一緒に暮らしませんか?32話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


一緒に暮らしませんか?第32話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

31話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

一緒に暮らしませんか?第32話のあらすじネタバレ!

ジニに「子供をウンテと関わらせないで」と言われたユハでしたが「それはできません。私は娘を捨てて男性と付き合う気はありません」と言い返しました。

その後、病院に戻ったユハはウンテと顔を合わせるもののジニから言われた言葉を伝えることはできませんでした。

その夜、ダヨンとの交際に不安を抱えていたジェヒョンはミヨンに「恋愛でも環境の差は克服できますよね?」と相談すると「そうね」と答えられ、笑みを浮かべ部屋に戻りました。

翌日、ヒョソプはミヨンとともにミヨンの家に向かうと、そこで2人は食事をする事に。料理中、ミヨンは「週末に本当にムンシクを呼ぶの?」と聞くと「ああ、一緒に食べて寝て不便を共有すれば少しは情が深まる」と答えられます。それに「簡単じゃないはずよ」と心配するものの「心配するな。俺にも考えはある」と答えられます。

その頃、ムンシクはヒョソプに工房に呼び出されます。すると「週末泊まりに来るだろ。何か用意する物はないかと」と聞かれます。ムンシクは「本当に俺に泊まっていけと?いつまでこんなことを?」と苛立ちをあらわにするものの「6ヶ月、約束だろ。我慢してやってみろ」と言われてしまいます。

その夜、仕事から帰ったユハはミヨンに呼ばれると「ウンテさんの姉とは何事もない?」と聞かれます。「ええ」と答えると「黙ってるのか、それとも私に隠したいのか。まだ何もないならいいけど」と言われます。

ユハは「何かあると察してるんですね。どんな人ですか?」と聞き返すと「いい人よ。自分の子供たちや弟は特に大事にしてる。だからあなたたちの仲を受け入れ難いかも。どうするの?私が助けようか?」と聞かれるものの「私のせいで2人の仲が悪くなることは望みません」といい、ミヨンの提案を断ります。

後日、ジェヒョンにワインの試飲会に誘われたダヨンは先にレストランに向かうとそこにはヒョナの姿が。ヒョナを見たダヨンは別の恋人だと勘違いして「ジェヒョンに試飲券をくれたのはあなた?」とヒョナに挑発的な態度をとると、それにヒョナも「もう直ぐ終わるのでカフェで待っててくれます?」と応戦します。

カフェで2人はお互いに敵対心剥き出して喋っているとそこにジェヒョンが。そこで本当にヒョナが妹だと聞かされると思わず恥ずかしくなってしまいます。

週末、ムンシクは言われた通りヒョソプの家に泊まりに向かう事に。食事中、ムンシクは「ところでどの部屋で寝れば?」と切り出すと、初耳だったジェヒョンとヒョナ「泊まるのと食事するのは違うでしょう」と反論します。

それを聞いたムンシクは「家族の同意なしに俺を呼んだんですか?それなら俺は家に帰って寝る事に」と帰ろうとするものの、ヒョソプに「心配するな、俺に考えがある」と言われると、結局ヒョソプの家に泊まる事に。

後日、ユハは再びジニに呼び出されます。

ジニに「考える時間は十分に与えたから返事を聞こうかと」と聞かれたユハは「あの時に言ったはずです。娘を置いてウンテさんと付き合うなんて考えたこともありません」と答えると「ウンテを諦めるということ?」と聞かれます。それに対しても「いいえ、諦める気はありません。私の娘を諦める気もないし」と意見を伝えると、ジニは「それなら私もあなたの返事を伝えないと」と言い、帰って行きました。

スポンサーリンク


家に帰ったジニはウンテに「ユハさんに会ったの。結婚するなら子供は置いてこいと言った。あんな複雑な人はダメよ」と告げます。それを聞いたウンテは「本当にユハさんにそんな話をしたのか?なんてことをしてくれた」と怒鳴ります。それでもジニに「他人の子供を育てるのは簡単じゃないわ。だから一度失敗した人は慎重じゃないと。私の欲じゃない、お前のためよ」と伝えるものの、ウンテは無視してユハの元へ。

ウンテは「姉に会う前に言わないと、僕が何かできるように」とユハに言うものの「何をするの?お姉さんを捨てる?私は結婚する時、婚前契約書を書いたの、家族を捨てるという契約書だった。それにサインしたの。あの時は愛だった、私はその感情に溺れてサインした。家族を人間扱いされなくしたのは私なの。あんな過ちは2度と繰り返したくない、だから話さなかった。私も娘を捨てられないのに、あなたにお姉さんを捨ててこいとは言えない」と聞かされ、何も言い返せず自分のオフィスへ。

気持ちを整理したウンテはユハに「他人の視線など関係ない。戻ってくる時から君とウンスと一緒だと決めてた」と伝えると「選択する時間を与えたかったの。もしかしたら後悔する事になるかと、昔の私みたいに」と涙とともに言われ、ユハを抱きしめました。

さらに後日、ユハはジニから着工記念の夕食会に誘われます。ユハは承諾する事に。

そして食事の席に向かうと「チョンミョンの奥様よ」と紹介されます。ユハは気まずい雰囲気を感じているとそこにウンテがウンスを連れてやってくると「僕の娘です」と言い出します。

一緒に暮らしませんか?第32話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

一緒に暮らしませんか?第32話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

一緒に暮らしませんか?第32話の感想と考察

ユハはジニ相手でも一歩も譲る気はなさそうでした。どれだけ考えてもウンテもウンスも捨てるという考えには存在しなかったのでしょう。当然の考えだと思います。ウンテもウンス込みでの付き合いに賛同しているようでした。2人はどれだけジニに反対されようが、別れる気はないようです。何があっても今のままの関係を続けてもらいたいです。

ですが、ジニは意地でも2人を引き離しにかかるような感じでした。よっぽどウンス込みでの付き合いが嫌なのでしょう。このままではジニがどこまで過激なことをするかわからないように感じます。

そんな中、ウンテはウンスを連れてジニたちの前に現れましたが、これは何を思っての行動だったのでしょうか。ジニに対しての宣戦布告のようにも感じられます。

ムンシクは渋々ながらもヒョソプの家に泊まりました。今までは何も効果がなかったものの、家に泊まったことでジェヒョンはムンシクの父親への思いを聞き、少し打ち解けたようでした。家に泊まらせるのは効果があったようです。このままムンシクはヒョソプの子供たちと打ち解けることができるでしょうか。それともその前に根をあげるのでしょうか。

まとめ

以上、一緒に暮らしませんか?第32話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

33話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です