君は私の春13話のあらすじネタバレ&感想考察!

君は私の春,13話,ネタバレ

スポンサーリンク


君は私の春第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

君は私の春第13話のあらすじネタバレ!

ヨンドに振られたダジョンはミランに「絶対に恋すべき?」と聞くと「もちろんよ。人間なら恋しなきゃ」と答えられます。

翌日、ミランはヨンドと会うことに。そして「江陵で体を壊すなと言ってでしょ。私が浅はかだった。ごめんね」と謝罪を。ヨンドも「僕から話すべきでした」と返すと「タイミングを逃すことはよくある。悪意のない過失まで責めてたら人付き合いなんかできなくなるわ」と言われます。

ヨンドは「ダジョンは?」と心配すると「今は大丈夫。子供みたいに泣いてた。初めて見たわ」と答えられます。そしてミランはヨンドに占い師からもらったお守りを渡して帰ることに。

その夜、ビルのオーナーに入居者たちは集められます。ヨンドとダジョンも顔を合わせます。しかしヨンドのそばにいるのが辛く感じたダジョンは先に帰ることに。

後日、ジンボクたちは指名手配した男の家の捜索へ。

ジンボクは天井裏を漁ってると、白い粉と殺人の詳細が細かく書かれている記録が。そこにはジョンミンを含む殺人の自白が。ジンボクは白い粉を渡し「チェイスの体から検出された薬と同じか確認を」と頼みます。

翌日、ヨンドはダジョンが働くホテルで行われる結婚式へ。ヨンドは結婚式を見ながら思わずダジョンのことを思い出してしまいます。

結婚式を終え、帰ろうとすると客からのお使いから帰ってきたダジョンと鉢合わせます。ヨンドはダジョンが落とした荷物を拾おうとするものの「ダメです。別れるってこういうことなんです。助けたくても助けられず心配でも心配できない。あるものを見た時、一緒に笑ってくれるのはその人だけなのに話もできない。江陵に一緒に行くべきじゃなかった。友達になろうと言われた時、戻るべきではなかった。屋上で行くなと言うべきではなかった。記憶を消すのも大変なのに新しい記憶を作らないでほしい。知らんぷりを」と言われてしまいます。

その夜、ダジョンからヨンドとのことを聞いたガビンはヨンドの医院を訪れると「本当にバカね。友達になろうの次は何を言ったの?あなたもカウンセリングが必要よ。あなたが恋愛を諦めれば人類を救えると思ってるの?好きな人を傷つけるなんて。何が怖いの?」と怒鳴ります。

ヨンドは「僕は事故を起こしそうになった。隣に誰かいたら」と言うものの「足をタンスにぶつけたらタンスを処分すべき?」と言い返されてしまい「違う話だ。友達なら彼女の立場で考えてみろ。僕が間違ってた」と。しかし「私を彼女の親友でいさせてよ。幸せになったら?私にバカみたいに老いていく姿を見せる気?」と再び怒られてしまいます。

その頃、チェイスはUSBの映像を見ることに。

するとジョンミンが男から「ミョンジャもジョンボムも俺が殺したと思うだろ。違う。全員お前が殺したんだ。あの時俺を訪ねたせいだ。お前をいつでも殺せる。お前が死ななければ次の遺体は99ビルの4階から出る」と脅されていたのでした。

しかし2003年、男に殺人を依頼していたのはチェイスだったのでした。

チェイスは散歩から帰るとジョンアから電話が。「今回の件が成功すれば後腐れなく解決できる。何も心配せず今回だけ一線を越えて。手術を頼んだわよ」と告げられます。

後日、スンウォンとハヌルはヨンドの誕生日を祝いにヨンドの家へ。スンウォンが酒を買いに出るとハヌルは「大丈夫か?力になるよ」と声をかけます。

翌日、スンウォンはヨンドが本心を話した映像をウナに送り「これがヨンドの気持ちです」とダジョンに見せてもらおうと頼むものの断られてしまいます。

スポンサーリンク


その後、ダジョンとウナ、ガヨンはキャンプへ。

ガヨンは「ヨンドの話をしてもいい?」と切り出すもののウナは「去った人の話をなぜするの?結局、必要ないから捨てたのよ。絶対に必要なら突き放されても諦めなかったはず」と話します。

それを聞いたダジョンは「違うわ。そう言わないで。彼は私が好きよ。いつも私を見つめてる。胸が潰れる思いで私から去ったはずよ」と話します。それでもウナは「いずれにしても捨てた」と言うものの、ダジョンは「私がそう仕向けたの。彼のためにできる唯一のことよ。私のせいで心臓が痛くなるそうだから。彼がいなければ私は立ち直れなかったかも。私にできるのは消えてあげること」と話を。

ガヨンは「ただ一緒にいてあげるだけでいい」と言うものの、ダジョンは返事をせず。

その帰り、ダジョンは車から途中で降ろしてもらうと階段に座り込みます。そしてウナから送ってもらったヨンドの動画を。

そこには「一緒にいたい。すごく会いたい。10年でも20年でも時間を戻してでも一緒にいたい」と語っているヨンドの姿が。

ヨンドはスンウォンたちから動画をダジョンに見せたことを聞くと思わず家を飛び出します。

そしてダジョンの元に向かおうとしていると電話が。「私もやり直せる。だからこの言葉が本当なら来てくれますか?」と言われたヨンドはすぐにダジョンのもとへ。そして2人は近寄るとキスを。

君は私の春第13話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

君は私の春第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

君は私の春第13話の感想と考察

ヨンドとダジョンは別れたもののお互いにまだ気持ちは残っているようでした。お互いにヨリを戻したいもののその一歩を踏み出せない日々が続いていました。

そんな中で一番最初に行動を起こしたのはガヨンだったのでした。ガヨンはヨンドが再び過ちを犯す姿を見過ごせなかったのでしょう。さすがヨンドの元妻というようないい口で次々と芯をついた言葉でヨンドの心を動かしました。

さらにハヌル、スンウォンたちが動きヨンドの本心を聞き出すことに成功しました。ウナも最初は親友であるダジョンを振ったヨンドに怒りを感じていたものの、キャンプでダジョンの本心を聞いたことでヨンドのことを許し、スンウォンが送ってきた動画をダジョンに見せることに。

ダジョンがその動画を見たことで2人はついに復縁を。2人の恋のために一生懸命に動いてくれる友人がいたおかげで復縁できてよかったです。やっぱり2人はお似合いです。

一方、ジョンミンたちの事件の真相にも近づき始めました。やはり警察が追っている男が犯人で間違いないようです。しかし、その初犯を企てたのは子供の頃のチェイスのようでした。全ての事件の元凶はチェイスだったのでした。

しかし男はチェイスとジョンミンを間違え、ジョンミンに自殺するように脅していたのでした。

チェイスはその事実に衝撃を受けているところにジョンアから手術の件で電話が来ましたが、チェイスは取引に応じてしまうのでしょうか。

まとめ

以上、君は私の春第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です