ヘチ(韓国ドラマ)16話のあらすじネタバレ&感想考察!悪の痕跡

ヘチ,16話,ネタバレ

スポンサーリンク


ヘチ第16話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

ヘチ第16話のあらすじネタバレ!

タンは兵士達から隠れながら「僕のどこがだめだったんだ」と自問し始めます。すると、兵士に見つかってしまいます。タンは再び兵士を殺してしまいます。そして「もうどうにでもなれ」と呟きます。

王宮にタンがいることを聞いたグムは兵を集めさせ、王様たちの警護をさせることに。

ユンは何事かと外に出てくると、そこにタンの姿が。グムもそこに戻ってくると「何をしている?」と剣を向けます。するとグムは剣を捨て「王に用はない。お前を道連れにする。一緒に行こう。死ぬならお前を連れて行く」と笑い始めます。

ムンスたちに連れてこられたビョンジュとジグァンは取調室に送られます。

その頃、タルムンはユニョンをかくまうことに。

翌日、タルムンの元にタンの屋敷に捜査が入ることを聞かされます。「兵が他に誰か探してたか?」と聞き「一緒に住んでた悪女ですか?」と聞かされたタルムンは「よくないとは思ってる。だが、境遇がマシだったらあんな道は選ばなかったと思う。俺も望ものをやれなかった」と後悔を口にしました。

グムはタンの取り調べに向かうと「フォンを殺したのもお前だな」と聞きます。しかし「俺が?違う。お前が邪魔しなきゃフォンは死ななかった。なぜお前なんだ」とほくそ笑みながら言われると、グムは思わず胸ぐらを掴み「必ずお前を罪に問わせてやる」と言います。

グムは王宮に戻ることに。

捜査の結果、ユンはソニョンとギジンたちは島流しの刑に。チャンジュン、イギョムは島流し毒薬を下されます。さらにタンは孤島へ流したうちに死罪にすると言い渡します。

その夜、グムはムンスとタルムンに会いに向かうことに。仲間達と飲んでいたタルムンを呼ぶと、グムはお礼を伝えました。するとタルムンは「実は他にも秘密があります。でも最後まで話せないかと」と伝えます。グムは「構わない。訳があるのだろう。話があるから何かと思ったが」と答えると「ところでタンのことですが、毒薬を下すのを急ぐべきでは?気になることが。島に流される日、タンが笑っていた」と聞かされます。

その頃、内医院に謎の血痕が。

スポンサーリンク


ユンはなぜかグムが王の席に座る夢を見ます。しかし、胸が苦しくなって起きてしまったユンは承政院のトスンジを呼ぶことに。

翌日、ユンはグムに摂政を任せる王命を下すことに。グムは大妃からそのことを聞かされ、説得されます。グムは父親から言われた言葉を思い出すと、王命を受けることに。

グムは人事改革をすることに。司憲府の人事を改め、大司憲にグァンジャを指名することに。そしてグァンジャに司憲府の改革を任せます。

高官全員で会議を行うことに。そこには監察長になったヒョクも。

その後、ジノンから「あの晩、タンは捕らえられていなかった。王宮でタンを見たんです。逃げる機会があったのに」と聞かされます。

グムは「逃げる時間があったのに一体なぜ王宮に残ったのか?」と考えます。タンの情報を集め始めると、主治医から王様が煎じ薬を飲んだら倒れたと報告が。

さらに内医院の柱に血痕が付いていたという話を聞いたグムは王様が飲んでいた薬を投げ捨てます。

ヘチ第16話の感想と考察

タンは再び兵を殺してしまい、ついにグムたちに捕まってしまいます。さらには他の罪人達も逮捕され、グムや王宮の人たちは安堵していたようでした。これでグムの罪も晴れたので良かったと思います。

しかし、タンは島流しに会う日にうすら笑いを浮かべていました。タンはなぜあのタイミングで笑みを浮かべたのでしょうか。もしかしたら、何か思惑があるのかもしれません。それにユヒョンも関わっているのか気になります。

一方、グムは摂政を任されました。これで父の意思を現実にできたので良かったと思います。そしてすぐに司憲府の改革を始めました。グムは元から司憲府の改革を考えていたのだと思います。これで国の不正なりを全て正すことができるのか。そして、ここからどのように改革していくつもりなのか気になります。

最後、王様は煎じ薬を飲んだことで血を吐いて倒れてしまいましたが、グムは王様を助けることができるのか注目です。

まとめ

以上、ヘチ第16話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

17話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です