花郎(ファラン)最終回(24話)のあらすじネタバレ&感想考察!

花郎,最終回,ネタバレ

スポンサーリンク


花郎最終回(第24話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

23話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\花郎を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

花郎最終回(第24話)のあらすじネタバレ!

ソヌから「神国の未来がかかってます」と頼まれたウィファは悩み込みます。

連れ去られたアロの前にサムメクチョンが現れると「お前は人質なのだ。お前の兄が王座を脅かさぬようにするために人質」と告げます。

翌日、サムメクチョンは仙門に向かうと「王室の親衛隊として王を守る花郎として務めを果たせ」と告げます。しかしソヌは「花郎は自由だ。花郎は自ら動く時、神国の未来を思い描ける。王を支えるかどうかは我々が決めることだ」と返します。

その後、サムメクチョンは王宮に戻るとスホから侍女が以前からチソのお茶に毒を盛っていたことを聞かされます。

サムメクチョンはすぐに侍女に剣を向けると「殺せ」と護衛に指示を出します。

侍女が連れていかれるとサムメクチョンは「どうして毒と知りながら拒まなかったのですか?」と聞くと「知った時にはすでに手遅れだった。茶を拒んでも奴らは他の手を使うはず」と聞かされます。「逃げればよかった」と言うものの「逃げたかった。でもこれが私の運命だ。守りたいものがあるなら強くなれ」と涙ながらに言われると、サムメクチョンも号泣してしまいます。

翌日、ウィファはサムメクチョンの命で仙門に戻ることに。

そして花郎たちの前に立つと「選ぶのはお前たちだ。この国を根本から変える花郎になるか、何も成し得ぬ存在になるか」と話します。

王宮ではサムメクチョンはアロのもとに向かうと「私は今日、真の王になる。礼を言わねばな。おかげで強くなれた。お前のおかげでここまでこられたのだ」と感謝を伝えました。

そしてサムメクチョンはついにチソから譲位され王座へ。

しかし、ヨンシルはサムメクチョンの前に立つと「本当にその座の主だとお考えで?我々の考えは異なります。ヨンシルはソヌを王に推薦します」と言うと、花郎たちが。

スポンサーリンク


花郎たちを引き連れソヌが入ってくると「花郎は神国の民として神国とその主君のため忠誠を尽くせ。チヌン王、万歳」と叫びました。

そして驚くヨンシルに剣を向けると「王様の命を狙い謀反を企てたヨンシルはその報いを受けよ。花郎の剣が容赦せぬ」と告げます。

向かい合ったソヌとサムメクチョンは「王座はお前のものだ。思い通りに国を変えろ」「お前を失望させぬよう最後までこの道を行く」とお互い心の中で話したのでした。

その後、ソヌはフィギョンの元へ向かうと「黙ってことを起こしてすいません」と謝ります。そんなソヌにフィギョンは「その選択を尊重しよう。その選択が誇らしい。母親も喜ぶだろう」と伝えました。

サムメクチョンは花郎でのことを思い返しているとチソに「己の力でここまで来たな」と言われます。それにサムメクチョンは「これからは私が背負います神国という荷を。必ずやこの神国を強き国にします」と答えました。

しかし、その後王宮に戻ったチソは倒れてしまいます。アンジは「死人と変わらぬ」と診断すると、チソに「話がある」と言われます。

チソは「いっそそなたの手で死にたかった。忘れようとしたが忘れられなかった。どうしても離すことができなった」と話し、アンジも「憎もうとしました。ですが、できませんでした」と伝えると、チソは「すまない」と言い、息を引き取ります。

そしてアロも解放されます。解放されたアロは急いでソヌのもとへ。抱きしめ合うと、ソヌは「これからは1人にしない、約束する」と伝えキスをしました。

それから半年後、任務から戻ったソヌはアロに「一緒になろう」とプロポーズを。

花郎最終回(第24話)の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

花郎最終回(第24話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で花郎最終回(第24話)を観たいですよね!

U-NEXTを使えば花郎最終回(第24話)を今すぐ視聴可能です。

『花郎最終回(第24話)』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

花郎最終回(第24話)の感想と考察

ソヌは結局自らが王になるのではなくサムメクチョンを王として認め、自らは花郎として王を守ることを決めたのでした。きっとソヌは最初からこうするつもりだったのだと思います。サムメクチョンの王座を脅かそうとする、ヨンシルを陥れるための作戦だったのでしょう。

ソヌがヨンシルも陥れてくれたことでサムメクチョンは無事に王座に座ることができました。ソヌとサムメクチョンはやはり切っても切れない友情で結ばれたのでしょう。

チソはついに毒の影響で亡くなってしまいました。しかし、死ぬ前にアンジに本心を伝えられてよかったと思います。

ソヌとアロはついに結ばれることに。サムメクチョンやスンヒョクが恋のライバルになったものの、最後までお互いを思い続けた2人の気持ちは本当の愛なのでしょう。無事に結ばれてよかったです。

まとめ

以上、花郎最終回(第24話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です