花郎(ファラン)22話のあらすじネタバレ&感想考察!

花郎,22話,ネタバレ

スポンサーリンク


花郎第22話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

21話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\花郎を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

花郎第22話のあらすじネタバレ!

ソヌは自害しようとしているタンセのもとへ。「死にたいだろうが死ぬな。俺にもわかる、その気持ちが」と言うと、ハンソンが書いた手紙を取り出し「じいさん宛だろうが、お前に宛てた気がする」と渡します。

そこには「兄上はこの世で一番信頼できる私の味方です」という文が。それを読んだタンセは号泣します。

翌日、ハンソンを花郎全員で送り出すことに。

その頃、チソのもとにヨンシルが。ヨンシルは「私の負けです。神国の未来を考えるなら退いてください」と頼みます。すると、次々と大臣たちが現れ、譲位を迫ります。

都では治療から戻ったアンジの元にフィギョンが。

「そなたの娘が源花になった」と聞いたアンジはショックを受けてしまいます。そんなアンジにフィギョンは「そなたの息子、いや我が息子を王にせねばならん」と告げます。

その夜、アンジはチソの元へ。アンジは「いまだに私が意のままになるとお思いですか?あなたの息子が王座に就く事はない。その前に我が息子を王座に就かせます。あの子は王になる資格を備えてます。あの子はチュンジョンとフィギョン様の息子で神国の聖骨です」と告げます。

源花任命式当日。

王女の墓参りに向かったアロの前に助けに来たソヌが現れます。

ソヌとアロは再会を感動し、歩み寄ります。しかし、ソヌの背後からソヌが必ず来ると読んでいたチソの部下たちがソヌに向けて矢を放ちます。それを見つけたアロはソヌの身代わりになり、矢に打たれてしまいます。

倒れるアロを抱きしめるソヌに対しても、矢は飛んできます。すると、そこにジディの護衛が「お逃げに。ここは私が。命を助けねば」と助けに入ります。さらにはスンミョンも助けに。

その頃、王宮でチソと大臣たちが会議をしているとそこに王の服を着たジディが現れます。そして「私が神国の王、チヌンだ」と宣言します。

ソヌはアロを連れてアンジの元へ。アロの様子を見たアンジはすぐに治療を。

ソヌはアロが打たれた責任を感じてしまいます。

スポンサーリンク


治療を終えたアンジは「命は取り留めた。何があった」とソヌに聞きます。ソヌは「太后が兵を。俺を庇い矢に当たった。俺がいる限り、アロはまた危険な目に遭う。太后はアロを利用すると」と全てを話します。

そしてソヌは眠るアロの元へ向かうと「すまない。そして愛してる」と伝え、キスをしました。

その夜、チソは「そなたの失態は伏せてやろう。静かに暮らせ。そこに身を隠せ」とジディに警告するものの、ジディは「失態ではない。前から私は王です。今日それを示したまでのこと。己の足て立つために、表に立ちやり遂げるために来たのです。私が夢見る神国をこの手で造るために」と言い返し、宣言します。

ソヌはフィギョンに会いにいくことに。

ソヌは「そなたが父なら俺にも母さん、そんな人が?」と聞くと「チュンジョン。神国の源花だった。あの日お前はお腹の中にいた」と聞かされます。

それを聞いたソヌは「今更父親だと?」と言うと「苦労の連続だったのは知っている。だが謝るつもりはない。王座とは無縁のまま自由に生きてほしかった。それがお前を守る最善の策だった。準備は整った。お前を王にする」と告げられます。

翌日、花郎ではジディが王様だと噂が回ります。

花郎たちの間でその話題で大騒ぎになっていると、さらにウィファが仙門を去ったと告げられます。

王宮ではスンミョンがチソに呼び出されます。すると、スンミョンの前でチソは倒れてしまいます。

花郎第22話の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

花郎第22話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で花郎第22話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば花郎第22話を今すぐ視聴可能です。

『花郎第22話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

花郎第22話の感想と考察

ソヌはアロを助けに向かうものの、自分が来たことによりアロが矢で撃たれてしまいます。ソヌはこうなるとは考えていなかったのでしょう。ソヌの命も危うくなるものの、ジディの護衛やスンミョンによって助けられます。まさかスンミョンもソヌを助ける側に回るとは思っていませんでした。きっとソヌに思いを寄せるからこそ助けたのでしょう。

そしてアロはアンジの必死の治療によって助けられます。命を落とすことにならずによかったです。

ソヌは自らが王家の血筋だと知り、かなり動揺しているようでした。そしてフィギョンに「お前を王にする」と告げられたソヌはどうするのでしょうか。本気で王になるつもりなのか注目です。

一方、ジディも大臣たちの前で自らがチヌン王だと宣言しました。ジディもついに自らの立場を明かす覚悟ができたようです。チソはどうしても自らの王座を死守したいようでしたが、ついに長年盛られた毒によって倒れてしまいます。もう王として摂政は出来なさそうですが、チソはどのような決断を下すのでしょうか。

ソヌとジディが王座を争うことになりそうな予感がします。

まとめ

以上、花郎第22話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

23話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です