胸部外科(韓国ドラマ)1話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第1話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第1話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第1話のあらすじネタバレ!

テサン大学病院では、大統領候補であるハン氏の手術に関する記者会見が行われていた。ハン氏は2か月前テサン大病院で補助人工心臓の装着手術を行っていたが今回改めて心臓移植手術を行うこととなった。手術を担当するチェ・ソッカン教授は術後の回復が順調であれば1か月で退院し、3か月で政治活動を再開、そして大統領選に当選の暁には世界初の心臓移植を受けた大統領の任期全うが見られると会見で発言する。

一方ハン氏に提供される心臓摘出のため、手術チームの一員である外科医のテスがムジン大学病院を訪れていた。臓器提供を待っている間にチェ教授から今回の手術を一緒にやろうと言われた時の事を思い出し考え込むテス。今回の手術に関し秘密を共有している雰囲気の2人。テサンの順番が来て一緒に出向いた医師と心臓を摘出し、急いでテサン病院に戻るテスら2人。テスの連絡を受けテサン病院では1時間後の心臓到着に合わせ手術の準備が始まる。ヘリの中でもチェ教授の「テス、一緒にやろう」という言葉を思い出すテス。

手術室の外ではテサン病院の理事長達やハン氏の側近らが手術の開始準備を様々な思惑で見守っていた。

ヘリが病院に着き、摘出心臓を持ち手術室に急ぐテス達。手術室の前でテスが急に「まずい、ルーペを忘れた」と同僚医師にルーペを持ってきてくれるよう頼む。渋る同僚に週末の当直を代わる約束をし、一人摘出した心臓を持ち手術室に走っていくテス。

手術室ではすでに臓器到着時間に合わせ手術が開始されたが、先に入ってきたのはルーペを取りに行った医師で、来ているはずのテスの姿はなかった。そのころ心臓を持ち出し車に乗り病院を出るテス。テスに電話をかけ「手術室で待っている」というチェ教授に「行けません」と言うテス。「この手術さえ成功すれば私たちが望むものが手に入る」というチェ教授に「あなたが望むものだろ」と返すテス。「心臓を持って戻れ」と動揺を隠せない様子のチェ教授の電話を切るテス。一人立ちすくむチェ教授。

時はさかのぼり2014年。テスはチュンサン大学病院で専攻医4年目を迎えながら外科の教授の医療ミスを告発し周りから辛く当たられていた。誤って大動脈を損傷させ心停止した乳児に再手術を求めたが医療ミスを認めない教授を告発したテス。同じ日に懲罰委員会を控え、チュンサン大病院にテスの母親が運ばれてくる。慌てて母のもとに駆けつけたテスの所に告発された教授が現れる。気後れし慌てて挨拶する母親に愛想よく対応する教授。母親は検査に運ばれ、その後の懲罰委員会に「行こうか」と機嫌のよい教授と複雑な表情のテス。

懲罰委員会では、手術スタッフで医療過失を主張しているのがテス一人だけだったため証拠がないとして委員会が終わりそうだったが、証拠の映像を消していなかったテスの主張が通り、教授は3か月の執刀停止および訴訟の全責任を負うという処罰が下される。

スポンサーリンク


委員会終了後、テスの母親が腹部大動脈瘤で切迫破裂の状態であると判明する。すぐに手術が必要だったが教授は全員手術中で、残るはテスが告発し懲戒を受けた教授のみだった。教授のもとに駆けつけテスはひざまずき母の手術を頼むが、テスを恨む教授は手術を拒否し立ち去る。

テサン大学病院では診療科ごとの手術実績を見た院長が、患者を回していないはずのチェ・ソッカン教授の手術実績が伸びていることを不快に思っていた。なぜか他院の患者に名刺を配り、評判を聞いたよそからの患者の手術も多いチェ教授。チェ教授を解雇したい院長だが、対立する理事長で異母兄弟の理事長はチェ教授の解雇に反対していた。優秀なチェ教授は上司の手術ミスのフォローもうまく行っていた。

同じころ、テスは母親の転院先を探すがなかなか決まらず焦っていた。そんなテスに看護師が以前もらったチェ教授の名刺を見せ、急いで電話をするテス。電話はチェ教授の携帯電話につながり、状態を聞き転院を受けてくれると言うチェ教授。テスらは急いで母親を搬送するが途中血圧が低下。電話でチェ教授に報告すると、2次破裂が起こったので開腹し大動脈を抑えるようテスに指示するチェ教授。動揺するテスだが勇気を振り絞り腹部を切開する。

手術準備に入るチェ教授のもとに院長がやってきて他の緊急手術を指示する。他の緊急手術が入っているというチェ教授に、個人で受けた手術よりも病院の患者を優先するよう命令する院長。

ようやくテサン大病院に到着したテスらだったが、手術室にはすでに別の患者がいてチェ教授から手術室を出るよう言われるテス。一刻を争う母親の病状に焦り「今すぐ手術をしろ」とチェ教授に怒鳴るが、手術室を追い出されチェ教授は別の手術を始めようとする。涙ながらに「母を助けて下さい」と叫ぶテス。

胸部外科(韓国ドラマ)第1話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第1話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第1話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第1話の感想と考察

のっけから緊迫したシーンの連続で始まりました。

テスは臓器を持ったまま逃げてしまい患者さんはどうなるの!?という感じですが、そもそもチェ教授は何かを隠したがって何が何でもこの手術をしたがっているように見えます。

まだ専攻医時代のテスも強い正義感ゆえとはいえ、そのせいで自分が告発した教授からお母さんの手術を断られるというものすごいバッドタイミングで絶対絶命に陥っていましたね。

今回も彼なりの正義を貫こうとするゆえの行為なのでしょうか??

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第1話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です