調査官ク・ギョンイ11話のあらすじネタバレ&感想考察!

調査官ク・ギョンイ,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


調査官ク・ギョンイ第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

調査官ク・ギョンイ第11話のあらすじネタバレ!

イギョンはソンテを吊り橋の上で捕まえると「イケメンの弟は元気です?もしかして彼は」と投げ掛けます。「恋人はいません」と答えられるとイギョンは「タイプなの、ヒョンテはどこにいるんですか?」と質問を。

「きっと家でしょう」と答えられると、イギョンは「いなかったよ。彼は私が殺したいタイプなの。みんながあいつは殺すべきだというから」と脅します。

ソンテは助けを求めるものの、誰もおらず、どうにもならず。イギョンは「弟に自分の将来を潰されそうで心配よね。でも弟が死ねば若い弟を亡くした市長候補で同情される」と話を。

その後、イギョンはヒョンテの居場所を見つけ出すものの、すでにヒョンテの姿はおらず。

山を降り、逃げ出したヒョンテはギョンイたちに捕まると車に乗せられ食事に。

その後、ジェヒはヨン局長に連絡し呼び出します。

拘束したヒョンテを見せると「あなたに感謝すべきね。ヒョンテを守ったお礼はきちんとするわ」と言われます。

その言葉にギョンイは「その後は?ケイは絶対に諦めませんよ」と聞くと「私に任せてちょうだい」と答えられてしまい「大切な息子さんの命を救う方法は1つしかないけど。ご存知ない?警察へ」と話をします。

するとヨン局長は「息子を保護したのはケイのために利用したいからでしょ?だからほどほどに感謝するわ。息子を頼むわ、そのくらいやって」とギョンイたちに頼むことに。

その夜、ギョンイは「ケイならわざわざ探したりしない。相手に出て来させるのよ」と推理を。

翌日、USBに入っていたヒョンテが麻薬を吸引している姿の映像がテレビで報道されてしまいます。

ヨン局長はどうにか噂を沈静化しようと。

さらに翌日、ソンテが演説を行なっていると卵を投げつけられてしまいます。

プライドを捨てギョンイに頼みに向かうことに。

「1つだけ頼むわ。命だけは助けて」とヨン局長は頼むと、ギョンイ「計画があるのはあるけど、成功するかどうかは怪しいです。それは私を疑ったら成功しないんです」と言われます。

すると、ヨン局長は土下座し「いう通りにするわ」と頼みます。その行動にギョンイは「私を信じて従ってください」と話します。

一方、イギョンはゴヌクと再び合流すると「これには船上以外の動画も入ってた。消されたばかりだけど。みたいなら啓治さんが持ってるかも。全員見つけて殺そうぜ」と提案されます。

その提案にイギョンは「あの人たちの中で一番私を好きそうなのは…」と。

翌日、ギョンスはデスクに向かうとパソコンに起動ドライブが。そこのフォルダーの誤字を読んでいくとそこには「殺すべき奴がいるでしょ。殺してあげる、教えて。7階男子トイレで密談を。ケイ」と。

それをみたギョンスは密談へ。

天井からイギョンが現れ「そいつらを殺してあげるから」と言われると、ギョンスは「この中の奴らは本当に悪魔だ。次はお前をこの手で」と言いながら、USBを渡すことに。

データを手に入れたイギョンは次々と権力者に手をかけていきます。

後日、イギョンはギョンイにこ「忙しそうね。私に話があるでしょ」と声をかけられます。

その頃、ヨン局長はボランティア活動をしていると、ある記者から顔に硫酸をかけられてしまいます。

連絡を受けたギョンイは病室に向かい、包帯だらけのヨン局長の写真を撮ると「じゃあウサギの記者会見を準備して」と頼みます。

その後、ヒョンテのもとに弁護士がくると会見の準備を。

すると、弁護士の携帯に「家族がお前を殺す気だ。止めたければ10億を用意しろ」とメッセージが。

それを聞いたヒョンテは携帯を借りると、そこに音声データが。

再生するとホンテ「もう弟が問題を起こす心配もない。確かにあいつが死ねば母さんも私も世の中も楽になる。殺してくれ、頼みます」がと話している音声が。

ヒョンテははすぐその連絡先にコンタクトを。

スポンサーリンク


ヒョンテは「10億はすぐには作れない。まず5億だ、安全を確認したら残りの5億。安全の意味がわかるよな」と話すと、イギョンは「いう通りにする?」と聞き返します。するとヒョンテは「なんでもな。その代わりお前もしくじれば死ぬ」と話します。

