花郎(ファラン)10話のあらすじネタバレ&感想考察!

花郎,10話,ネタバレ

スポンサーリンク


花郎第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\花郎を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

花郎第10話のあらすじネタバレ!

ソヌたちは太鼓の音で起こされます。

ウィファは「近々中秋の祝宴が開かれるが、太后様と民の前で群舞と楽を披露せねばならぬ。これが2つ目の課題だ」と話すと、楽と舞を教える師匠としてウルクを紹介します。

ウルクは次々と花郎たちに楽と舞を教えていきます。

その頃、アロはウィファに「あの男はどこから来た方ですか?」と聞くと「そなたの兄を育てた方なのに知らぬとは」と答えられ、驚愕します。

その後、アロは1人で練習するソヌの元へ向かうと「今回も不可なら追い出されるかも。1人で練習してるから上達しないの」と舞を教えます。

それからも花郎たちは練習に打ち込みます。

そんなある日、パンリュは父親から手紙を受け取ります。それはヨンシルが実父のふりをして送った手紙だったのでした。それを読んだパンリュはその手紙を破り捨てます。

その頃、アロはウルクに会いに。アロは自己紹介をすると「ならマンムンの妹か?」と言われ、2人は落ち着いて話をすることに。

アロは「兄の育ての親に聞きたかったことが。兄は私に会いたがっていましたか?」と聞きます。

その後、アロはソヌと廊下ですれ違うと花束を渡されます。そんなソヌにアロは「兄上が兄で嬉しい。でも違う。あなたは誰?」と聞くと「そうだ、兄ではない。兄の友だ」と聞かされます。「なら兄はどうなったの?」と聞くと「死んだ」と。

アロは「なぜ兄上が死にあなたは生きてるの?」と聞くと「俺を助けようとして兵に斬られた。お前が兄と思わなくても俺は兄になる。お前の兄の願いだ。だからお前も妹になれ」と言われるものの、アロは涙を流しその場を去っていきます。

アロが泣いているのを見たジディはアロを追いかけることに。

ジディは誰に泣かされたか聞くものの「泣いてるのは自分のせいです。とても恨めしいのに実はほっとしてる。こんな自分が嫌でたまらない」と言われてしまい、何もすることができませんでした。

その後、仙門に戻ったジディはソヌに「一体何をして傷つけた?」と聞くものの、逆に「あの子は大丈夫なのか?」と問い詰められてしまいます。

翌日、花郎が神国のものか王室のものかでウィファとチソは揉めてしまいます。

スポンサーリンク


ウィファを侮れないと思ったチソは病で療養中だったスンミョン王女を呼び戻すことに。そしてチソはウィファを半ば強引に説得し、スンミョンを仙門に講師として迎えることに。

その頃、ジディは再びアロの元へ向かい話をしようとするものの、無視されてしまいます。無理矢理引き寄せ「私には何も感じぬか?」と聞くものの「兄は元気ですか?ご飯を食べれたかな」と言われてしまいます。

ソヌは2人が話しているのを目撃してしまいます。アロもソヌに気づくものの、ソヌは何も言わずその場から離れていってしまいます。

午後、スンミョンが仙門にくると、それを見たジディは「母上は何をお考えだろうか」と考えを巡らせます。

スンミョンは川辺に座っていると、スンミョンの近くに毒蛇が。たまたま川辺にいたソヌはそれを見つけると、木刀を使い毒蛇を追い返します。スンミョンは「なぜ殺さぬ?」と聞くと、ソヌは「毒を持って生まれたのが罪か?」と答えました。

その後、ソヌはアロと2人に。アロは「できないと言ったら?このまま兄と思って暮らすのは嫌だと言ったら?」と聞くと「何も変わらない。お前が嫌でも俺はそうする」と言われます。「嘘つき。本当の名前は?」と聞くと「名前はソヌだけだ。初めから名前はない」答えられます。

アロは「あなたを見るたび、自分が情けなくて嫌になる。出ていって、顔も見たくない」と告げると、ソヌは黙って従います。

花郎第10話の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

花郎第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で花郎第10話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば花郎第10話を今すぐ視聴可能です。

『花郎第10話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

花郎第10話の感想と考察

アロはとうとうソヌが本当の兄でないことを知ってしまいました。アロにとっては嬉しい気持ちと悲しい気持ちとの両方の感情が生まれたでしょう。しかし、実の兄がソヌを守ったことで死んだことを聞き、ソヌに対して少し恨みに似た感情を覚えているように見えました。

チソも真実を知られたことに動揺しているようにも見えました。今までと変わりない関わりをしようとするものの、どことなく距離感を感じてしまいます。アロとソヌの間には少し溝ができてしまったように見えました。2人の関係性がどう変わっていくのか気になります。

一方、ウィファとチソの対立も強くなっているように見えました。今後もこの2人はことあるごとに揉めるような気がします。

そんな中でウィファはジディのことを仕切に気にするチソに何か感じているように思えました。ウィファはもしかしたらジディが身を隠している王様だと勘づいているのではないかと思います。もし、バレているとしたらウィファがこれからチソとジディにどういう対応をするのか気になります。

チソは仙門にスンミョンを送り込みましたが、チソはどのような思惑があって送り込んだのでしょう。ジディの監視役なのか、それともまた別の理由か。思惑が気になります。

まとめ

以上、花郎第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です