韓国の社会派ヒューマンドラマ「グリーン・マザーズ・クラブ」3話のあらすじネタバレ&感想考察!東の空が白む頃

グリーン・マザーズ・クラブ第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

イ・ヨウォンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』イヨウォンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

チュ・ジャヒョンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チュジャヒョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

キム・ギュリの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』キムギュリの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

グリーン・マザーズ・クラブ第3話のあらすじネタバレ!

ウンピョと衝突してしまったジナはショックを受けます。

翌日、ウンピョはチュニの家に。

「実はお願いがあってきました。お力を貸してください。私がいかに身勝手だったか思い知りました。教育に無頓着でした。何をすべきかすらわからないんです。どこから始めればいいのか」とお願いするものの「難しいお願いですね。申し訳ないけど、我が子に合う学習方法は母親自らが見つけるべきかと。私の軽率なアドバイスが裏目に出たら困りますし」と言われると、自分でドンソクを連れて塾を探すことに。

しかし、中々合う塾が見つからず。

その頃、ルイは出版社から「なぜ、自叙伝をご出版なさろうと?」と聞かれ「息子に真実を伝えるためでは答えになりませんか?」と答えると「ゴーストライターの手配を?」と言われます。

その後、ウンピョは買い物に行くと、ユンジュが他の母親たちと「ドンソクがランク外の問題児と噂になってる。同じ組にするなと苦情が入ってるそうよ。教授のくせになぜ子供の教育には無関心だったのかしら。何しに越してきたのかしら」「そうですよね。ここに越してくるなら、まず子供の実力を考えないと」と噂話をしているのを耳にしてしまいます。

ウンピョはドンソクに「おもちゃを見ててくれる?」と頼むと、ユンジュたちに「ランク外には他に誰が?A5ランクの優等生は誰なんですか?この町では子供にまで格付けを?よくも幼い子供たちを品定めできますね。親なら他人の子供を好き勝手評価しないで。子供がどれだけ傷つくと?」と怒鳴りつけます。

その夜、ウンピョはチェウンに「ドンソクを転校させる。こんな環境に子供たちを置いておけない。先輩のオルタナティブ・スクールを調べてみるわ、加平の」と話します。

「俺は?」と聞かれたウンピョは「署の近くに部屋を借りて、週に一度会いに来ればいい」と話すと「自分が恥ずかしいんだろ。逃げてたらあいつのためにならない」と言われるものの「後ろ指をさされるのにドンソクに黙って耐えろと?ドンソクはランク外の問題児だそうよ。あの子が何をしたと?」と訴えます。

翌日、ウンピョは家を売りに出すことに。

そして、オルタナティブスクールに行き、先輩に会うと「サンウィ洞に住んでるのよね。ジナに会った?彼女とは親友でしょ」と聞かれます。ウンピョは「私は彼女が嫌いでした。彼女へのコンプレックスか劣等感か、それとも…」と答えます。

その頃、ジナは個展の打ち合わせに行くと、先輩の担当者に「実はどうしても気になることがあって。ウンピョをご存知ですよね?私をどうして嫌いだと?」と聞きます。

すると「嫉妬してた。ウンピョはかなり上昇志向の強い子だった。でも注目されるのは入賞常連のあなたばかり。よく思ってなかったはず。絵を描かなくなって、転科したのもあなたが一因だと思うわ」と聞かされ、ジナは「私の存在がウンピョを傷つけてたのね」とショックを。

その夜、ウンピョは外でワインを飲んでいると、タバコを吸っているチュニと目が合います。2人は屋上で話すことに。

チュニから「引っ越すとか?なんだか申し訳ないわ」と言われたウンピョは「気にしないでください。私が無知だったんです」と答えると、チュニの元に1件のメールが。

それを見たチュニは先に席を外すと「今、届けられる?」というメールに「場所は?」と返信します。

週末、子供たちのサッカーの試合にウンピョは行くと、ジナから「引っ越すのね。私のせい?」と声をかけられます。

ウンピョは「そうじゃない。気にする必要ないわ」と言うものの「ごめんね。あなたのことを何も知らなかったみたい」と謝られると「知る必要なんてない」と告げます。

その後、ウンピョはルイと会うと「お願いがあるんだけど。今後は偶然会っても知らないふりをして。あなたと違って私は人に過去を知られたくない。それとフランス語もやめて」と告げます。