記者会見当日。

会見前、ヒョンテは車でヨン局長に会うと「母さんも知ってた?」と音声データを聞かせます。そして「今後は自分の好きにするよ。会見後に出国して自由気ままに生きるから」と去っていきます。

すると、そこにイギョンが。キム部長から銃を奪ったイギョンは「来れば今は殺さない。そのあとは行って考える」と言い、ヨン局長を車から下すと、迎えに来たゴヌクの車に乗せます。

その頃、会見会場にはウサギの耳をつけた女性たちが。

そしてそこにヒョンテが現れ、会見を始めると女性たちは警備の隙をつき、ヒョンテに飛びかかります。

イギョンはステージにヨン局長を連れて行き、椅子に縛り付けます。

その頃、ダムのデータに写っていた人物たち20人は動画を消してもらうために現金で1億ウォンを持たされ、1箇所に集められます。さらにそこにはソンテが。

イギョンはその映像を見せると「国のお偉いさんらしいけど、この人かあなたを殺したいんだけど、どっちがいい?」と迫ります。

「難しい質問じゃないはず。どっちが悪い?20名殺して息子を助ける?息子を殺して20名を助ける?もし息子を犠牲にして20名を助けたら今回だけは彼らを許してあげる。選んで、10秒を超えたら両方死ぬわ」と言われると、ヨン局長はヒョンテを殺すことに。

するとイギョンは「ヒョンテは死んで当然の男よ。自分の母親と兄を殺してくれと私に言ったの。でもここでどんでん返し、私はこの20名か、あなたを生かすつもり。数えるわよ」と言い、再び選択を迫ります。

ヨン局長はすぐに自らの死を選ぼうとすると、イギョンは異変に気づきます。

イギョンはヨン局長の包帯を取ることに。

すると、出てきたのはギョンイだったでした。

調査官ク・ギョンイ第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

調査官ク・ギョンイ第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

調査官ク・ギョンイ第11話の感想と考察

ダムの映像に写っていたのはヒョンテだったのでした。そのことがわかったイギョンはヒョンテに手をかけようとするものの、逃げられてしまいました。

逆にヒョンテに手をかけられそうになったヨン局長はギョンイに助けを求めることにしたのでした。やはり最後の頼みの綱はギョンイなのでしょう。

頭を下げられたギョンイはイギョンよりも先に手を打ったのでした。まさかのダムの持っていた映像を先にメディアに流したのでした。叩かれることを前提に殺されないことを優先して考えた作戦なのでしょう。

しかし、イギョンはギョンイの先を行き、ギョンスを使って消されていたはずの権力者たちの映像を手に入れたのでした。イギョンはそれを利用し、ヨン局長たちを揺さぶろうと。

最後、イギョンたちはヨン局長を誘拐したと思ったものの、まさかのギョンイだったのでした。ギョンイはイギョンの作戦を読んでいたのでしょう。

お互いに相手の行動の読み合いを続けてきた2人の対決もついに最終決戦となりましたが、どちらが目的を果たすことができるのか。軍配がどちらに上がるのか気になります。

また、市長選の結果、そしてそれぞれが最後どのような結末を迎えるのか。最終回が楽しみです!

まとめ

以上、調査官ク・ギョンイ第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「調査官ク・ギョンイ」のキャスト一覧はこちらをチェック!

調査官ク・ギョンイ,キャスト,画像,相関図調査官ク・ギョンイのキャスト一覧(画像付き)や相関図!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です