花郎(ファラン)8話のあらすじネタバレ&感想考察!

花郎,8話,ネタバレ

スポンサーリンク


花郎第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\花郎を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

花郎第8話のあらすじネタバレ!

前日にアロとソヌが楽しそうに勉強しているところを見たジディは「以前の借りを返せ」と言うとその日からジディも一緒に勉強をすることに。

そんなある日、ジディはアロから王について教わることに。アロが「私は顔なき王を気の毒に思う。母が下りてこないから自力で舞い上がる必要がある。幼いのに気の毒だわ」と話すろジディは「歓迎されぬ生もある。お前如きが王を哀れむのか。なぜ私を惨めにする」と思わず口にしてしまいます。

そしてアロに詰め寄ると、無理矢理キスをしてしまいます。

アロはどうにか引き離すものの、そこにソヌが戻ってきてしまいます。アロは身を隠すと急いで医務室に戻ることに。

その様子を目にしてしたソヌはジディに詰め寄ると「お前、何をした。妹に近寄るな」と殴り、警告します。しかし「嫌だ、お前の妹を好きになったようだ」と返されてしまいます。

その後、アロの元に向かったソヌは動揺しているアロに「今日は休もう。兄らしくなるまで待っていてくれ」とだけ告げ部屋に戻ることに。

翌日、ソヌが夜中に出歩いているのをウィファに見つかってしまったことで相部屋の花郎たちでウィファは担いで訓練することに。

その頃、王宮に来ていたアンジはめまいを起こしたチソの治療をすることに。鍼治療をしようとしたアンジは命を奪おうと思うものの、決心がつかずチソは目を覚ましてしまいます。

治療しながらチソは過去のことを思い出します。

昔、付き合っていた2人でしたが、チソに捨てられたアンジは婚約してしまいます。チソはアンジへの思いを捨てきれず「私と行きましょう。一緒に逃げて」と頼むものの、アンジに「私には家族が。もう手遅れです」と断られてしまいます。さらに「私をお捨てに?」と言うものの「私を捨てたのは王女様です」と言い返されてしまっていたのです。

治療を終えたアンジは「娘が仙門の医者に」と聞かされ、動揺してしまいます。

スポンサーリンク


後日、仙門で初めてのテストが行われることに。

水をもちいて王を論じた文を提出するものの、ソヌとジディはほぼ白紙で提出してしまいます。そのことをウィファに聞かれるとソヌは「俺の知り得る文字では書けない。だから言葉で答えます」と話します。

ジディは見事に綺麗事を論ずるとソヌは「戯言です。乾いた土地を見捨てることが王の道だと言うなら、その者は王にあらず」と言い放ちます。

ですがソヌはテストを不可となってしまいます。しかし、ウィファはソヌの答えに感銘を受けたのでした。

その後、ウィファは1人で釣りをしながらソヌの論を思い出していると、ジディから声をかけられます。「摂政に反対なのでは?」と聞かれたウィファは「私は王を知らぬが命を狙われたがゆえ隠れて暮らしてきた若輩者に何ができよう。力を持たぬ王は大臣たちに歯が立たぬだろう。未熟な王は神国に災いをもたらす。故に私は花郎を作ったのだ。未来を守るために」と答えました。

ソヌはアロが「こんな日に不謹慎ね。どうかしてるわ」と独り言を言いながら歩いているのを見つけると声をかけます。すると「あまり落ち込まないで。兄上はよく頑張ったわ」と励まされます。ソヌはアロの頭を撫でると「今日は母の命日なの」と聞かされます。

花郎第8話の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

花郎第8話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で花郎第8話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば花郎第8話を今すぐ視聴可能です。

『花郎第8話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

花郎第8話の感想と考察

ジディがキスをしてしまったことでソヌとジディの対抗心はさらに悪化してしまいそうです。ジディはソヌのことばかり気にするアロに振り向いて欲しくてそのような行動を取ったのだと思われますが、逆効果になってしまうのでは?と思ってしまいます。このジディの安直な行動が今後アロの気持ちにどのような影響を与えるのか気になります。

花郎で初めてテストが行われるものの、ソヌは付け焼き刃の勉強ではどうにもなりませんでした。しかし、言葉で論することにした切り替えは見事だと思います。その後の発言を聞いてもソヌは地頭は良さそうに感じました。さらにその論じた言葉でウィファはソヌのことを少し見直したようでした。ソヌのこれからの成長に期待です。

ジディはウィファから「力を持たぬ王は大臣たちに歯が立たぬだろう。未熟な王は神国に災いをもたらす」と言われたことに少し気持ちが揺さぶられているようでした。真っ当な意見を言われたことで自らのいる立場に気づいたのだと思います。ジディはいつになったら自分の本当の身分を明かすのか。動向に注目しておきたいです。

まとめ

以上、花郎第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です