この年、私たちは12話のあらすじネタバレ&感想考察!ビギンアゲイン

この年、私たちは ,12話,ネタバレ

スポンサーリンク


この年、私たちは第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

この年、私たちは第12話のあらすじネタバレ!

ウンの家に行くとヨンスは「なぜわかったの?」と質問を。するとウンは「よく覚えてないけど、そんな気がした」と話出します。

「最初に思い出すのはあの日のことだ。毎年秋がやってくる今頃になるとなぜだか良心がすごく悲しんでた。そしてあの夢を身始めたんだ。誰かに捨てられる夢を。顔はわからなかったけど、2人が本当の両親じゃないとわかった。それだけだ。今の両親に出会えて良かったと思う」と。

それを聞いたヨンスは「今まで一人でこうして抱えてたのね。すごく辛かったでしょう。慰めてあげたいけど方法がわからないの」と言うと、ウンは「もう十分だ。近くにいて話を聞いてくれればそれでいい」と答えます。

翌日、ヨンスは家を出ると外にウンの姿が。

ウンはバス停までヨンスを送ることに。

しかし、その途中ウンに「会社をサボれない?」と言われてヨンスは「何を言うの?学校とは違う。早く家に帰って」と告げます。

そして1人でバス停に向かおうとすると、ヨンスは振り向き「私たちってやり直すの?はっきりさせた方がいい」とウンに質問を。ウンは「十分だと思うけど」と呟くとヨンスは笑みを浮かべ「これからよろしくね」と手を振ります。

その頃、ジウンは編集室に。するとチェランが「大丈夫で?会議中顔色が悪かったです。あとは私が」と。ジウンは「大丈夫だ。本当に辛い時は帰るから」と言うものの、心配なチェランはジウンの顔を触ると高熱が。チェランはジウンを無理矢理帰らせることに。

家に帰ったジウンはそのままソファーに倒れ込むように寝てしまいます。

会議を終えたヨンスはウンを夕食に誘うものの「急用ができて難しそうだ」と答えられます。

その夜、ウンはジウンの家へ。電話をしてもでないことに心配になったウンはジウンの家に上がり込み看病することに。

ウンの様子を見たジウンは「話があるのか?」と聞くと「でも熱を出してるやつに言うか悩んでる」と言われ「だったら言うな」と言うと、ウンに「ヨンスとヨリを戻した」と伝えられます。

ジウンは「聞きたくなかった。なぜその話を俺に?」と聞くと「なんとなく、あの時も今も最初に報告したかった」と言われ「祝う必要が?用件は以上?寝てもいいか?」と伝え、ウンを帰らせることに。

翌日、ヨンスはウンを週末デートに誘うことに。しかし、ウンの言葉のテンションが低いことが心配に。

ヨンスはソリに電話し、悩みを相談すると「やりたいように行動すればいい。ヨリを戻したんならストレートに表現しなさい」とアドバイスを受けます。

その後、仕事でギャラリーを訪れます。会場を見て回っていると担当者から「ちょうど夕日を見られる時間ですね。2人でぜひ鑑賞を」と言われます。ヨンスは「今日は1人なので」と返すと「あちらはお連れの方では?ずっとあそこに」と言われ、後ろを振り向くとそこにはウンの姿が。

ヨンスは思わず「なぜここに?私に会いに?」と聞くと、ウンに「なぜ週末に会うんだ?週末は先すぎる」と答えられ、ヨンスはウンにハグを。

その後、仕事を終えたヨンスは待っているウンの元に向かうと「本当にデートしてるみたいだわ。また恋人になるんだと実感する。長い時間がかかったよね」と言い、キスを。すると、ウンもヨンスを抱き寄せキスを。

