ひかり男子高生徒会3話のあらすじネタバレ&感想考察!誰にでも優しい彼

ひかり男子高生徒会,3話,ネタバレ

スポンサーリンク


ひかり男子高生徒会第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\ひかり男子高生徒会を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
ABEMAプレミアム
独占見放題
◎ 2週間無料

今すぐ見る

ひかり男子高生徒会第3話のあらすじネタバレ!

ある日、生徒会室にダオンに助けを求める生徒が。ダオンは仕方なく出ていくとナムグンが「会長の弱点は断れないことだ。頼みや相談をなんでも聞いてしまう」と聞かされます。

そしてダオンは問題を解決し戻ってくるとダジョンにソヒを紹介します。ソヒはひかり女子高の生徒会副会長だったのでした。ソヒはダオンに片思い中だったのです。

挨拶を交わすと、ソヒは帰っていくことに。

ナムグンはダオンに「いつ恋人になるんだ?」と茶化すと、ダオンは「そんなことはない。ソヒは妹同然だ」と答えます。

その後、生徒会室から出て行ったシヌをテギョンは追いかけ、仲良くなろうとご飯に誘うものの断られてしまいます。

テギョンは思わず「気になってることを聞く。なぜ嫌うの?理由があるだろ」と聞くものの「理由なんかない」と言われてしまいます。しかし、納得いかないテギョンはシヌをつけて回ることに。

しつこくつけてくるテギョンにシヌは痺れを切らし「望みはなんだ?」と聞くと「何度も聞いてる。なぜ僕を嫌うの?理由を知りたくて追い回してる。理由を聞いたらもう追い回さない」と言われます。シヌは「その態度がムカつくんだ。馴れ馴れしくするな。お前の顔なんか見たくない」と告げると、テギョンはショックを受けてしまいます。

放課後、ダオンはテギョンを合コンに誘います。テギョンは一度は断るものの、一緒に行くことに。さらにそれを聞いたソヒもついていくことに。

スポンサーリンク


食事に向かうものの、つまらなくなったテギョンはトイレに行くことに。するとダオンもついてきます。そしてダオンは「もう帰ろう。僕も疲れた」と言います。テギョンは「会長はよくこういうことを?」と聞くと「友達に頼まれたから断れずに」と答えられ、思わず「断ればいいのに」と口にしてしまいます。

帰宅中、テギョンは「なぜ番号を教えたんですか?一番好きな人だけに教えるべきでは?」とダオンに聞きます。すると「断れないよ、可哀想だろ」と答えられ「なぜ?」と再び質問を。すると「傷つけるのも傷つくのも嫌なんだ」と答えられます。

その後、ダオンと別れ帰っているとシヌが不良たちに絡まれているのを目撃してしまいます。テギョンはシヌを連れて帰ろうとすると、殴られてしまいます。

シヌは不良に向かって「こいつに触るな」と告げると「本当に彼氏なのか?」と聞かれます。

ひかり男子高生徒会第3話の最新話を含めABEMAプレミアムですぐに視聴する

ひかり男子高生徒会第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でひかり男子高生徒会第3話を観たいですよね!

ABEMAプレミアムを使えばひかり男子高生徒会を今すぐ視聴可能です。

『ひかり男子高生徒会3話』を無料視聴する/

2週間以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムのサイトにてご確認ください。

ひかり男子高生徒会第3話の感想と考察

以前、生徒会室にいた生徒はソヒだったのでした。ソヒはダオンに片思いを続けており、足繁くダオンに会いに来ていたのでした。しかし、ダオンはソヒと恋愛をする気はないようです。実ることのない恋愛をソヒはいつまで続けるのか。それともソヒは無理矢理にでもダオンを振り向かせるのか、恋の行方が気になります。

テギョンはダオンの断れない性格に違和感を感じていたようでした。断れないことがいいことなのか悪いことなのか、理解できないようでした。テギョンはダオンを見てどう自分の性格を変えるのか気になります。

そんな中、テギョンは絡まれているシヌの姿を発見しました。その不良は「彼氏なのか?」と質問していましたが、なぜシヌにそのような質問をするのか。もしかしたらシヌは同性愛者なのかもしれません。

テギョンはシヌを救い出そうとするものの殴られ、気を失っていましたがテギョンは大丈夫なのでしょうか。

まとめ

以上、ひかり男子高生徒会第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です