その頃、ユンジュの元にマンスが遅れて到着すると、チュニと目が合い、お互いに目を逸らします。

チュニは迎えに来る予定のチュソクに車で待ってるように連絡するものの、チュソクはグラウンドまで現れます。

チュソクはマンスを発見すると「マンスさんですよね?こんなところで会うなんて奇遇だ。薬を納品してくれたイさんだ」と声をかけます。マンスはユンジュに「前の会社で世話になったウルチュ病院の麻酔科のキム先生だよ」と紹介します。

その後、2家族は一緒にご飯へ。

マンスは見栄を張り、自腹で奢ることに。

その帰り道、チュニからマンスのことを聞いたチュソクは「薬の横領がバレてクビに?図太い男だ、無理して自腹を切るとは、見栄っ張りは相変わらずか。あいつ余計な話をしてないよな?」と聞くと、チュニは「その程度の常識はあるはず」と答えます。

ウンピョは家に帰ると、そこには義母が。

「理由は?私がどれだけ損するかわかる?あなたが育児そっちのけで勉強ばかりしてても、一言も口を出さなかったわ。子育てに専念できるように家まで譲ったのに、引っ越すですって?ジェウンは?」と聞かれたウンピョは「彼は週に1〜2日しか帰ってきませんし」と言うと「父親を置き去りにして子供たちと地方に?訳のわからないことを言うんじゃないわよ。家庭まで崩壊させる気なの?」と言われてしまいます。

その言葉にウンピョは「お気遣いいただいたのに勝手なことを言って本当に申し訳ありません。ですが、これだけは納得できません。夢を追いかけるのはそんなに悪いことですか?私はただ一生懸命に生きてきただけです」と言い返します。

そこにチェウンが帰ってくると、ウンピョは外に逃げていきます。

その後、チェウンから「母さんは帰した。子供たちは心配せずに出かけてこい」とメッセージが来るものの、行く宛のなかったウンピョはビールを買い、家に戻ることに。

マンスはスインに「ユビンと仲がいいのか?」と聞くと「同じクラスで、塾も一緒なの。英才学院で」と聞かされ、さらに「ユビンはどこに住んでるの?」と聞くと「素晴らしき景色の902棟だよ」と教えられます。

その頃、チュニはユビンに「あのおじさんと何かあったの?余計な話はしてないか、とパパが言ってたから」と聞かれると、「無駄口を叩いてないで集中して」と腹を立て、再びベランダにタバコを吸いに。

ウンピョとチュニは再び鉢合わせると、ウンピョは「気になってたところがあるんですけど、一緒に行きませんか?」と誘い、ワインを飲みに。

チュニに「1つ聞いてもいい?もしもの話だけど、近所で元彼に再会したとする。どんな気分だと思う?」と言われたウンピョは「クソみたいな気分」と答えると「そうなの。あなたって面白いわ」と2人は笑いあいます。

さらにウンピョは「私も1つ告白しても。実は私、教授じゃない。実は全部辞めさせられたの。クビよ」と話し、2人は楽しい時間を過ごします。

その帰り、タクシーが捕まらなかったチュニは友人を呼ぶことに。

ウンピョは「羨ましい。すぐに駆けつけてくれる友達がいるなんて。親友なんですね。こんなに優しいイケメンが男友達なんて」といい、家の近くまで送ってもらうと、ウンピョは「チュニさん。降りて二次会に行きましょう」と誘います。

チュニも降りようとすると、その男は「君は俺と行くところがあるだろ」と言い、チュニを連れ去ろうと。

しかし、ウンピョは持っていたワインボトルを車に投げつけ、どうにかチュニを助けます。

そしてそのまま警察に行くことに。

警察から「お二人の関係は?」と男との関係を聞かれたチュニは「知らない人です」と答えると、男は「この際暴露してもいいんだぞ」と言い出します。

すると、そこにたまたまウンピョを知っている警官が。

そのおかげで2人は解放されます。

そして2人は楽しげに家まで帰ります。

その様子をジナはたまたま目撃してしまいます。

後日、ウンピョはジナとカフェに行くと「引っ越す前に伝えたかった。全部、私の劣等感のせいなの。過ぎてみればなんてことない話なのに。とにかく、次は笑って会いましょう」と話を。

