君は私の春12話のあらすじネタバレ&感想考察!

君は私の春,12話,ネタバレ

スポンサーリンク


君は私の春第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

君は私の春第12話のあらすじネタバレ!

病院に向かったヨンドは検査の結果、細菌性肺炎と診断されます。ヨンドはそのまま数日入院することに。

ヨンドはハヌルに電話すると「頼みがあるんだ。病院にいるんだけど車が牽引されたんだ。入院してるんだ」と話します。「深刻な状態か?」と言われたヨンドは「大丈夫だけど他の人には内緒にして。ダジョンさんにも知らせず」と頼みます。

その頃、警察にはチェイスの部屋に仕掛けられた隠しカメラの映像が。「直接持ってきました。なんでも協力すると」と聞かされ、ジンボクは驚きながらも映像を確認することに。

酒を飲んで倒れたチェイスの元に1人の男が。男は「起きてみやがれ。俺が1つだけ質問したら同じ顔のやつと再開させてやる」と話しかけているとそこにヒョンジュが。

ヒョンジュは倒れているチェイスを確認すると、隠しカメラに目をやります。

ヒョンジュはすぐにクォン弁護士に電話しようとすると、隠れていた男に刺されてしまいます。その男は「俺を訪ねてきた18歳がどちらなのか知るよりも面白そうだ。これで双子の両方が殺人犯になったな」とチェイスにナイフを握らせます。

その映像を見たジンボクはその男を緊急指名手配すると同時に「令状を持ってこいと言ってたのに、なぜ急に気が変わったのか調べよう、映像を警察に渡して最も得をする人は?後ろに誰がいるか調べよう」と調査へ。

その頃、チェイスは手術予定の会長の娘に呼ばれると「ややこしい事態に。映像があって良かった」と言われます。そして席に着くと「会長の手術が決まったから慎重に行動して。これじゃ弟と同じ」と言われます。チェイスは思わず「同じとは?」と聞くと「飲んで気絶し、手にはナイフが。弟さんの映像を見てないのね」と言われます。

驚きたチェイスが「ジョンミンがいた時もカメラを?カメラはいつからあそこに?」と聞くと、その女から「見たいのはいつ?これを見てから色々と話を」とUSBを渡されます。

その夜、ガヨンとパトリックの熱愛記事がニュースに。ダジョンは心配しガヨンがいるホテルの部屋に向かうと「記事を見ました。大丈夫でした?手伝えることは?」と。しかし「特にありません。じゃあ渾身の演技でも見る?」というと、ガヨンは記者たちの前で熱愛を否定します。

しかし、その場にパトリックが来てしまい、その言葉を聞いてショックを。

ダジョンの計らいでガヨンとパトリックは会議室で2人で話すことに。ガヨンにきついことを言われてしまったパトリックは傷ついてしまいます。

その後、ダジョンはパトリックを送ることに。すると「おじさんの医院に行こうかと。今いますか?」と聞かれ、ダジョンはヨンドに電話するものの、ヨンドは出ず。ヨンドがいないとわかったパトリックは家に帰ることに。ダジョンも帰宅することに。

その頃、ヨンドはミランとの会話を思い出します。

前日、海にいたところにたまたまミランと会うと、ミランから「誰かを好きになることが怖いことだと知らなかった。愛は心が決めるものとは言うけど欲望が何もかもを打ち負かす瞬間があって大変な事態を招く。ダジョンは賢くて良かった。あなたはすごくいい人でしょ。隣にいてあげて。末長く元気に」と言われていたのでした。

ヨンドは携帯を手に取るとダジョンにメッセージを。

翌日、ヨンドはホテルにダジョンに会いに。

夜、ダジョンは家に帰るとカフェでウナやハヌルたちが集まっているのを見つけ、入っていくことに。するとウナから「ヨンドが入院を」と聞かされます。「冗談でしょ?今日会ったわ」と返すものの、スンウォンから「無理をいって外出許可を得たとか」、さらにハヌルから「最近頑張りすぎたようで心配は入りません。慢性拒絶反応を疑って検査しましたが、幸い違いました」と聞かされます。

スポンサーリンク


ダジョンはすぐにヨンドの入院する病院へ。しかし、声をかけることができず。

待合室で座り込んでいると後ろでヨンドとジンボクが話す声が。

ヨンドは「欲を出しすぎました。好きになってしまったから。会ったらダメだと思うとまるで心臓を握られたように痛くなる」と話すとジンボクは「別れを告げるのか?」と質問を。それにヨンドは「はい。そうしないと。2時間の永遠や1分の永遠を信じたかったようです」と答えたのでした。

家に帰ったダジョンはミランに電話を。ミランから「ヨンドが江陵に来たって聞いてない?」と言われるとダジョンは話の内容を聞くことに。すると「話した内容は、末長く元気で隣にいてあげて。体を壊すな。なぜあんなに話さないのかしら」と聞かされます。

それを聞いたダジョンは「ヨンドさんに体を壊すなと。なぜそんなことを?ひどいじゃないの。彼は病気なのよ。だから私に会わないようにしてる」と号泣しながら行き場のない怒りをぶつけてしまいます。

後日、ヨンドは退院することに。

その夜、2人は屋上で会うことに。

ダジョンは「私はその程度の存在?私が手を離せば終わる関係ですか?結局は私のせいにして逃げるんですね。無責任で卑怯で人の幸せを勝手に決めて」と伝えると、ヨンドは「そんな僕が好きだったのでは?あなたはいつもクズ男を好きになる」と。ダジョンは「そうです。でもそんなことはやめました」と言うものの、ヨンドは「そうして、それがいい。行きますね」と帰っていってしまいます。

そして家に帰るとそれぞれ涙を流しました。

君は私の春第12話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

君は私の春第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

君は私の春第12話の感想と考察

ヒョンジュの事件については新たな進展が。なんと隠しカメラの映像がすぐに手に入ってしまったのです。

その映像にはロッカーに遺書を入れた男が。やはりあの男が何かしらの鍵を握っているのでしょう。そしてその男がヒョンジュを殺していたのでした。その男は「これで双子の両方が殺人犯になったな」と呟いているのを見ると、やはりジョンミンの事件もこの男が殺したのでしょう。なぜこの男はチェイスたちに罪を着せようとしているのか気になります。

しかし、この男は指名手配されてすぐに何者かによって車で轢かれてしまっていました。誰がこの男を殺そうとしたのか気になります。

チェイスは女に会うと隠しカメラの映像のUSBを渡されました。ジョンミンの時からの映像を持っていると言うことはこの女も何かしら事件に関わりを持っていると言うことでしょう。この女は何がしたいのか。

一方、ヨンドは入院するものの、心臓のせいではなく他の病気だったようでした。とりあえず命に別状がなくて良かったです。しかしミランから「末長く元気で隣にいてあげて。体を壊すな」と言われたことでダジョンとの別れを決意したようでした。ヨンドにとっても苦渋の決断だったと思います。

ダジョンも母親と電話したことでヨンドが別れを決意した理由を知ってしまいます。ダジョンはかなりショックだったと思います。最後2人は言葉少なに別れてしまいましたが、お互い家に帰り涙を流していました。このまま本当に別れてしまうのでしょうか。

まとめ

以上、君は私の春第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です