その夜、ジウンはNJと鉢合わせます。

ジウンはNJに「コオさんは忙しいの?撮影が終わったのに忙しいふりをしてるのか連絡がつかないんです」と聞かれ、思わず俯いてしまいます。

それを見たNJは察するとジウンを誘い飲みに行くことに。

酔っ払ったNJは「実は一度くらい片想いしてもいいと思ってた。実際に経験すると毎日の些細なことが大切に感じられたの。自分が特別な人間になった気分だった。本当は最悪な気分よ。ここまで惨めな気持ちにさせるなんて。さっさと忘れてやるわ」とジウンに絡み出します。

スポンサーリンク


しかし、NJは「今の言葉は取り消します」と謝ると、ジウンは「わかります」と。

NJは「何が。諦められないこと?」と聞くと「慣れますよ。片想いは最初は辛いです。その次はさらに苦しくなります。その次は死ぬほど辛くなる。そうしたら慣れるんです。苦しみながら好きでいることに慣れて、すごく辛くてもまるで平気な気分になれるんです」と言われます。その言葉にNJは「じゃあ、いつ諦められるの?」と聞くとジウンは笑みを浮かべ「それはわかりません」と答えたのでした。

その頃、ウンはヨンスを家まで送ると「うちでナツメ茶を飲む?」と誘います。するとそこに電話が。電話に出たウンは「もしくはつまらないものを見に行く?」と誘い、画廊へ。

ヨンスは「なぜこんな時間に確認するの?」と聞くと、ウンは「この時間帯に展示会をしたくて。夜中の時間帯に」と。ヨンスは思わず「あまりに遅すぎると見に来ないんじゃ?なぜ夜がいいの?」と聞くと、ウンは「夜に描かれた絵だから。それに僕が起きてる時間だ」と答えたのでした。

ヨンスは「夜中に一人で起きてるあなたの時間を考えてみた。寂しいと思う。何を思いながら絵を描いてるの?長い時間一人で何を考えてるの?」と聞くと、ウンは「よくわからない。この瞬間より完璧な想像はないと思う」と。その言葉にウンは「どういう意味?」と聞くと、ウンはヨンスを抱きしめたのでした。

そして「家に帰ろう」と。

この年、私たちは第12話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

この年、私たちは第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

この年、私たちは第12話の感想と考察

ウンとヨンスはヨリを戻したものの、まだぎこちなさが残っているようでした。やはり久しぶりに恋人同士に戻ったことが少し恥ずかしかったのでしょう。それでも徐々に恋人らしくなっていました。今までは気持ちを口に出さなかったウンもヨンスに積極的に愛情表現をするように。2人が幸せそうで本当によかったです。

この2人の幸せな日々がいつまで続くのか注目したいです。

その一方でジウンは徹夜続きで体調を崩してしまったのでした。きっとジウンは自分の気持ちを整理するためにも仕事に明け暮れていたのでしょう。それでもウンから直接ヨリを戻したのを聞いた時はショックそうでした。ウンは親友であるからこそジウンに最初に伝えようと思いしていたようでしたが、ある意味ジウンを苦しめているようにも見えてしまいました。

さらにNJもウンとヨンスが復縁したことを知りジウンと飲みに。NJも気持ちの整理がしたくて同じく片思いをしていたジウンを誘ったのでしょう。ジウンもNJも一緒に片思いについて話したことで多少気持ちの整理はついたように見えました。きっと気持ちを吐き出す場が必要だったのでしょう。

今後、ジウンとNJはどうするのか気になります。これから4人の関係性がどうなっていくのかに注目したいです。

まとめ

以上、この年、私たちは第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「この年、私たちは」のキャスト一覧はこちらをチェック!

この年、私たちは,キャスト,画像,相関図この年、私たちはのキャスト一覧(画像付き)や相関図!

チェ・ウシクのその他の出演作品はこちらをチェック!

チェウシク,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングチェウシク出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

キム・ソンチョルのその他の出演作品はこちらをチェック!

キムソンチョル,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングキムソンチョル出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

ノ・ジョンウィのその他の出演作品はこちらをチェック!

ノジョンウィ,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングノジョンウィ出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です