ドドソソララソ第15話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ドドソソララソ第15話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ドドソソララソ第15話のあらすじネタバレ!

国際線のゲートまで行ったジュンはゲート直前でガヨンにスーツケースを返し、ガヨンと別れました。

ララはミスクと会うと思わず抱きつき泣いて再会を喜びます。ジュンはその様子を見てララに「先生に会わせたいわ」と言われたことを思い出していました。

ララはミスクをララ・ランドに連れて行くと今までの出来事の全てを話しました。それを聞いたミスクに「教室を作ってくれたジュンという人はどこに?会いたいわ」と言われると、ララは「別れました。私は嫌われたようです」と涙目になりながら話します。するとミスクに「私がいつも言ってたことを覚えてる?」と言われます。それに「もちろん」と答えると、ララは悲しみを打ち消すようにピアノを弾きました。

その夜、ララは「ずっと気になってたことを聞いても?先生の弟子は才能ある子ばかりでした。私は他の子より劣ってたのになぜ教えてくれたんですか?」とミスクに聞くと「ララ、あなたの演奏に喜びを感じたの。あなたの演奏には喜びが溢れてた。当時私は笑顔を失ってたの。だけど、落ち込んでた私を笑わせてくれた。あなたの演奏は人を笑顔にする。だからピアノをやめないで。もったいないわ」と答えられます。

そしてミスクから「うちの大学院に進学したらどう?学びながら私の助手としても仕事を」と提案されます。ララは「考えておきます」と保留にすることに。

翌日、ララはウンソクに大学院進学について相談します。それを聞いたウンソクは「寂しいですがやりたいことをすべきかと」とアドバイスします。それを聞いたララは「実はジュンとの思い出が詰まった場所で1人でいるのは辛いです」と本音を口にすると「言うべきか迷ったのですが言うことにします。この建物を買ったのはジュンです」と聞かされます。

ジュンはユンシクに医大に進学するのと引き換えにララ・ランドを買ってもらうのを頼んでいたのです。そしてユンシクはウンソクにお金を渡し、購入してもらうように頼んでいたのでした。

そしてウンソクは「ここを守るために進路を変えた男がなぜ君に別れを告げたのかわかりません。僕らの知らない事情があるのでは?」と話しました。それを聞いたララは「じゃあチュ室長が撮った写真は?」と疑問を持つと、ミンスの元へ。

ララはミンスを「真実を話してください」と問い詰めると、ミンスはララと別れるためにガヨンと恋人に見えるように写真を撮るように頼まれたことを明かしました。

その頃、ジュンは家で荷造りをしていました。

ララと会う予定だった日、ガヨンはジュンを連れ去ったのではなく、車の中でジュンは急に意識を失ってしまっていたのでした。後日、ジュンは検査をした結果、急性骨髄性白血病であることが判明したのでした。

それを聞いたジュンは1人思い悩んだ結果、ララとの別れを決断することに。

荷造りしているところにユンシルが入ってくると、ジュンは「弱った姿を見せたくないし早く俺を忘れるべきだ」と伝えました。それを聞いたユンシルは「そうね、大丈夫よ。完治したらララに会えばいい。まずは治療を最優先に。ジュン、あなたは私にとって宝物なの。あなたを絶対に失わないわ」と言い、抱きしめました。

改めてミンスの撮った写真を見返していたララは眼鏡をかけているジュンの姿に見覚えを感じます。

2019年春、ララとジュンはカフェで会っていたのでした。注文しようとしていたララでしたがジュンホに財布を取られてしまっており困っていると、ジュンが「一緒に会計を」とララを助けていたのでした。

「あの男性はジュンだったのね。なぜあの時のことを言わなかったのかしら」と思い立つと、ジュンの行方を探しにジュンの家に向かうことに。

ですが、すでにジュンはいなくなっていました。

その後、ララはジュンと最初に出会ったカフェに向かいました。ふと看板を見るとそこには「ドドソソララソカフェ」と。本当のドドソソララソはジュンだったのでした。

カフェに入ったララは「ジュン、あなたと出会ったカフェにきてる。あなたに会いたいけどもう会えないのね。私のキラキラ星様、辛かった日々を明るくしてくださりありがとうございました。あなたが私を嫌いでも私はあなたが好きです。あなたが隣にいて欲しい」とメッセージを送りました。

