胸部外科(韓国ドラマ)11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第11話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第11話のあらすじネタバレ!

一時は心停止した患者だったが心拍が戻り血管をつなげる手術も無事成功する。ホッとし和やかな雰囲気の中手術を終了するスタッフ達。途中テスを見つめるスヨンの切なげな視線に気づくドンジュンと麻酔医。ドンジュンもチームの一員として活躍し、そんな彼を立てるテス。スヨンも准教授でありながら助手を務め看護師に「先生は変わった」と言われる。以前は尊大な態度だったが、テスに影響を受け様々な経験を経て変わったスヨン。

大統領候補であるハン氏の心エコー画像を手に入れた理事長はチェ教授を呼び出す。心臓に問題を抱えたハン氏は心臓移植も視野に入れており、大統領候補がテサン病院での手術を行えばその宣伝効果は絶大だと自分の病院で何としても手術を受けさせたい理事長。ただハン氏は心臓移植を受けるなら大統領選を見送るつもりだと言っており、大統領選と心臓移植の両立を何が何でもさせたい理事長はその手術をチェ教授にまかせようとする。「なぜ私に?」と尋ねるチェ教授に「娘を亡くしてからの15年を埋め合わせしないと」と答える理事長。

テスが術後の患者の様子を見に行くと集中治療室の前でスヨンとすれ違う。お互いに手術をねぎらうテス達。「これで3回目ね。一緒に手術したのは」とスヨン。「どれもユン先生のおかげでうまくいった」と言い集中治療室に入っていくテスを見つめるスヨン。

チェ教授も術後の様子を見にきていた。「難手術だがよくやった」と言葉をかける教授に「教授を必要とする患者はたくさんいます」とテスは言うが「意識が戻るまで気を抜くな」とだけ言いその場を去るチェ教授。

アフリカ病院の裏金について調査を依頼していたスヨンの元に調査結果についての連絡が入る。調査員に会いに行ったスヨンだったが、裏金はスヨンの入院中に整理されていた。スヨンたちが衝突したトラックの運転手も海外に出国してしまい足取りが不明になっていた。証拠をすっかり消され調査が難航してしまったスヨン。

テスの後輩スンジェは仕事の疲れが溜まりあくびばかりしていた。先日の手術患者の検査が終わりインターンと共に患者を移動させていたスンジェが、エレベーターのドアを閉めようとたが、誤って患者の血管とつながっている機械のチューブをドアで引っ張ってしまう。問題がないか確認すると、ドアで引っ張られたところから大量に出血し心拍が急激に下がってしまう患者。慌てて点滴を手で絞り輸液処置をするスンジェ達。エレベーターを待っていたテスの前でドアが開くと、中で必死に応急処置を施すスンジェ達が目に飛び込んでくる。

その後患者は危機を脱したが、ショックを受け物置に隠れてしまうスンジェ。スンジェを心配したテスが探し出し、絶対に起こってはいけないが起きるのが事故だ、気を付けよう、と励ます。逃げ出したくなったと泣くスンジェに、冷静で的確な処置だったと人手の少ない胸部外科で頑張っているスンジェを慰めるテス。「先生はどう辛抱を?」と聞かれ「辛抱してるのではなく逃げ場がなかった。1人で判断して苦労した分腕が磨かれ実力がつく」と答えるテス。

スポンサーリンク


血管をつなげる手術を受けた患者の意識が戻りホッとするテスとスンジェ。

救急に不整脈で失神した祈祷師が搬送されてくる。神が乗り移っただけだ、とモニターを外し帰ろうとする患者だが数歩でふらつき再び失神してしまう。ジナの検査で不整脈に加え弁膜症と心不全が判明し、いつ死んでもおかしくないが入院するかと聞かれた祈祷師患者。もちろん帰ると答えるが、家に帰ってから死んでも病院は責任を負わないという念書を書いてから帰るようにジナに言われ不安になり渋々入院することになる。患者を受け入れたことと論文がなかなか完成しないことで教授から「なぜ面倒を引き受ける?だから出世できない」と叱責されたジナは、精一杯頑張っても認めてもらえない状況にむなしさを覚える。

搬送された祈祷師は入院を拒否しながらも退院もせず祈祷していた。実は今まで何度も失神してきたことを神が乗り移ったとごまかしてきてが、テスに手術を受けるよう説得される。

スヨンの父の1周忌に寺を訪れる理事長とスヨン。「自分がスヨンの面倒を見る」と涙ながらに兄に話しかける叔父をいぶかしく見つめるスヨン。叔父の後に線香をともしながら「パパがなぜ死んだのか、誰の仕業なのか必ず突き止める。テサンはパパの代わりに私が守る」と言うスヨンに驚きの表情を向ける理事長。帰り際理事長に事故直前に父親が叔父の名を叫んだことを話すスヨン。直前に会ったからだろうと言う理事長に「アフリカ病院の裏金を完全に整理したんですね。叔父さんはテサンを去るべきです」と告げるスヨン。理事長は開き直り「裏金ごときで?」と笑顔で答え「お前の大好きな父親がどんな悪事を働いたかお前は何も知らない」と言う。何をしたか尋ねるスヨンにチェ教授に聞けと答える理事長。その時、理事長にハン氏の手術を引き受けるとチェ教授から連絡が入る。

胸部外科(韓国ドラマ)第11話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第11話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第11話の感想と考察

スンジェのミスで患者が出血してしまった時は本当に緊張しましたが、命が助かってホッとしました。

忙しくて人気のない科の医師ほど報われない現実が見ていて切ないですが、テスのような先輩がいてくれてよかったです。

スヨンもテスに特別な感情を抱き始めたようですね。

そして大統領候補ハン氏の心臓移植のエピソードがついに出てきました。

第一話ではテスが摘出した心臓を持って逃げてしまいましたが、患者を一番に考えるテスがなぜ?今後その理由が明らかになっていくのでしょうか。

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です