キングダム・アシンの物語のあらすじネタバレ&感想考察!

キングダム,アシンの物語,ネタバレ

スポンサーリンク


キングダム・アシンの物語の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

キングダム・アシンの物語のあらすじネタバレ!

満浦邑城の城下町では廃四郡に入った女真族が皆殺しにされたという噂が。そして廃四郡には恐ろしいものが棲んでいて入れば帰れないそうだ、という噂も。

廃四郡に入った兵たちは縄についた鐘が鳴っているのを確認すると、確認しに行くことに。すると、そこには大量の死体が。婆猪衛の女真族の死体だとわかるとすぐに藩胡村に行くことに。

藩胡村に住んでいたアシンは父親に廃四郡行ったことがバレると怒られてしまいます。しかしアシンが「危ない場所じゃないんでしょ?偉い人が山参を独り占めするために嘘の噂を。母さんをこのまま死なせるつもり?」と聞くと父親は黙り込んでしまいます。

アシンの母親は病に倒れていたのでした。

アシンは「廃四郡の山参は死人も生き返らせる」と話すものの「とにかくダメだ」と否定されてしまいます。

そんな話をしていると村にチロクたちが。そして村の長は「婆猪衛の女真族が殺された。虎だ。川の向こうへ行ってまいれ。噂を流すのだ」と指示されます。

その頃朝鮮軍営は廃四郡を回収します。チロクは戻ると「殺したのは虎ではなく人間です」と検査報告が。

それを聞くとボミルに会いに行くことに。そして「婆猪衛の女真族が15人殺されました」と報告すると「本当に15人か?」と言われます。そして「あの女真族は恐れ多くもチョ氏の山参を狙った。死んで当然だ」と言うものの、チロクは「あの地の山参はこの国を治める王様のものです」と反論します。

その言葉にボミルは「こんな辺境にいるからと侮辱するのか?」と怒り出すものの、チロクは冷静に「再び国に危機をもたらすことがあれば無事では済みません。これは警告です」と告げます。

その夜、アシンは噂を流しに行こうとする父親に「嘘だったら婆猪衛を怒らせるだけよ。父さんが危ない」と心配するものの「密偵の仕事は元々危ないんだ」と言われます。そしてそのまま川を渡りに行ってしまいます。

翌日、母親の容態が急変します。アシンは廃四郡の中に入ると死者を生き返らせる草、生死草を手に入れます。

その頃、チロクたちは狩人たちを廃四郡に入り込むことに。狩のふりだけするはずが、なんと虎に遭遇してしまいます。

チロクたちはなんとか逃げ切るものの、襲われてしまった兵たちが。その傷を見たチロクは「虎だ」と言うと「虎ではありません。化け物です」と聞かされます。

チロクは「狩人たちを退却させろ。あとは我々が引き受ける」と告げると、虎を追いかけることに。そして原っぱに出ると向かいから婆猪衛たちが。

チロクは「止めろ」と指示すると、原っぱに駆け下ります。そしてチロクは虎に襲われている婆猪衛を助けます。婆猪衛は虎の腹を切るもののその虎は元々死んでいたのでした。

そして婆猪衛は「仲間たちは虎に襲われたと聞いた。死んだのは朝鮮の地だ。血の復習がはじまるだろう」と告げ戻っていきます。

その夜、藩胡村は婆猪衛たちの攻撃を受けてしまい、焼け野原に。

アシンはそこに戻ってくると、櫓に死体が吊るされていたのでした。その中にはアシンの家族も。

1人だけ生き残ったアシンは楸坡鎮のチロクの元へ。アシンは「なぜ婆猪衛たちは私たちにこんなことを。敵を討ってください」と頼むものの「気の毒だが国は小さなことでは動けぬ」と断られてしまいます。それでもアシンは「すぐにとは言いません。彼らに血の涙を流せられたら十分ですなんでもやります」と頼み込みます。

その思いに免じたチロクは自らの楸坡鎮で暮らさせることに。しかしアシンが住まわされたのは豚小屋でした。

それからアシンは辛い仕事、汚い仕事を任せられながらも敵討ちをするために矢や密偵などの訓練を。そんなことをしながらアシンは大人に。

スポンサーリンク


そんなある日、楸坡鎮に「倭国との和平交渉が決裂した。南部を援護せよ」と王命が。

チロクはアシンの元に向かうと「川を渡れ。婆猪衛の動きを詳しく探るのだ」と命令を。

アシンは婆猪衛で密偵をしていると、死んだと思っていた父親の姿を発見します。父親は晒し者になっていたのでした。アシンは「父さん、私よ。一緒に帰ろう」と号泣しながら、鎖を外そうとするものの「頼む、殺してくれ」と言われます。アシンは何度も殺してくれという父親の言葉に従い父を殺し、婆猪衛に火を放ち楸坡鎮に戻ることに。

その夜、アシンは執務室に入り込むとチロクが書いた巻物に「婆猪衛との間で戦が起こりそうでしたが、城底野人野村を犠牲にして収めました」と書かれているのを見つけてしまいます。

深夜、アシンは小屋を訪ねてきた男を殺すと生死草を食べさせます。すると、その男はゾンビになり村中で暴れまわります。さらにゾンビに襲われた他の人たちも続々とゾンビに。

楸坡鎮はパニック状態に。アシンも矢で残虐を始めます。

翌朝には村は壊滅状態に。チロクを捕まえたアシンは山へ。

そしてそこにある1件の家の中へ。するとそこには藩胡村のゾンビたちが。アシンはチロクを差し出すと「寂しくない。どんな姿でも一緒に。全てを片付けて朝鮮と女真の地でアあらゆるものを殺したら私もみんなの元へ」と心で告げ、その場を後に。

キングダム・アシンの物語以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

キングダム・アシンの物語のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

キングダム・アシンの物語の感想と考察

まさかアシンにこんなに辛い過去があったとは思いませんでした。まさかのストーリーでした。

アシンが幼い頃に住んでいた村は婆猪衛に壊されていたのはショックでした。しかしアシンは生死草を取りに行っていたことで助かったのは藩胡村にとってはラッキーだったことだったと思います。さらには父親も密偵として婆猪衛に渡って殺されたと聞き、アシンの気持ちはどん底だったでしょう。

しかし、そこからすぐに婆猪衛たちに家族や仲間達の敵討ちをしたいと思ったのはアシンの精神的な強さの部分だと思います。

過酷な環境ながらも敵討ちのために健気に生きるアシンの姿には感動しました。それだけ敵討ちをしたいという思いは強かったのでしょう。

大人になったアシンは婆猪衛に密偵として渡り、父親の姿を発見した時には嬉しさとショックな気持ちが半々だったと思います。娘としては父親が晒し者になっている姿は見たくなかったでしょう。悩んだ末にアシンは父親の頼み通り殺すことに。苦渋の決断だったと思います。

そして婆猪衛から帰るときに、兵たちの弓を見て違和感を覚えたアシンが調べた結果、なんと藩胡村を攻撃させたのはチロクたちだったのでした。これは衝撃でした。まさか自分たちを守るために辺境の村を敵に明け渡すとは。

アシンはこの時に一気に復讐心がピークに来たのだと多います。その結果、アシンは生死草を婆猪衛で使うことに。アシンは藩胡村で使っていたからこそどうなるかわかっていて使ったのでしょう。

辛い経験を乗り越えた末に、最後には復讐を成し遂げることができてよかったと思います。

まとめ

以上、キングダム・アシンの物語のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です