショックを受けているようでした。ララは茫然としてしまうくらいのショックだったようでした。ジュンが自分を騙していたこと、それを本人の口からではなく他の人から聞いてしまったのがかなりショックだったのだと思います。ウンソクに話を聞いてもらい少しは落ち着いたようでしたが、ララは次にジュンと会ったらどんな結論を出すのでしょうか。

それと同じくハヨンとスンギも同級生だったことにショックを受けていました。ハヨンとスンギは初対面の時に勝手にジュンが年上だと自分たちで判断して年上だと思っていたようでした。ある意味誤解が解けてよかったのかもしれません。

新たな局面を迎えたこのドラマがこれからどんな方向に進んでいくのか楽しみです。

まとめ

以上、ドドソソララソ第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です