賢い医師生活シーズン2第7話のあらすじネタバレ&感想考察!

賢い医師生活,シーズン2,7話,ネタバレ

スポンサーリンク


賢い医師生活シーズン2第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

賢い医師生活シーズン2第7話のあらすじネタバレ!

イクジュンはアンという肝臓移植手術を控えた患者の回診に。

イクジュンは回診を終えるとソンファの元へ。そして一緒に食事へ。しかしその途中イクジュンは多くの人に挨拶して回ります。ソンファは思わず「病院中知り合いだらけね。私の方が長くいるのに」と聞くと「なぜだとおもう?皆俺が好きだから」と言われ、笑ってしまいます。

食事を終えたイクジュンとソンファは外で話しているとソンファは「週末は何を?」と。イクジュンは「来週学会だから勉強だ」と答えると「じゃあダメね。キャンプに誘おうと思ったの」と言われます。そこにウジュから電話が。それに出たイクジュンは「明日はキャンプだ」と告げます。

そして翌日、イクジュンたちは3人でキャンプへ。

その夜、結婚式に集積したジョンウォンは当直のギョウルのところへ。一緒に食事をするとギョウルに「これ以上嘘はつけません。教授たちがしつこくて彼氏の仕事は?と。私は嘘が下手なのでいっそう別れた事にしようかと」と。ジョンウォンは「それはちょっと。来週の日曜日に会ったらもう一度話し合おう」と伝えます。

翌日、ミナは弟から連絡を受けると病院のカフェへ。コーヒーを運んでいるとヨンヘにぶつかってしまいます。謝るものの変に絡まれてしまいます。ミナは「おばあさん私と面識が?私と面識が?」と聞いてしまいます。しかしヨンへに「息子より若そうなのにタメ口で何が悪いの」と言い返されてしまいます。ロサはなんとかその場を収め、トイレに連れて行きます。

トイレに行っても文句を言うヨンへをロサはどうにか言いくるめます。

その頃、ナースステーションにアンの兄が「採血はどなたが?妹の腕にまた字が出てきたんです。さっき頼んだ点滴の交換もまだです。この病院は信用できません」と苦情をいれにきます。

看護師長のスビンは説明し、なんとか収めます。

その夜、イクジュンはアンの回診に。

回診を終えるとアンの弟に呼び止められます。「他の病院を周り、先生のところまで来ました。必ず成功させてください」と頼まれます。

そして翌日、イクジュンはアンの手術を。移植は成功するものの内臓が腫れが引き、お腹が閉じれるようになるのを待つことに。長時間待つものの、腫れが引くとすぐに腹を閉めることに。

翌日、病院にくも膜下出血で意識障害の患者が緊急搬送されてきます。ミョンテはすぐに心電図を見るものの昏睡状態へ。すぐにCTを撮ってもらうものの「脳死になりそうです」と聞かれます。すぐに脳神経外科に連絡を取ることに。家族に連絡しようとするものの、家族の連絡先を知らず連絡が取れない状態に。

ソンファもすぐに診察に行くものの、臓器提供の希望者だと聞かされます。すぐに家族に連絡を取ろうとするものの、連絡が取れないとわかるとコーディネーターに連絡することに。そしてすぐに家族を探してもらうことに。

翌日、ソンファは家族を見つけると脳死状況であることを説明します。その患者の家族は病院の警備員だったのでした。

コーディネーターは臓器提供について相談を。警備員は時間をもらい考えることに。

夜まで待っても答えを出せない警備員にコーディネーターは再び話をすることに。すると「もう決めました」と返事が。

ソンファの元に電話が。「臓器提供を決心してくれました。事情も知らず僕が誤解してました」と聞いたソンファは「事情?」と質問を。

スポンサーリンク


イクジュンは警備員の元に会いに行くと「30年ぶりに会ったんです。僕が4歳の時に離婚してずっと1人だったと遠い親戚から聞きました。母さんと呼んだ記憶がないです。なのに急に家族として母の臓器提供を決めろと言われるなんて。だから相当悩みましたが、母からの最後の贈り物だと思う事にしました。これでいいんですよね?提供すれば大勢の命を救えますよね」と本心を打ち明けられます。

イクジュンは「はい。大勢の患者が新しい命を授かります。生きる機会を与えるのです」と励まします。すると警備員の目には涙が。

その頃、イクジュンたちの元にアンの兄から餅と飲み物の差し入れが。ギョウルから「自分がどうかしてたと謝って手紙まで」と聞かされたイクジュンは「そんな必要ないのに」というとユンボクに「でも私は少し憎みました。話の通じない人だと」と言われます。

それを聞いたイクジュンは「ここは3次救急病院だ。最後の砦なんだ。家族の命が懸かってるのにどう見られるかなんて関係ないだろ。患者や家族が何も知らないと思うな。だから理解しよう」と論じます。すると「すみません。私もそうだったのに。白衣を着た途端忘れてたんです」と涙ながらに謝られます。

後日、バンドの練習を終えたイクジュンはジュンワンを送って帰っていると、ウジュから電話が。するとイクスンが電話を代わって出てしまいます。ジュンワンは複雑な気持ちに。

賢い医師生活シーズン2第7話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

賢い医師生活シーズン2第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

賢い医師生活シーズン2第7話の感想と考察

イクジュンとソンファは色々ありながらもいまだに近い距離感の中にいるようでした。ウジュも連れて一緒にキャンプに行っている姿を見ると、いつ家族になってもおかしくなく見えます。早くこの2人が恋人同士になってほしいと切に願います。

ミナはソッキョンの母にカフェでぶつかってしまい、悪印象を与えてしまいました。ヨンへが毒親といえどミナにとっては大きな障害となりそうです。ミナもソッキョンへの思いが実って欲しいです。

イクジュンはアンという患者も見るもののその兄の厳しい態度に看護師たちはタジタジしているようでした。しかし、手術を終えてみるとアンの兄は謝罪をするなど根っからの悪い人ではなかったようでした。やはり家族の命がかかるとどれだけいい人でも性格が豹変してしまうのでした。イクジュンはそれを見抜いていたと言うのは見事です。ユンボクにとってはいい経験となったと思います。

警備員は30年ぶりに会った母親の臓器提供の同意を求められるという辛い状況へ。病院でどれだけ怖いと恐れられていても家族のこととなるとあれだけナイーブになり、悩み混んでしまうのでした。どんな人でも家族のこととなると人が変わってしまうのでした。それでもしっかりと自分の判断をできた警備員は素晴らしいと思います。

最後、ジュンワンは思わぬ形でイクスンが韓国にいることを知ってしまいました。別れてしまっている以上、無理に呼び寄せることのできないジュンワンはどうするのでしょう。ジュンワンの今後が気になります。

まとめ

以上、賢い医師生活シーズン2第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です