華政(ファジョン)最終回(65話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


華政最終回(第65話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

\華政を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

華政最終回(第65話)のあらすじネタバレ!

ヨンはジュソンに「こうなる運命だった不義の権力が続くはずがない。なぜもっと早く思いとどまらなかった」と告げるものの、ジュソンは「イヌはどうなった。答えろ」と聞くだけでした。

その頃、ジュウォンは医官からイヌは出血がひどく蘇生するのは難しいと告げられてしまいます。

イヌは横で泣きながら看病してくれている貞明公主に対し「最後に姿を見たいのに、それなのに何も見えません。しかし、私は大丈夫です。公主様の姿もジュウォンの姿も記憶の中にとどめて逝けます。大切な分だけどうか幸せになってください」と伝えます。

さらにそこにジュウォンが来ると「そんなに悲しまないでくれ。お前が唯一の友だった。そばで共に公主様をお守りできて嬉しかったよ。同じ志を持ち…」と話すと、そのまま逝ってしまいます。

その夜、ジュウォンは牢に向かうと、ジュソンにイヌが死んだことを知らせます。

それを聞いたジュソンは「そなたはこれで終わりだと思うか?本当に思うのか、そなたたちの勝利だと。私を消せば世の中を変えられると。理想の世を作れるでしょうか。いや、私がいなくなってもまた次に別の誰かが現れる。そしてこの世を動かす力を手にするはずだ」とジュウォンに話します。

そう言われたジュウォンは「わかっています。我々は再び倒れるでしょう。しかし地位を守るために戦うのではありません。何度倒れても再び立ち上がる方法を忘れぬためです。そして、我々の次に志を共にする別の誰かが続くでしょう」と言い返しました。

そして最後に「イヌはジュソン殿を恨んではいませんでした」と伝えると、牢を後に。その言葉を聞いたジュソンは思わず涙してしまいます。

翌日、王であるヒョジョンは「不義を働いた不逞の輩に今日こそは厳しい裁きを下す。今後、国の力は国家と民のモノとなる。私は今日の処罰を機に、我が朝鮮を真の主である民の国へと戻す」と宣言します。

スポンサーリンク


そして各所で次々と裁きが行われます。ジュソンも裁きを受けます。

公主は全てが終わるとジュウォンに「これで終わりだとは思いません。今日は私たちが新たに出発する日です」と伝えました。

そしてヒョジョンの元へ。

ジュウォンは王からの人事を辞退することに。そのことを聞いたヨンはすぐに確認しに来ると「はい、事実です。今頃公主様が王様と話してるでしょう」と伝えます。

公主から同じことを聞いたヒョジョンは「なぜ辞退するのですか?彼らにはその資格があります。私には皆様の力が必要です」と聞くと「ありがとうございます。しかし私は王様のおそばで国事を論じることはできません」と答えられます。それでも「理由を教えてくれませんか?」と聞くと「なぜならこれから私たちが王様の敵になるからです。今日、この執務室を出た瞬間から私は王様の味方ではなく敵なのです」と答えられます。

そして「権力者はいずれ志を忘れてしまう。だから私はお側ではなく向かい側に立ちたいのです。故にこれからは私の敵になり間違いを犯した王と戦う」と伝えたのでした。

そう告げた公主はジュウォンと共に別造庁に戻ったのでした。

華政最終回(第65話)の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

華政最終回(第65話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で華政最終回(第65話)を観たいですよね!

U-NEXTを使えばサマーガイズを今すぐ視聴可能です。

『華政最終回』を無料視聴する/

2週間以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

華政最終回(第65話)の感想と考察

イヌは結局助からずに亡くなってしまいました。ただ、本人が言った通り唯一の親友だったジュウォンや公主たちに見守れられながら亡くなれたのは本望だったと思います。

ジュソンはそのことを聞かされ、さらにイヌが恨んでいなかったことを聞くと涙してしまいました。親としてイヌが恨んでいなかったことを聞いたことで自分がしてしまったことの重大さ、また今までの後悔が込み上げてきていたように見えました。その結果、罪滅ぼしの思いもあり、刑が執行される時も黙って受け入れたのだと思います。

公主は王様から素晴らしい職を用意されるものの、それを辞退して別造庁へと戻りました。今回のような戦いを繰り返したくない思いからでした。公主らしい選択だったと思います。その決定を受け入れたジュウォンも素晴らしいと思います。

そして明朝の人々に裁きを下す決定をしたヒョジョンも素晴らしい選択をしたと思います。公主は「権力者はいずれ志を忘れてしまう」と心配していましたが、きっとヒョジュンならそのようなこともなく、平穏な生活が戻ってくることでしょう。

まとめ

以上、華政最終回(第65話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です