胸部外科(韓国ドラマ)10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第10話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第10話のあらすじネタバレ!

1年ぶりにテサンを訪れたテス。搬送中に亡くなった大動脈解離の患者を教授が引き受けていれば助かったかもしれないと言うテスに、もう急患は受けないと話す教授。自分が急患を診るのでテサンに戻りたい、テサンを出て自分の無力さを知り自分の居場所がわかったと言うテス。

帰宅すると「教授を問い詰めてきたか」聞くウジンに、テスは復職を頼んできたと答える。ウジンはそんな話をしに行ったのかと驚くが「どうして教授があんなことをしたのか訳を知りたい」と言うテス。

心臓内科から胸部外科に不安定狭心症の手術依頼が来る。過去に狭窄した血管を3回も手術をしたが自己管理が悪く症状が悪化してしまったという。かなりリスクの高い手術だけにどの医師も執刀を渋る中、「パクテスに執刀してもらう」と言い出すチェ教授に驚く医師達。理事長の承認を得てテスの復帰は決まっているというチェ教授。スヨンはテサンで敬遠されるような患者をテスに押し付け利用するつもりではないかと問い詰めるが、「どうするかもテスの選択だ」と答える教授。教授はテスがどこに勤務していたかも知った上で急患を断りテスに患者を回していたのではないかと思うスヨン。

テサンにテスが復帰し歓迎会が行われる。テスが外で一息ついているところに、スヨンが遅れて合流する。なぜテサンに戻って来たのか尋ねると「君とこの間会ってからテサンの仲間が恋しくて」と言うテスだが、その言葉が腑に落ちないスヨン。明日の手術を心配するスヨンに、俺の無謀さが時には必要だと言ったのは君だ、と言い「無謀というより患者を救いたくて必死なんだ」と言うテス。

飲み会の後、医局で明日の手術患者の状態を確認していたテスのもとにチェ教授がやって来る。「もう少し早ければ悪化せずに済んだのに」と以前のチェ教授と同じ様な事を言うテス。当時は危険な手術でも行うチェ教授をテスがサポートしていた。無理なら断ってもいいと言う教授に「やります」と答えるテス。面接でテサンに来る目的を聞かれたテスが「医師になることです」と答えたことを思い出した教授が「君の目指す医師になれ。私は私の目指す医師になる」と言うと「では、教授が目指すのはどんな医師ですか」と尋ねるテスに「今にわかる」と答える教授。防犯カメラ映像の教授を思い出し、医師の倫理に反してまでどんな医師になりたいのか、と心の中で問いかけるテス。

スポンサーリンク


理事長室で、スヨンの父の命日の事を話している理事長とスヨン。もうすぐ前理事長の死から1年だった。それにしてもなんで事故が起きたのか、と言う理事長の言葉に「事故?まだ原因は明らかになっていません」と過敏に反応するスヨン。「警察が言うには兄さんの居眠り運転が原因だと言う話だが。何か思い出したことは?」とまたしても探りを入れてくる理事長に「何も」と答えるスヨン。追突直前に弟の名を叫んだ父が居眠り運転していたはずはなく、真相は別にあるはずだと改めて叔父への疑惑が強まるスヨン。

手術予定の患者がさらに心筋梗塞を発症してしまい、手術を急がなければいけなくなったが手術室に空きはなかった。その頃、同期への見栄で手術映像をテレビで流そうとク課長が自分専用の手術室にテレビカメラをセッティングし執刀しようとしていた。そこにテスが「急患です」と患者を連れてくる。撮影を邪魔されいら立つク課長だったがテレビカメラの前で怒鳴ることもできず「もちろん急患優先です」と手術室をゆずる羽目になる。テスの手術もテレビカメラの撮影がそのまま入ることに。ク課長はリスクの高い患者が手術で亡くなったら大変だと、助手を務めようとしている息子のドンジュンを連れて行こうとするが「危険を承知で挑むのが医師だ」と父親に言い返すドンジュンに驚くスタッフ達。テスをサポートするスヨンとドンジュン、そして麻酔医の教授,看護師達は一体となり手術に挑む。しかし手術中に心停止し、懸命な心肺蘇生が行われる。「目の前の患者を1人たりとも見捨てたくない」という思いのテス。「見捨てざるを得ない現実を変えて見せる」と思いながらテス達の手術を上から見下ろすチェ教授。

胸部外科(韓国ドラマ)第10話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第10話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第10話の感想と考察

テスは以外なほどあっさりテサンに戻りましたね。

今のチェ教授のやり方に疑問を持ち、何らかの目的を持って戻ってきたのでしょうか。

さっそくハイリスクな患者の手術を任され心配するスヨンに、ただ患者を救いたいだけだと言うテス。

テスもチェ教授も患者を救いたい思いは一緒なのですが、様々な苦い経験から力を持たないと目的を達成できないと悟り自分なりの道を歩み始めてしまったチェ教授。

高度な医療を提供できる専門施設で自分の娘のような幼い命を少しでも救いたいのでしょう。

今までの様な地道なやり方では何一つ得るものがないとわかった教授の気持ちもわかる気がします。

ただ、目の前の命を見捨てる代わりに大勢の命を救うという方法と、目の前の命だけを救うために必死になるのとどちらが正しいか答えはあるのでしょうか?徐々にチェ教授は悪役路線にシフトしていっている気がするのですが、オムギジュンさんファンの私はこのままチェ教授を応援したいと思います!

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です