花郎(ファラン)19話のあらすじネタバレ&感想考察!

花郎,19話,ネタバレ

スポンサーリンク


花郎第19話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

18話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\花郎を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

花郎第19話のあらすじネタバレ!

チソはスンヒョクを呼ぶと、花郎の前身である源花に任命することに。

その後、使節団だった花郎たちはチソに功績を讃えたいと呼び出されます。

ソヌもチソの前に行くと「花郎の前身は源花だ。アロを源花に任命し、私のそばに置く」と言われます。ソヌは「私一人では力不足ですか?」と聞くと「そなたを動かすのにアロを利用するのだ。王を僭称したのなら王の役割を果たせ。妹を失いたくなければ」と言われてしまいます。

その頃、ジディは木彫りの馬を隠していた場所に向かい、懐かしんでいるとスンミョンに見つかってしまいます。「そなたがなぜここへ?」と聞かれたジディは「迷ったのです」とごまかそうとするものの「あり得ん。馴染みの場所では?」と再び聞かれます。

「そんなわけがありません」とその場を去ろうとすると「兄上。王様では?」と言われると思わず足を止めます。ジディが兄だと気づいたスンミョンは「今までずっとこのような生き方を?」と涙ながらに聞くと、ジディは「そなたには想像もできまい」と答えます。

仙門に戻ったパンリュはヨンシルからもらった「苦労した甲斐がない」という手紙を思い出し、思い悩んでしまいます。

その夜、ヨンシルに会いに向かったパンリュは許しを乞うものの「お前を王にしたかったが考えが変わった。私が王になる」と言われてしまいます。それを聞いたパンリュは「ではお力になります。我が身を犠牲にしても」と伝えます。

その頃、チソから言われた言葉に思い悩んでいるソヌの前にフィギョンが。フィギョンは「民は王が現れた故、世が変わると喜んでいるが、その王が偽物なら失望も大きかろう。世を変えられるなら本物の王になりたくないか?私が王座に就かせてやる」と提案します。

ウィファはジディに会いに向かうと「私は王の器ではない」と落ち込むジディに「卑劣な王はたくさんいます。でも己を卑怯者だという王は少ない。それを口にできるのは勇気ある証拠です」と励まします。それでも「そんな私が真の王になれるのだろうか」というジディに「なんであろうとやり遂げるのです」と告げます。

スポンサーリンク


アンジはヨンシルに会いに向かうと「疫病の薬を買い占めたそうですね。譲ってください」と言うものの「もうしばらく待つのだ。もう少し広がれば譲ろう」と言われてしまいます。

タンセはハンソンに剣術の特訓をさせることに。何度やっても成果が出ないハンソンにタンセは「あと9回で1勝もできなかったら私はこの家を出る」と告げます。

翌日、チソはヨンシルを呼び出すと「摂政から退くつもりだ。勝負は終わった、そなたの負けだ。役目も終わりだ」と告げます。しかし、それはチソはソヌを王と信じ込ませるための作戦だったのでした。

その頃、ジディはアロの元へ。

ジディは「お前が好きだ。平凡な民として生きたい。私と添い遂げぬか?一緒になるため王座を捨てる覚悟でいる」と告白します。しかし「私を口実に逃げるおつもりですか?王としてなすべきことを悟られたはず。何かを諦めた人は目でわかります。王様は一度も諦めたことがない」と返されてしまいます。

その夜、ジディはヨンシルの家に忍び込むと、王の証の腕飾りを取り返します。そして寝ているヨンシルに剣を向けると「私がお前が探してきた顔なき王だ」と告げます。

その頃、ソヌは池に1人佇んでいると刺客たちに襲われてしまいます。ソヌは窮地に陥るものの、スホたちに助けられます。

しかし、戦っている途中でソヌは再び倒れてしまいます。

花郎第19話の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

花郎第19話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で花郎第19話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば花郎第19話を今すぐ視聴可能です。

『花郎第19話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

花郎第19話の感想と考察

ジディはついにスンヒョクに王であることがバレてしまいました。王宮で自由に歩いていたらバレてしまっても仕方ありません。

そしてジディはアロについに告白を。王座を捨ててもいいという捨身の告白だったものの、まだ諦めてないと言われ、振られてしまいました。しかし、ジディはこの言葉で自らが王に座る決意を固めたようにも見えました。その結果、自らヨンシルに王であることを明かしました。ジディが王座に座る日も近いかもしれませんね。

一方、ソヌは王のふりをするように言われてしまいます。悩み込む中で、フィギョンから本物の王にならないか?と提案を受け、悩み混んでいるようでした。ソヌは本気で王になってもいいと思い始めているようにも見えました。ソヌが本当の王になることがあるのか気になります。

そんな中で、ソヌは刺客たちに襲われてしまいます。パンリュが居場所を教えていたのを見ると、ヨンシルが送り込んだものたちでしょう。スホたちによって助けられたものの、意識を失ってしまったソヌは無事なのでしょうか。

まとめ

以上、花郎第19話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

20話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です