君は私の春11話のあらすじネタバレ&感想考察!

君は私の春,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


君は私の春第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

君は私の春第11話のあらすじネタバレ!

ジンボクはチェイスの取り調べに。ジンボクは「薬物検査を依頼されたのはなぜですか?」と聞くと「体内から抜ける前に検査を。帰宅後、飲んだのは酒だけ。無味無臭で3時間意識を失ってました。だからGHBを推測を」と答えられます。「誰かが酒に薬を混ぜたと考える理由でも?」と追及すると「消去法で行くと可能性があるのはそれだけです」と。

ジンボクはチェイスの手に目をやると「なぜ手に怪我を?」と聞くと「事件とは無関係です。証人もいます」と答えられます。ジンボクはすぐにホテルに証拠の確認へ。

その後、ジンボクのもとに隠しカメラがあったと報告が。

再び取り調べに向かい「ヒョンジュさんは前日もあなたの家に?何のようで?」と聞くと、チェイスに「頼んだものを持ってきただけです。論文を」と答えられます。

チェイスはヨンドの論文を持ってくるように頼んでいたのでした。

ジンボクは「なぜあの家で生活を?」とさらに質問すると「ヨンドさんに会いたいです」と言われます。

ジンボクはすぐにヨンドに連絡すると、翌日署にきてもらうことに。

その頃、ダジョンはガヨン、ウナと屋上で飲んでいるとヨンドから電話が。ヨンドに食事に誘われると、翌日の退勤後一緒に行く約束をします。

翌日、ヨンドはチェイスの取り調べに行くと「あなたが僕に病院でした質問は…。つまりあなたは僕を忘れてたわけだ」と言われます。ヨンドは「そこにいたと?」と聞くと「はい。僕もヨンドさんも」と答えられます。

「なぜ僕に会いたいと?」と聞くと「僕も聞きたくて。そこに残ったのがあなたでも、あなたが僕でも同じように言えますか?小さな救いの手すら届かなかったこの社会で最も暗く弱い存在が犯罪者となる瞬間を探し出さねば」と論文について質問されます。

それにヨンドは「つまりあなたは僕が理解できるかと聞きたいのですか?僕が嫌いなのでは?その不快な記録に18年前のことも含まれますか?」と聞くと「はい。今更救いたいというのならあの時そのままさるべきではなかった。あの心臓をもらうべきじゃなかった」と答えられます。そう聞かされたヨンドは「さっきの質問に答えます。同じように言います。助けが必要なら助けます」と言うものの「助けは不要です」と。

そしてヨンドは去って行こうとするとチェイスに「ダジョンさん。彼女も知ってますか?あなたが誰の心臓をもらったか」と言われるものの「あなたとはダジョンさんの話をしません」と告げ、ダジョンとの待ち合わせに。

2人は合流し食事に向かうものの、なかなか会いている店がありませんでした。ヨンドは自分の家に誘うことに。

食事を終えると、ヨンドはどうしていいかテンパってしまいます。とりあえず席につき、手を握ろうとすると玄関のロックを解除する音が。

今日は来ないはずのスンウォンが来てしまったのでした。ヨンドはダジョンと一緒に隠れることに。

スンウォンは玄関に女性ものの靴があるのを見つけると、ヨンドを探すことに。ヨンドは一度はスンウォンに見つかってしまうものの、どうにかやり過ごすと、ダジョンと共にドライブへ。

するとダジョンのテジョンから電話が。「僕たちには父親がいるだろ?亡くなった」と聞かされます。「なぜそれを?」と聞くと「執行文って書類が届いた。父さんに借金があるから僕たちに支払えと」と。ダジョンは動揺するものの「明日仕事が早く終わるから江陵に行くわ」と伝え、テジョンも一緒に行くことに。

スポンサーリンク


翌日、ダジョンはテジョンと共に家に。家に入る前、テジョンは「実は一度会った。中学1年の時。捻挫した時に姉さんを待ってたら父さんが学校に来たんだ」と打ち明けます。「なぜ父さんだと?話はした?」と聞くと「いや、すぐ逃げた、怖くて。姉さんの元に行きそうで。それかついてきて母さんに手をあげそうで」と答えられます。

それを聞いたダジョンは「あなたは幼くて覚えてないと思った。なぜ黙ってたの?」と泣き出します。「姉さんも黙ってた」と言われると、思わず「ごめん、私だけが覚えてるのだと」と謝罪を。

その後、家に入るとダジョンは「借金は返済する」と提案するものの、ミランに「一銭たりとも払ったらダメよ。この書類に印鑑を押してこのことは忘れて」と告げられました。

そして「約束は守ったわね。私たちを死ぬまで探さないでと祈ったら死んでから訪ねてきた」と言われます。

ダジョンはその言葉を聞き、ミランも全て覚えていて父親を恐れていたことを悟ったのでした。

その夜、ヨンドはダジョンが心配になり江陵を訪ねるものの、1人でしゃがみ込み泣いているダジョンを見て声をかけることができずに帰ることに。

翌日、体調が悪かったヨンドは運転中に心臓に痛みが。ヨンドは車を止め、車を降り歩き出します。

君は私の春第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

君は私の春第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

君は私の春第11話の感想と考察

チェイスは何者かが酒に薬を入れたと疑いをかけると薬物調査をしてもらっていたようでした。やはりチェイスは何者かが薬を仕込んだ酒を飲んで気を失っていたのでした。誰が何の目的で酒に薬を仕込んだのでしょう。

さらには部屋から隠しカメラも発見されていたようでした。きっと酒に薬を仕込んだ犯人と同一犯だと思われます。一体、誰が何の目的でチェイスの部屋に酒と隠しカメラを仕込んだのでしょう。犯人の正体と動悸が気になります。

チェイスはヨンドと面会を。やはりヨンドが疑っていた通り、チェイスは児童養護施設にいたのでした。さらに居酒屋で見た少年もヨンドでした。チェイスはなぜこのタイミングでこのことを打ち明けたのでしょうか。論文を読んだだけでこうなるとは考えられません。チェイスは何を考えているのでしょう。

ダジョンは父親の死をきっかけにテジョンもミランも父親にトラウマを持っていたことを知ります。それを知ったことで家族が同じ気持ちだったということを知り、涙を流したのだと思います。ダジョンの心の荷が少しでも降りたなら良かったと思います。

最後、ヨンドは胸を抑え1人歩き出していましたが、命は大丈夫なのでしょうか。ヨンドがどんな状態なのか気になります。

まとめ

以上、君は私の春第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です