この年、私たちは11話のあらすじネタバレ&感想考察!僕らの夜はあなたの昼より美しい

この年、私たちは ,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


この年、私たちは第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

この年、私たちは第11話のあらすじネタバレ!

ヨンスはウンとNJの熱愛記事を目にしてしまいます。

翌日、NJは事務所の代表に「なぜ否定しないんです?本当に付き合ってた時は慌てて関係を否定したくせに。なぜ今回は傍観を?」と文句を言いに行くものの「放っておきなさい。過去のスキャンダルに比べて今回は反応も悪くないし、好感度の高い相手だわ。それに息抜きする場所が必要だとか」と言われてしまいます。

NJは「これで私を宥めた気に?子供扱いはやめてください。写真を見れば片想いだとわかる。だから彼を巻き込むのはやめて。彼を利用しないでください」と怒鳴り、事務所を後に。

その頃、ウンもウノに記事について問い詰められてしまいます。

ウノに「ひとまず否定しろ」と言われたウンは「うまく言ってくれ。そういう関係じゃなくて僕がファンだということに」と伝えます。

その後、ウンはNJに電話を。

するとNJから「事務所は否定しないかも。私の方が得をすると判断したみたい。あなたを利用する気ないです。だからコオさんがはっきり否定してください」と言われます。

それを聞いたウンは記者と電話するウノに「放っておけ。ひとまず向こうの対応を待とう」と告げます。

そしてスケジュールを確認すると金曜日が最後の撮影だと聞かされます。

その頃、ジウンはチェランと食事に行くと、ドンイルたちと鉢合わせしてしまいます。

ヨンスはなぜかナツメを買うと、その足でウンの家へ。

玄関の前で悩んでいるとウノが出てきます。

「ウンに話があって。中にいる?」と言うと「おじさんの家に行ってる」と答えられ、ヨンスは帰ろうとするものの、ウノに「中で待ってて」と家の中に入れられます。

ドンイルたちの席についたジウンは構成作家の先生に「今回のは駄作よ。今回の出来に満足してるの?」と言われてしまいます。

すると、気まずくなったドンイルたちは外へ。すると、さらに「どうしたの?何があったわけ?仮編集を見たけど、何を言いたいのかわからない。ヨンスが好き?」と聞かれてしまいます。

ジウンは酒を飲みだすと「後輩の前で言わなくても。気づかなくていいのに」と呟きます。

しかし、それを聞いた先生に「映像が物語ってるわ。観察者を装ってるくせに一番主観的に撮ってる。映像に気持ちが表れてる。もう一度見返して編集し直しなさい。自分の感情に戸惑う気持ちはわかるけど、そうじゃない。出演者の視線を追うのよ」と言われてしまいます。

ヨンスは家で待っていると、そこにNJが現れます。

ヨンスはそのまま帰ろうとするとNJに「ずっと聞きたかったんです。私が2人の仲を邪魔してるんですか?」と聞かれます。ヨンスは「いえ。今は特別な関係ではありません。2人は?」と聞くと「私たちは記事になった通り、そういう関係です。と言おうと思ったけど、悪趣味すぎて言えません。だから私たちは仲良くしましょう。邪魔者じゃないならあとは私が頑張ります」と言われます。

その言葉にヨンスは「でも私が止めても身は引かないでしょ?」と返すと「そうですね」と微笑まれます。

その頃、ウンは自分の家での帰り道にナツメが落ちているのに気づきます。そして家に着くと「初スキャンダル祝いです」と家の前にNJからの贈り物が。

それを手に取り、家の中に入るとそこにもナツメの実が。

その後、ウンの家にジウンが。

すると、ジウンは「会社に来たそうだな。ある人がさ、映像に気持ちが表れてると。いくら隠そうとしても見ればすぐわかるって。そう思うか?」と切り出します。ウンは「何の話だよ」ととぼけるものの「全部見たんだろ」と言われ「さあな。わからない。早く寝ろ」と返すと「何も知りたくないから黙ってろってことか」と言われます。

