韓国の社会派ヒューマンドラマ「グリーン・マザーズ・クラブ」11話のあらすじネタバレ&感想考察!人は知らぬ間に罪を犯す

グリーン・マザーズ・クラブ第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ウンピョ役イ・ヨウォンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』イヨウォンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

チュニ役チュ・ジャヒョンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チュジャヒョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

ジナ役キム・ギュリの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』キムギュリの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

グリーン・マザーズ・クラブ第11話のあらすじネタバレ!

ウンピョはドンソクを児童心理の専門家のところへ連れていくことに。

専門家に「見過ごされがちですが、いくら頭が良くても精神的にはまだ子供です。バランスを取るのは簡単ではありません」と言われたジェウンは「ではうちのドンソクは今?」と聞くと「原因となる外的要因は断定できませんが、PTSD(外傷後ストレス障害)による転換性障害でしょう。それが失声症として表れたのかと」と言われます。

その言葉にウンピョは「でも急になぜです?虐待したことなんて一度もありませんし、愛情を注いでます」と聞くと「天才児の特性かと。天才児は大人が子供に感じるようなもどかしさに苦しみます。気の合う友達も見つからない。しかし、友達の存在は大きいものです。そんな時に心の支えがないと、天才児は誰よりも深く傷つくのです」と言われてしまいます。

その後、ウンピョはジェウンに「私が間違ってたのかな?何を間違えたんだろう」と思わず口に。

その夜、ウンピョは悪夢にうなされてしまいます。

ジェウンに起こされたウンピョは一旦落ち着くと「一体どんな夢を?」と聞かれます。

ウンピョは「ドンソクが燃え盛るペンキ店の中にいたの。なのに私は気づいてなかった。私のせいだわ。息子の異変に気づかず浮かれて」と答えると、ジェウンは「違う」というものの、ウンピョは「私が追い詰めたからと言ったくせに」と言ってしまいます。

我に返ったウンピョは「ごめん。だけど、いくら考えても理由がわからないの。本当に私がプレッシャーをかけたから?塾で何か問題があったんじゃない?いじめられたのかも。突然話せなくなるなんて変だと思わない?原因があるはずよ。それさえわかれば、すぐにまた話せるようになるわ。すぐ治るわよね?」と聞くものの、ジェウンには何も答えてもらえず。

翌日、ウンピョは塾や学校に確認に行くものの、問題はなかったと言われます。

塾に行ったウンピョは塾長に話をすると「バーンアウトか。競争に耐えられなくなり、現実逃避することですよ。ストレスに弱い子は他の勉強法を探すべきかと」と言われます。

その言葉にウンピョは「バーンアウトのリスクを承知の上で子供を追い込んだんですか?息子は先生に従ったことで話せなくなりました。教育に携わるものとして罪悪感のかけらもないんですか?」と問い詰めると「勘違いなさっているようですが、なぜ我々に責任が?うちはあくまで学習塾で、人格の育成はしてません。お母様もその気でしたよね?」と言われてしまい、思わず「つまりは全ては母親のエゴが原因だと?専門家だと言いましたよね。親を弄ぶのもいい加減にして」と怒鳴ります。

しかし、「責任を負いたくない気持ちはわかりますけど、お母様の価値観に合う方法を見つけてください。どうぞお引き取りを」と言われてしまいます。

その頃、チュニは体育塾に行くとユビンが明らかな嘘をついている音声データを聞かされます。

チュニはユビンを問い詰めると「嘘は言いたくないのに、勝手に口から出ちゃうの。我慢できないの」と言われます。

チュニは家に帰りジュソクにそのことを話すと「よくもまあ偉そうにできたもんだ。勉強ばかりさせて、狼少女に育てたわけか。夫を顧みもしなかった結果がこれか?」と口論になってしまいます。