そして帰ろうとすると、ジナに「待って。私、聞きたかったことがあるの」と言われるものの、内見をしたいという連絡が来てしまい「悪いけど、また今度でいい?」と帰ることに。

そして内見をしていると、ウンピョはドンソクの担任から呼び出されます。

担任はヨンミにも連絡すると、学習についていけてないチュルビンに自宅学習をさせるよう提案するものの、断られてしまいます。

さらに翌日には保護者掲示板にヨンミは「私は母親であり、教師ではありません。この国の母親たちは本来の務めを果たせず、教師、そしてマネージャーの役目を強いられています。家庭で勉強させるよう指示するのは、教師としての職務法規であり、教育格差を助長する行動です。子供達の初等教育に責任を持っていただきたい。この問題は教育庁ホームページと政府の請願サイトに投稿する予定です」と投稿を。

そしてヨンミは保護者を集めると、家庭教育や先取り学習を助長する英才学級と、英才推薦制度の廃止を提案します。

しかし、チュニは「誰が賛同を?我が子に望めないのが悔しいだけですよね。それなのに、社会のためだと正当化を?正直になっては?ジュルピン君に恥をかかせた先生に腹いせしたいだけですよね?個人的な復讐を正当化しないでください」と反論を。

すると、ジナは「私は正直に言って、ユビンのお母さんには同意しかねます」とさらに反対意見を。

その頃、ウンピョはドンソクを知能検査に連れて行くと「ドンソクくんはトップクラスの高知能児です。空間認知力については上位0.01%の英才だと言えるでしょう」と言われます。

グリーン・マザーズ・クラブ第3話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

グリーン・マザーズ・クラブ第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

グリーン・マザーズ・クラブ第3話の感想と考察

ウンピョは他の母親たちがドンソクのことをランク外の問題児と噂している話を聞いてしまったことで、転校させることに決めたようでした。子供がランク付けされていることがウンピョにとっては屈辱だったようでした。

さらに、ウンピョがジナを嫌っていた理由が明らかになりました。ウンピョはジナへの劣等感のせいで嫌っていたのでした。それだけにしては避けすぎなような気もします。もしかしたら、それ以外にも理由があるのかもしれません。

そんな中で、ウンピョはチュニとの仲を深めていたのでした。

ベランダでお互いに悩んでいる中で顔を合わせたことで、気持ちを分かり合えるようになり始めていたような気がします。仲良くなり始めた中でウンピョが引っ越していくのはチュニにとっては少し寂しさを感じるのかな?と思います。

チュニはウンピョと話している時に「今、届けられる?」というメッセージが届いたり、飲み終わりに見知らぬ若い男を呼び、連れ去られそうになっていましたが、チュニにどんな秘密があるのでしょう。男との関係も気になります。どんな裏の顔があるのか。

さらに、チュニとマンスの間にも何か深い関係がありそうな気がしました。「元彼に再会したとする」と話しているのを聞くと、もしかしたらチュニとマンスは過去に付き合っていたのかもしれません。

チュソクも「あいつ余計な話してないよな?」と言っているのを見ると、マンスとチュニ一家の間には色々な秘密がありそうです。

最後、ヨンミが家庭教育や先取り学習を助長する英才学級と、英才推薦制度の廃止を提案したことで、再び母親たちの間での対立が始まりそうでした。それぞれ意見がある中、どのような対立構図になるのか気になります。

さらに、ドンソクが劣等生ではなく、高知能児であることが明らかに!これがわかった今、ウンピョはドンソクを転校させるのか、それとも考えを改めるのか。その決断にも注目したいです。

まとめ

以上、グリーン・マザーズ・クラブ第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「グリーン・マザーズ・クラブ」のキャスト一覧はこちらをチェック!

韓国の社会派ヒューマンドラマ「グリーン・マザーズ・クラブ」のキャスト一覧(画像付き)!

チャン・ヘジンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チャンヘジンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

チュ・ミンギョンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』チュミンギョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。