そしてウンは仕事部屋に降りようとすると、ジウンは「予想はしてたけど、寂しいもんだな」と呟きます。

撮影最終日。

ヨンスやジウンはウンの家に集まるものの、ウンはどこかに行ってしまい、音信不通に。

ヨンスはあることを思い出すと「探してくる」と外に。

ジウンも編集室に戻り、編集することに。

その頃、ウンはヨンスのおばあさんとともにヨンスの家へ。干してあるナツメを見つけたウンは「なぜナツメを?」と聞くと「さあね。ヨンスが買ってきて干したのよ。あんなにナツメ茶を作って誰が飲むんだか」と言われます。

スポンサーリンク


そして考え込んでいると、おばあさんから「ヨンスがあんたを傷つけたとしたら全部私のせいなの。だから恨まないで。貧しい家庭で自分本位に育ててしまった。だからもしもあの子に怒ってるなら、私にぶつけてちょうだい。あの子を恨まないで」と言われます。

それにウンは「ヨンスは違います。そんな人じゃありません。本当にいい人です。僕にはもったいないほど」と返すと「そんなによくわかってるなら何してるの?」と言われてしまい、思わず「自覚はしてたけど、今日は本当に自分が情けないです」と返し、笑みを。

そして1人で食事に。

すると、ヨンスが。ヨンスは椅子に座ると「そういえば毎年この時期に姿を消してたね。なぜかあなたのご両親も。ちょうどよかった、やりたかったの。あなたと向き合ってお酒を飲むこと」と話し、2人で飲むことに。

何も喋ろうとしないウンに痺れを切らしたヨンスは「私が話す。あのね、友達になろうって言ったわよね。考えてみたけど私には無理。つまり、友達がいやと言うより、私はあなたが」と話そうとすると、ウンは「会いたかった。ヨンス。いつも会いたいと思ってた。今までずっと。君が戻ってきた時、目の前にいる君になぜか腹が立って、憎かった。でもわかった気がする。僕は君に愛されたいんだ。僕だけを愛してくれる君に逢いたかった。僕を愛して欲しい、二度と離さずずっと愛してくれ、お願いだ」と告白を。

ヨンスは涙を流しながら頷きます。

その帰り、ウンは実の父親に捨てられた過去を涙ながらにヨンスに話します。それを聞いたヨンスはウンにキスを。

この年、私たちは第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

この年、私たちは第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

この年、私たちは第11話の感想と考察

ウンとNJの熱愛記事が出るものの、当事者である2人は落ち着いていたようでした。NJは否定しようとしない事務所の態度に苛立ちを感じていたようでしたが、それ以上に何もすることはなく。ウンもNJのことを考え、否定も肯定もしないことに。思った以上に大ごとにならなくてよかったです。

一方、ジウンは構成作家に映像のダメ出しをされてしまい、さらにはヨンスが好きだと言うことも言い当てられてしまいます。映像を見ただけでジウンがヨンスを好きだとわかると言うことはジウンはヨンスのことが頭から離れないのでしょう。ジウンにとっては2つの意味でショックだったと思います。

さらにウンの家に行き、映像のことについて聞くもののとぼけられてしまったのでした。ジウンはその態度からウンの答えを導き出したことで、映像を再編集したのでしょう。ジウンは現実を受け入れたということなのだと思います。

撮影最終日にいなくなっていたウンはヨンスのおばあさんの元へいたのでした。そこでおばあさんに謝罪のような言葉をかけられたのでした。おばあさんはヨンスから事実を聞いたことでウンに謝る気になったのでしょう。

その後、ウンは探しにきたヨンスとついに告白を。最後におばあさんから背中を押されたことがウンにとっては大きかったのでしょう。もしかしたら、ヨンスと付き合いたいために謝罪しようとお婆さんの元を訪ねたのかもしれません。

ウンの告白をヨンスも涙を流しながら頷いたのでした。ヨンスはよほど嬉しかったのでしょう。今後、再び恋人同士に戻った2人がどうなっていくのか楽しみです。

まとめ

以上、この年、私たちは第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「この年、私たちは」のキャスト一覧はこちらをチェック!

この年、私たちは,キャスト,画像,相関図この年、私たちはのキャスト一覧(画像付き)や相関図!

チェ・ウシクのその他の出演作品はこちらをチェック!

チェウシク,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングチェウシク出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

キム・ソンチョルのその他の出演作品はこちらをチェック!

キムソンチョル,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングキムソンチョル出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

ノ・ジョンウィのその他の出演作品はこちらをチェック!

ノジョンウィ,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングノジョンウィ出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です