君がくれた恋の詩6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


君がくれた恋の詩第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\君がくれた恋の詩を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
ABEMAプレミアム
独占見放題
◎ 2週間無料

今すぐ見る

君がくれた恋の詩第6話のあらすじネタバレ!

食事をしているとユジョンは「私の曲に歌詞を書いてみる?」とヨンに提案します。ヨンはやってみることに。

ヨンは色々と案を考えながら帰宅することに。すると、家の前にたくさんの記者が。2人は記者たちを遠目から見ていると、ウォンの事務所の室長が現れ「今行けば疲れる。乗って」と言われます。

ユジョンたちは指示に従い車に乗ると「ウォンが一般人をストーカー」という見出しとともにウォンとユジョンたちが揉めている写真がネットニュースとして掲載されているのを見せられます。ユジョンは写真を撮った犯人を聞かれるものの、思い当たる人物はいませんでした。

2人はそのまま事務所に連れて行かれ、身を隠すことに。

そこにドヨンが現れると「あんたが写真の流出を?自分が何をやらかしたかわかってる?サインして」と言われ、レッスン生契約書を渡されます。そして「レッスン生の面倒を見たと記事を出す」と告げられます。ユジョンはそれに応じようとすると「オーディションは辞退して」と言われてしまいます。

ヨンはすぐに反論します。事務所の室長は間に入り仲裁すると。ヨンは「ウォンに会って話を」と提案します。するとドヨンから「ウォンにもお会いに?楽師様。少し話せますか?」と言われます。

2人は場所を移動するとヨンは「なぜ私に気づいた?そなたは朝鮮の信女ドヨンか?」と聞くと「左様です。これまで何度も転生しました。楽師様を探して」と答えられます。

ヨンはさらに「私はなぜ現代へ?」と聞くと「宿命を私の感情で変えようとしたその罰を免れようと努力しましたが、ユジョンは一度で成功を」と答えられます。それを聞くと「ではユジョンを通じ死にかけていた私を現代に?今のユジョンは昔の彼女が転生したと。私は彼女に会いにここに来たのだな」と喜びます。

しかし「会いに来ただけだとでも?ユジョンと絶縁を。彼女は楽師様のせいで何度も死にます」と言われてしまいます。ヨンは「そんな運命は信じぬ」と反論するものの「彼女が誰のせいで死んだか思い出せないのですか?彼女を解放しに来たのでは?」と言い返されます。

耐えられなくなったヨンはその話を無視し、事務所を飛び出します。そしてそのまま行方をくらましてしまいます。

スポンサーリンク


翌日、ヨンがいなくなったことに責任を感じたユジョンは思わずバイト先で号泣してしまいます。

さらに翌日、ユジョンはウォンの家に行くと「私が弁明する。あなたは何もしないで」と伝えます。そしてユジョンは「ウォンは私の恩人」というタイトルで弁明文をSNSに投稿したのでした。

その頃、ドヨンの家でヨンは1人酒に溺れていたのでした。

その夜、ヨンはドヨンに再び「絶縁せねば。ユジョンとの悲劇を繰り返してはなりません」と言われてしまいます。しかしヨンは「私の運命が変わったなら、彼女の運命を変えられる。卑しい生活をしても彼女と生きる」と言うとユジョンの元に向かおうとします。

ドヨンに「行くのなら私が殺すわ。ユジョンを殺す」と邪魔されてしまうものの、ヨンは「私は知っている。そなたはユジョンを殺さない。そなたの運命もまた私を解放することやも。消せ、私をそなたの心から。ユジョンはどこだ?」と返します。

そしてヨンはユジョンを探しに外に飛び出すと、ウォンと一緒にパーティーに参加していたユジョンを見つけます。ヨンは駆け寄るとユジョンを抱きしめ「私がそなたを守る。運命がどうなろうとそなたを守る」と告白するとキスをしました。

君がくれた恋の詩第6話の最新話を含めABEMAプレミアムですぐに視聴する

君がくれた恋の詩第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で君がくれた恋の詩第6話を観たいですよね!

ABEMAプレミアムを使えば君がくれた恋の詩を今すぐ視聴可能です。

『君がくれた恋の詩6話』を無料視聴する/

2週間以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムのサイトにてご確認ください。

君がくれた恋の詩第6話の感想と考察

ユジョンたちは公然の前で揉めたことによって、ネットニュースになってしまいました。ウォンのファンによる逆恨みで写真が売られてしまったのだと思います。その結果、ウォンは広告を降板させられたりと仕事に支障が出てしまっていました。

しかし、ユジョンが事務所の練習生になり弁解文をネットに載せたことでなんとか騒動を収めることに成功しました。ユジョンの責任の感じ方を見ると、かなり責任感が強そうでした。

ユジョンにカヤグムを弾くように頼んでいたドヨンはなんと朝鮮時代に信女だったドヨンの生まれ変わりだったのでした。まさかの事実に驚きました。ドヨンは600年もの間ヨンのことを思い続けていたのでした。ドヨンもすごい一途な人だったのでした。

ヨンはドヨンにユジョンがあなたのせいで死ぬと言われながらも、ユジョンに対する気持ちを捨てることができませんでした。ヨンもユジョンに対する思いは一途だったのでした。

その結果、ユジョンはヨンに告白し2人はキスを交わしました。消えてしまったと思っていたヨンが現れたこともあり、ユジョンは涙を流していました。2人はこれで交際することになりますが、その様子を見てしまったウォンはどうなるのでしょうか。さらにはフラれてしまったドヨンもどうなるのか。それぞれのこれからの変化が気になります。

まとめ

以上、君がくれた恋の詩第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です