ユビンはその話を耳にしてしまいます。

その後、ジェウクはイライラし、闇カジノへ。

チュニは1人寝室にいると、ユビンが入ってきて「私ってイカれちゃってるの?」と聞かれます。

「そうじゃないわ。パパがカッとなって思ってもないことを言ったの。でもね、なぜ嘘をついてしまうのかちゃんと調べよう。必ず治療法があるわ」と優しく励まします。

深夜、チュニは児童精神科を掲示板で探すことに。

すると、ウィ子供クリニックを紹介されます。

その頃、ウンピョも目を覚ましてしまい、水を飲みにキッチンに行くと、書斎の電気がついているのを発見します。

扉を開けるとそこにはドンソクが勉強している姿が。

しかし、ドンソクはすぐに部屋に戻っていってしまい、鍵をかけてしまいます。

ウンピョは「早く開けなさい」とドアを開けようと。

その声に気づいたジェウンも目を覚ますと、ウンピョは無理矢理鍵を開けて、部屋の中に。

クローゼットに隠れるドンソクに「何をしてるのよ」と怒鳴るものの、ドンソクは萎縮してしまいます。

そこにジェウンが「出ておいで、抱っこしよう」と優しく声をかけると、ドンソクはジェウンの胸に。

ウンピョは落とした問題集を見ると、「いつの間に全部解いたの?毎晩寝ずに問題集を?しなくていいと言ったでしょ」と怒鳴るものの、ジェウンに「やめろ。怒鳴ることないだろ」と怒られてしまいます。

翌日、ウンピョはドンソクを連れて病院へいくと、そこにユビンたちも。

ウンピョは診察に入ると、専門家に「毎晩こっそり問題集を解いていたようです。そのせいでほぼ寝てない上に塾に行きたいとせがむんです、スパルタ塾に。なぜなのかわかりません。私はどうすれば?」と聞くと「急に状況が変わったため、不安を感じるのは当然です。ですが、それだけではないと思います。ドンソク君に勉強は好きかと聞いたら無表情でこう書きました」と言われ、「お母さんのお願い」と書かれた画用紙を見せられます。

そして「ドンソク君はお母さんの必死な思いを強く感じてきたようです。それが重荷になった可能性も」と言われた、ウンピョは自分の行動を思い返します。

その頃、チュニは「ユビンは承認欲求が非常に強い子です。今まで成績でしか認められたことがなく、自分が注目されないと不安なんです。そのために嘘をつき始めたのかと」と診察を受けます。

その診察を受けたチュニはユビンに「嘘は最初は簡単に思えても、雪だるまみたいに膨らんで最後には全部壊してしまうの。だから良くないのよ」と伝えます。

その夜、ウンピョはドンソクに「お母さんが悪かったわ。ドンソクの気持ちも考えずに怒ってばかり。本当はお母さんも悲しかったんだよ。あなたに言ってなかった本当のお願いがあるの。それはね、ドンソクが幸せそうに笑う顔を見ることよ。それを忘れてたの。これからはそれだけを願うわ」と伝えます。

翌日、遊びに連れていったウンピョはドンソクに「どうしたら楽しくなるかな?」と聞くと、ドンソクは手に文字を書き始めます。

「アンリ」と書かれたウンピョは「ドンソクはアンリに会いたいの?」と聞くと、ドンソクは首を縦に振ります。

その夜、ユンジュはスインをサッカーに連れていくと、母親たちが「母親が張り切って子供に無理させてたでしょ。学力大会で毎回入賞してたけど、子供から言い出すわけないもの。いくら賢くても心を病んじゃ意味ないわ」とウンピョの陰口を叩いているのを目撃します。

それに耐えきれなくなったユンジュは「今、なんと?人の噂話がそんなに面白い?ウンピョさんの前ではへこいらして、裏で見下すのは本当に呆れるわ。情報収取のためなら誰彼構わず取り入ろうとする厚かましい人だと有名なのよ」と楯突くと、喧嘩に。

