賢い医師生活シーズン2第8話のあらすじネタバレ&感想考察!

賢い医師生活,シーズン2,8話,ネタバレ

スポンサーリンク


賢い医師生活シーズン2第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

賢い医師生活シーズン2第8話のあらすじネタバレ!

ジュンワンは出勤すると同時に急患の連絡が。

患者のチャンの様子を見たジュンワンはチャンの息子に「予想通り心内膜炎のようですね。手術が必要です」と説明し、翌日手術することに。

その昼、ジョンウォンの元にギョウルから電話が。すぐに電話に出て「特に何もないよな?」と聞くと「母が怪我したんですけどもう平気です」と答えられ、ジョンウォンは安堵します。「うちの病院に」と提案するものの「転び方が悪かったようで肋骨と何箇所か骨折してて。あまり電話できないし、メールもすぐ返信できないかも」と言われると、ジョンウォンは「君が大変な時に何もしてやれないな。俺は本当に平気だから気を使わずになんでも言って」と伝えます。

その夜、当直のミナの元に他の病院から急患が。ミナはすぐに診断すると、ソッキョンに連絡を。ソッキョンは外来の患者の診断が終わるとすぐに手術へ。

手術後、ミナは「本当に良かったです。もし子宮を取ってたらご主人に合わせる顔が。きっと責められるので」と話すと、ソッキョンは「それは違うな。理解して受け入れてくれたと思う。ご主人もわかってる、妻の命を救うかどうかが大事だと」と言い聞かせます。

そして家族に説明に。説明を聞き「妻さえ元気になればそれで十分です」と話す夫を見てミナは申し訳ない気持ちに。

説明を終えると、ミナに「患者や患者の家族の立場でまずは考えよう。次は気をつけて」と伝えます。

その頃、ロサはジョンスに「私、認知症みたい。怖くて病院に行けない。どうしよう」と打ち明けます。ジョンスは「病院で検査を受けよう。ジョンウォンに話して予約を」と言うものの「まだいいわ、ジョンウォンにも言わないで。少し考える時間を頂戴」と言われ「じゃあ1週間後に病院に行こう」と話します。

翌日、ジョンウォンはロサが病院に運ばれたと連絡を受け、すぐに様子を見に。ロサの検査を見たソンファはジョンウォンを呼び出します。そして「水頭症の可能性が。入院してもらいましょう。好転したら髄液を腹部の方に抜く手術が必要かも」と話します。

それを聞いたジョンウォンは納得するものの「全く役立たずだ」と自らを責めてしまいます。

そしてロサの元へ説明へ。ソンファの説明を聞いたロサは「認知症ではないの?」と聞くものの「違います。治療さえすれば大丈夫ですよ」と言われたロサは喜びます。

翌日、ロサは検査の結果水頭症と。

その夜、ジョンウォンはロサの病室に行くと「母さんが病気なのに全然気づかなかった。1人させてごめんね」と謝ります。それを聞いたロサは「今すごく気分がいいの。認知症と考えたら怖くなった。でも違った。ならいいの。それだけで私は幸せよ。明日のことは誰にもわからない。だからその度にあまり心配しないで」と声をかけました。

その頃、ソンファのもとにソンファの母親の診察をした教授から電話が。ソンファは「母は帰りました?なんともないですよね?」と聞くと「お母様の変化に気づかなかった?外来できたけどやっぱりパーキンソンね」と告げられます。

ソンファはショックのあまり言葉も出ず。そして母親に電話して「気をつけてれば大丈夫。今日はそっちに泊まるわ」と。母親は「私は平気だから気にせず仕事をして」と断ろうとするものの、ソンファは「仕事はないわ。もう終わったの。それに仕事してる場合?今から行くね」と涙ながらに伝え、電話を切りました。

スポンサーリンク


そして座り込んでいるとイクジュンが。ソンファは「母がパーキンソン病なの」と話すと「送ろうか?」と言われます。ソンファはお願いすることに。

翌日、ソンファのもとにソンビンが論文を見せにくるものの「今週は休もうか。来週にしよう」と伝えます。

その夜、ロサの病室にジョンウォンもいるとそこにギョウルがお見舞いに。ギョウルと久しぶりに再会したジョンウォンは思わず笑顔に。

その翌日、手術を終えたロサにジョンウォンは「母さんには好き勝手生きてほしい。俺たちの心配はもうしなくていいし、病気になったらなどと悩まないで。自分のことだけ考えて。いつか認知症になっても心配しないで。だから毎日を人生で一番輝く瞬間にして」と伝えました。

週末、ミナが胃痙攣で倒れたと連絡を受けたソッキョンは病院へ。ミナはソッキョンの姿を見ると思わず嬉し泣きを。

後日、母親の誕生日で地元に帰っていたジュンワンはソウルへ帰るバスに乗ると、そのバスにイヒョンも乗り込んできます。

賢い医師生活シーズン2第8話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

賢い医師生活シーズン2第8話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

賢い医師生活シーズン2第8話の感想と考察

ジョンウォンもソンファも自分の母親が病気になってしまったことで自分を見失ってしまっていました。

ジョンウォンはロサが物忘れが激しく、認知症かもと心配していたことを知りショックを受けていました。さらにそのことに気づけなかったことにも。ロサは幸いにも水頭症で治療でどうにかなることに。ジョンウォンは安堵していたものの、この一件でロサの人生のことも考えるようになったのでした。その結果、出たのが「自分のことだけ考えて。いつか認知症になっても心配しないで。だから毎日を人生で一番輝く瞬間にして」という言葉だったのでしょう。ロサにとって嬉しい言葉だったと思います。

ソンファも他人事だと思っていたところに母親がパーキンソン病と聞かされ、言葉が出ないくらいショックを。イクジュンが何も言葉をかけれないくらい辛い状況だったのだと思います。ソンファは自らの行動を反省し、母親と過ごす時間を大切にすることにしたようでした。やはり医者でも自分の親の病気となると心が辛いようでした。ずっと落ち込んでいたソンファだったものの、イクジュンからの贈り物で少しでも元気を取り戻せたようで良かったです。

最後、ジュンワンとイヒョンはついに対面を果たしてしまいましたが、2人は何か会話をするのでしょうか。2人の関係がどうなっていくのか気になります。

まとめ

以上、賢い医師生活シーズン2第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です