賢い医師生活シーズン2第6話のあらすじネタバレ&感想考察!

賢い医師生活,シーズン2,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


賢い医師生活シーズン2第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

賢い医師生活シーズン2第6話のあらすじネタバレ!

3月になり病院にはインターンたちが。

イクジュンとソンファは出勤しカフェで一緒にコーヒーを飲んでいるとそこにバイク事故にあった18歳の少女が急患で入った時き連絡が入り、ソンファは行ってしまいます。

ソンファはすぐに手術に入るものの、運転していた彼氏はヘルメットを被っており、かすり傷の処置だけして先に退院したと聞き驚きます。

手術後、ソンファは少女の両親と会うと「手術は終わりました。しかし予後があまり良くありません。後で骨を閉じる手術をします」と話します。それを聞いた両親は衝撃のあまり号泣してしまいます。「意識は戻るでしょうか?ドゥナはきっと目を覚ましますよね?」と聞かれるものの「断言はできません。現状ではICUで様子を見るしかありません。意識が戻るのを待ちましょう」としか答えることはできませんでした。

その夜、イクジュン、ソンファ、ジュンワンは3人で食事を。イクジュンは「なぜ帰らないんだ?」とジュンワンに聞くと「家に誰もいない」と答えられます。ソンファは「恋人を作れば?」と提案するものの「嫌だよ。彼女を忘れられないんだ。毎日思い出す。なぜかな」と断られます。それを聞いたイクジュンは心苦しくなり「俺に聞くな、自分でなんとかしろ」と外に出て行ってしまいます。

翌日、ソッキョンは胎児が食道閉鎖症である可能性の妊婦を診断すると、ジョンウォンに診てもらうように頼むことに。ジョンウォンは妊婦に手術の説明をするとソッキョンとの会議へ。

妊娠中毒症の症状がひどく早く子供を取り出したいソッキョンと、できるだけ延ばして子供が成長した状態で手術がしたいというジョンウォンは口論になってしまいます。

状況を聞いたジョンウォンはソッキョンの考えに従うことに。

翌日、ソッキョンの判断の結果、子供を取り出すことに。その連絡を受けたジョンウォンも手術室へ。

ジョンウォンは取り出した子供の状態をする診断することに。

診断を終えたジョンウォンがNICUを出ると、そこには子供の父親とその義母が。ジョンウォンは「お伝えした通りやはり食堂閉鎖症でした。念の為先天性疾患がないか検査をするので、食道閉鎖症の手術は明日行います」と説明すると「どうか助けてください。両家にとって初めての結婚で初の孫なんです」と涙ながらに頼まれます。

そして翌日、手術が行われることに。

手術前、ジョンウォンは父親とその実母に手術の説明をし、NICU内に向かうと、外で母親が「うちの家系ではありえないわ。だから結婚前に検査すべきだったのよ」と話しているのを耳にしてしまいます。

ジョンウォンは多くの医者や看護師に囲まれながらほぼ1人で手術をこなします。そして手術を成功させます。

その夜、ジョンウォンは手術の成功を伝えに行くと父親の母親に「娘さんは何も悪くありません。これは誰かの過ちではなく誰にでも起こりうることです。こうして手術すれば治ります。この娘さんだからギリギリまで胎内で育てられたんです。どうか褒めてあげてください」と伝えました。

翌日、ジュンワンはチャンミンがもう危ないと連絡を受けると気が重いまま両親に説明に向かうことに。「残された時間は後わずかです。せめて最後は見守ってあげてください」と伝えると、チャンミンを可愛がっていたレジデントのチャンミンの元へ。

そしてジュンワンは「チャンミンの両親には説明した。お前が死亡宣告を」と伝えます。

スポンサーリンク


チャンミンはICUの中に入っていくものの、思わずその様子を見て号泣してしまいます。その様子を見守っていたジュンワンは中に入ると代わりに死亡宣告を。そしてレジデントのチャンミンは涙を流したまま飛び出して行ってしまいます

その後、ジュンワンの元にチャンミンが「すみませんでした。死亡宣告ですが感情が込み上げて最後までできませんでした」と謝罪にくると、ジュンワンは「なぜ謝る。泣いてもいい、医師だって人間だ。泣くのは構わない。ただしやることはやれ。それが医師の仕事だ」と伝えます。

その頃、ギョウルは手術を請け負うもののうまくいかずイクジュンに途中で変わることに。

手術後、落ち込んでいるギョウルを見かねたイクジュンはお茶に誘うことに。

そして「手術のせいか?」と聞くと「はい。私は全然成長しません。フェローになっても失敗ばかりで」と聞かされます。イクジュンは「君はフェローになって2週間も経ってない。最初は誰もが悩むんだ。手術を学んで経験を積むのがフェローだ。俺もそうだった。時間が必要なだけだ」と励ますと「失敗談を聞けば元気になるかも」と聞かされ「ジョンウォンから失敗談を聞いたことは?」とジョンウォンのインターン時代の失敗談を話します。

後日、その話を5人で集まった時に聞くとジョンウォンは「俺じゃない。イクジュンの話だ」とギョウルに電話を。

残された4人はそれぞれの失敗談を話すことに。

2週間後。

未だ目を覚さないドゥナにソンヨンは話しかけていると、声に反応が。

賢い医師生活シーズン2第6話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

賢い医師生活シーズン2第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

賢い医師生活シーズン2第6話の感想と考察

ソンファたちはドゥナの手術を担当するものの、あまりにも危険な状態で衝撃を受けたようでした。さらに事故に合わせた張本人である彼氏は軽症で済み、先に帰ってしまったと聞き手術に関わった全員が行き場のない怒りを感じたと思います。気持ちの整理が必要だった手術だったと思われます。

術後は意識が回復するかどうかわからない状態だったようでしたが、2週間後にはソンヨンの必死の声がけのおかげもありドゥナが声に反応したようでした。意識を取り戻せてよかったです。

ソッキョンとジョンウォンは共同で子供を救うことに。手術の会議中、2人は意見違いで揉めるもののすぐにジョンウォンが折れて普段通りに戻ったのを見ると、余計な争いはしないという同期の絆を感じました。

そして2人は別々に手術し見事子供を救うことに成功しました。ジョンウォンは手術前に父親方の母親の心ない言葉を聞きながらも難しい手術を見事にこなしました。そして手術後にはその母親を論するような言葉を伝えました。細かいところまでの配慮が素晴らしい。

レジデントのチャンミンは可愛がっていたチャンミンという子供の最後に立ち会うことに。しかし涙で死亡宣告はできませんでした。若さゆえに可愛がっていた子供が死んでしまうという悲しみに勝てなかったのでしょう。いい経験になったと思います。

まとめ

以上、賢い医師生活シーズン2第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です