翌日、ウンピョの家にユンジュが訪ねてくると、ウンピョは「ドンソクとアンリは仲が良かった?ドンソクがアンリに会いたいというのよ」と質問を。

「話せるようになったの?」と聞かれたウンピョは「手のひらに書いてくれた」と話すと「ドンソクとアンリは隣同士だったわ。スインがうるさい2人と言ってた。気があったのかも」と言われます。

その頃、チュニの元に男から電話が。

「知り合いを待たせてるんだ」と言われたチュニは「どれほど危険な薬かわかってるの?」と言うものの「だから無理だと言うのか?」と言われると「ええ、断るわ。その人には諦めるように伝えて」と断ります。

男は「金がいるんだろ?」と聞くものの、チュニは「そんな汚い金ならいらないわ」と怒鳴り、電話を切ります。

その夜、ウンピョはルイに電話をかけると「相談があるんだけど、ちょっと会えないかな」と持ち掛けます。

翌日、2人はカフェで会うことに。

ウンピョは「あなたにこんなことを頼むのは身勝手だとわかってる。でもドンソクが自ら会いたがる人がアンリしかいないの」と頼むと、「君も大変だったろう」と理解してもらえます。

帰り道、ウンピョは「フランスに帰ると聞いたわ。アンリにとってはここにいるよりいいはず」と話すと「本人は乗り気じゃない。行きたくないと言うから説得してる」と言われます。

そして、ルイは「それとさ、この前は君は悪くないのに怒鳴って悪かった」と謝ると、ウンピョは「いいえ、私が悪いのよ。自分のことしか考えてなかった。本当は一刻も早く罪悪感から逃れたかった。今までジナに劣等感を持ってたから。誰が見ても素敵な人だったでしょ。だけど、いまだに納得できないの。あれほど美人で上品で才能に恵まれた人がどうして?…。じゃあね」と言い、帰ることに。

ルイは1人になるとジナの母に電話を。

「アンリは落ち着きましたか?」と聞くと「ええ。アンリは嫌がってるのよ、何度言えばわかるの?」と言い返されてしまいます。

その頃、ヨンミは元夫から「ゴヌが子供達に暴力を?子供たちが怯えてるのがわからないのか?」と電話で聞かれます。

ヨンミは「何を根拠に?」と言い返すものの「新しい父親が怖いと泣いてた」と言われると、「躾のために厳しく叱ることもあるわ。暴力だなんてこじつけはやめて」と言い返すものの、「お得意の見て見ぬ振ふりか。子供達に何かあったらタダじゃおかないからな。しっかりしろよ」と言われてしまいます。

ヨンミは子供たちを連れて外に。

そして「最近変わったことはない?何か困ったことがあったら、気軽に相談してもらいたいの。何かあったら言うのよ」と聞くと、セボムは「あの、お父さんはお母さんを愛してる?私たちのことは好きじゃないみたい」と言い出します。

ヨンミは「どうして?」と聞くと、チュルビンから「僕たちにばかり怒るんだ。お母さんが留守の時に僕をトイレに閉じ込めたり、この前はお姉ちゃんに雑巾を投げた。あのコップもお父さんが割ったんだ。急に大声を出して、ベランダから放り投げたんだ」と聞かされます。