スポンサーリンク


それを見たジュンは車を降りるとドドソソララソカフェへ向かいました。

2人は再会すると座って話をすることに。ララは「ここで出会ったことをなぜ黙ってたの?」と聞きます。

するとジュンは「実はまた君に会いたくて頻繁にここに来てた。君に一目惚れしたんだ。だから来てた。なぜ卒業演奏会で知らんぷりしたかって?君を見つけてすごく嬉しかった。でも喜びはすぐに消えた。俺が先に好きだったとジフンに言えなかった。だから黙ってた、どうせ俺の片想いだったしな。式場で偶然会った時は胸がときめいたけどこれが最後だと思った。だけど結婚が破談になった上に父親まで亡くなったと聞いて君が気になり始めた。俺が純白のドレスを血で汚したせいで災いが起きたのかと。それでドドソソララソとして連絡を取り始めた。君が心配で。本当にウンポにくるとは思わなかった。俺が呼んだせいで事故に遭ったから真実を言いづらかった。SNSの君のメッセージは俺の気持ちを表してた。君のおかげで俺も楽しく過ごせた」と全ての真実を話しました。

そしてジュンは「君にはずっと忘れてて欲しかったのに思い出したんだな」と呟くと「なぜ忘れてて欲しかったの?」と聞かれます。それにジュンは「俺との思い出を消して欲しかったんだ。別れ話をしたのはアメリカに留学することになったからだ。だから君と別れるべきだと思った。君がここを思い出せば苦しむと思ったし」と嘘を伝えました。

それを聞いたララは「消せるわけないよ。だってあなたといた時間が今の私を作った。思い出はそう簡単には捨てられない。だけど離れるのは悲しい」と涙を流しました。

涙を見たジュンはユンシルに「2日欲しい。ララに会ったんだ。ララ・ランドに行きたい」と頼みました。ユンシルは行かせることに。

久しぶりにウンポに戻ったジュンはウンソクやハヨンたちと再会を果たし楽しい時間を過ごしました。

そしてその夜、ジュンはバッグから指輪を出すと「プレゼントだ」といい、ララの指にはめました。そしてララにピアノを弾いてもらうことに。それを聞いたジュンは号泣しました。

そして翌日ジュンはアメリカに旅立って行きました。

ドドソソララソ第15話の感想と考察

ジュンがララに別れを告げた理由は自分が白血病になってしまっていたからでした。ジュンは病気で自分が死んでしまった時にララの心に大きな傷ができてしまうからと真実を告げずに別れる決断をしたのでした。自分が辛い状況でもララのことを一番に考え行動しているのは、それだけララが大切な存在であると言うことの証明でもあると思います。

さらにドドソソララソがジュンであることも明かされました。ジュンは卒業演奏会以前にララと会っており、その時のカフェの名前がドドソソララソだったのでした。そしてその時にジュンは一目惚れをし、その気持ちがずっと今まで続いていたのでした。一途に思い続ける気持ちは素晴らしいと思います。その気持ちがあり、ジュンはずっとララを支え続けていたのでした。

事実を知ったララは驚きと喜びの両方の感情を感じているようでした。ずっと探し続けていたドドソソララソの正体がいつも近くにいてくれたジュンだったのは非常に嬉しかったのだと思います。そして別れを告げられた本当の理由がわかったことでララの心に残っていたつっかえが取れたように感じました。ただ、まだララはジュンが留学すると思っています。もし、ジュンが命に関わる病気だと知ったらララはどうするのでしょうか。ララは正気を保っていられるか心配です。

そして、ララはミスクに大学院への進学を提案されました。それへの決断もまだしていないようでしたが、ララはどのような決断を下すのでしょう。気になります。

ジュンは真実を告げないまま、病気の治療のためアメリカへと旅立ちました。ジュンは病気を完治して韓国へ戻ってくることはできるのでしょうか。そしてジュンとララは無事再会を果たすことができるのでしょうか。最終話でどんな終わりを迎えるのか楽しみです。

まとめ

以上、ドドソソララソ第15話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です