それを聞いたヨンミは「それはお父さんが芸術家だからよ。だから気が立ってたのね。お父さんの気持ちを理解してあげましょう」と無理やり納得させます。

その夜、ウンピョのもとに「ジナの母です。アンリのパパに聞いたわ、時間がある時に電話を」とメッセージが。

翌日、ウンピョは電話をすると「うちで遊ばせるのはどうかしら。話もあるし」と提案されます。

ウンピョは言われた通り、ジナの実家へ。

子供たちが遊びに行き、室内に入ったウンピョは「お話というのは?」と聞こうとすると、そこに子供たちが戻ってきてしまいます。

子供たちが部屋で遊んでいることを確認したウンピョは戻ろうとすると、ジナの部屋を目に。

ウンピョは思わず吸い込まれるようにジナの部屋に。

高校の制服を見てるとジナの母親が。

ウンピョは「この制服姿の学生は当時の私にとって憧れの存在だったんです。ジナは眩しいほどに輝いてた。実を言うと、ジナのことをずっと嫉妬してたんです。なんでも持ってるジナが羨ましかった。その罪悪感から、あの時はちゃんとご説明できませんでした。アンリのパパとの話は誤解です。それだけは誤解しないでいただきたいんです」と話すと、「ジナが本当になんでも持ってると?私が実の母でないことはご存知かと。私の存在そのものがジナを傷つけてたんです。聞いてないようね」と言われます。

その頃、アンリの絵を見たドンジュは「誰?」と聞くと「この家に住んでた女の子だよ。これがパパ、ママ、それとこの人はパパの教え子なんだ。女の子が一緒に住みたいとせがんだんだ。この家には女の子の面倒を見てくれる人がいなかった」と聞かされます。

ドンジュは「それで4人で幸せに暮らしたの?」と続けて質問を。

同じ話を聞いていたウンピョはジナの母に「でも、どうして面倒を見てくれる人がいなかったんですか?」と聞くと「実の母親は統合失調症だった。だから生まれた時から母親の愛を知らずに育ったの。それに自分も母親に似るかと不安がってた。私はジナに酷いことをしてしまった。あなたに怒りをぶつけたのも自分の罪を軽くしたかったからなのかも」と言われます。

後日、ウンピョはジナのお墓にお参りに行き、謝罪を。

さらに後日、病院を訪ね、相談室を出ると、そこにはチュニが。

グリーン・マザーズ・クラブ第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

グリーン・マザーズ・クラブ第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

グリーン・マザーズ・クラブ第11話の感想と考察

ドンソクはウンピョからのプレッシャーのせいで失声症になってしまったのでした。ウンピョはドンソクが失声症になったのが自分のせいではないと思いたかったようでしたが、専門家やジェウンに怒られたことによって、自分の行動を振り返り、反省することとなったのでした。

ウンピョは心を入れ替え、ドンソクのために行動するようになると、ドンソクも再び心を開くようになり、手に言葉を書いてくれるように。そして、会いたい人として名前を出したのはアンリだったのでした。ドンソクは仲が良かったからアンリに会いたかったのか、それとも他の理由があったのか気になります。

ウンピョはルイに頼むと、ジナの母と連絡が繋がったのでした。そして会いに行くと、ジナの実の母が統合失調症で、母親の愛情を受けずにジナが育っていたことを聞かされたのでした。ウンピョは初めてジナの育った環境を知ったことで、再び罪悪感に襲われていたようでした。

ですが、この時一緒に住んでいた教え子の女の子とは一体何者なのでしょう。もしかしたら、その女の子がルイがフランスに行こうとしている目的なのかも?

一方、ユビンは承認欲求が強いがために嘘をつき続けていたのでした。ユビンはチュニと同じように自分が注目され、持て囃されていた時が忘れられなかったようです。ユビンがそうなったのもチュニのせいと言えるでしょう。

チュニはジェウクに話すものの、ジェウクは一切聞く耳を持たずにユビンのことを「イカれた」と言ってしまいました。ジェウクは子供達に愛情は持っていないようでした。

そんな中で、チュニはユビンの病気を1人でどうにかすることができるのでしょうか。

お互いに子供が心の病を抱えてしまったウンピョとチュニは最後、鉢合わせてしまいましたが、一体どんな会話をするのでしょう。

まとめ

以上、グリーン・マザーズ・クラブ第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「グリーン・マザーズ・クラブ」のキャスト一覧はこちらをチェック!

韓国の社会派ヒューマンドラマ「グリーン・マザーズ・クラブ」のキャスト一覧(画像付き)!

ヨンミ役チャン・ヘジンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チャンヘジンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

ユンジュ役チュ・ミンギョンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チュミンギョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。