胸部外科(韓国ドラマ)12話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第12話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第12話のあらすじネタバレ!

電話で理事長にハン氏の手術を引き受けたチェ教授。理事長は一緒に寺に来ていたスヨンに、勇気があるならなぜチェ教授が父親を憎んでいたか聞いてみろと言う。そして、その事実に耐えれるかなと言われ不安げなスヨン。

スヨンはその足でチェ教授の元へ行き自分の父親と何があったのか尋ねるが、前理事長は娘に全力を尽くす人だったが自分はそれができなかった、とだけ答えるチェ教授。

小児科から胸部外科に手術依頼が来る。心室中隔欠損症の手術依頼だったが、この乳児はエドワード症候群という遺伝性の疾患にかかっており、出生前後の死亡率が高く生存しても心臓の奇形のために乳幼児期のうちに90%が死亡するという非常に予後の悪い病気だという。症例検討会でスヨンは手術をするつもりだと言うが、まだ親が手術をためらっているが、親が拒否したら生きる機会も得られないのかとスヨンは反論し、テスも医師ができることがあるなら最善を尽くすべきだと主張する。チェ教授は多少の延命は医師の欲だとスヨンに言うが、逆に「本当に小児心臓センターを作る気が?」と言われる。どうせ死ぬ子を多少延命しても時間の無駄だという教授と、手術しないことが最善ではないというスヨンの主張は平行線だった。

チェ教授がハン氏の手術を引き受け上機嫌の理事長。ハン氏の大統領選と手術を両立させるための手術計画を聞かれ、予備選に向けLVAD(補助人工心臓)を使って時間を稼ぎ、予備選が終わったら心臓移植を行うつもりだというチェ教授。問題はいかにハン氏にテサンでLVADを装着させるかだが、予備選のあとで確実に心臓移植ができるという約束ができるかどうかだという事理長。確実にドナーが現れるかどうかは・・と言い淀むチェ教授に「君は一度やっているだろう」とテス母に移植するはずだった心臓をスヨンに提供した事実を突きつける。移植が確実ならハン氏はテサンを選ぶはずだという事理長に、ハン氏が大統領になった時の見返りに小児心臓センターの設立を条件に出すチェ教授。「ところで昨日スヨンは君のところに来たか」と尋ねられ「小児科からの手術依頼の件できました」と前理事長の話は伏せるチェ教授。「もしスヨンが面白い質問をしてきたら答えてやってほしい」と笑顔で話す理事長。

祈祷師の手術が行われようとしていたが、手術歴がないと言っていた祈祷師の身体にメスが入った痕を見つけたテス。手術が始まりメスで開胸したとたん大量に出血し、血圧が下がってしまう。ドンジュンの懸命な圧迫でなんとか出血は止まるが、祈祷師には胸腺がんで手術をしその際に放射線治療も受けていた経歴が判明する。出血の原因は過去の治療で大動脈が胸骨に癒着し、メスを入れた時に癒着していた大動脈が破れたためだった。気を取り直し手術が再開される。

乳児の手術当日、乳児を手術室に搬送するテスとスヨン。簡単な手術だが今まで最も難しい患者だというスヨンに「この子が会った中で最も優しい医師だ」とスヨンを励ますテス。

スポンサーリンク


ハン氏宅を訪問する理事長とチェ教授。心臓移植を提案する理事長に、病気の事を公にしていないハン氏は警戒する。心臓移植と大統領選の両立の提案に、都合よくドナーが現れるのかと疑問を口にするハン氏。必ず心臓を手に入れると断言する理事長に「あいにく私に悩みなどありません」と病気自体を否定するハン氏。帰り際、ハン氏がダメなら小児心臓センターは諦めろとチェ教授に告げる理事長。

乳児の手術は無事成功する。わが子を見て涙を浮かべる両親を見ながら「これで正しかったのよね」と言うスヨンに「俺たちにできるのはここまでだ」と言うテス。

チェ教授はエレベーターで会ったスヨンに手術がどうだったか尋ねる。これからもやるのか?と尋ねられ「私にできることなら」と答えるスヨン。叔父とチェ教授が出かけるところを見ていたスヨンは「謝った道に足を踏み入れてまで小児心臓センターを作る意味が?」と尋ねるが「センターを作れるなら道を選ばない」と答えるチェ教授。

チェ教授にハン氏から直接連絡が入り2人で会うことに。ハン氏には長年仕えたが悪性の心臓がんで一線を退いた補佐官がいたが、彼の手術を引き受けてほしいという。自分でも治療は難しいというチェ教授に「誰が助けろと言った?」と言うハン氏。

ハン氏は理事長とも2人で会っていた。「彼は引き受けると思うか」と聞かれ「必ず引き受けると思います」と答える理事長。お酒を勧められ、「移植が終わって元気になったら」と断るハン氏。

テスにステージ3の悪性腫瘍の手術を頼まれたと話すチェ教授。無駄な手術はしないと言っていた教授がなぜ、とテスが言うと「君が反対ならやめる」という教授。「教授が決めることです」と言われるが、迷いのある表情のチェ教授。政治家の本当の敵は身内にいるというハン氏。ハン氏の望みは補佐官が手術中に亡くなることだと聞かされたチェ教授。

ハン氏から手術を依頼されたと報告を受けた理事長は初めて聞いたかのように振る舞い、手術を躊躇するチェ教授にハイリスクなら術中に死亡しても仕方ないだろう、と言う。

症例検討会でも手術中に死亡するリスクが高いと言われ、スヨンはハイリスク手術に挑戦したいだけだと非難するが、テスが助手に志願する。危険な手術だと心配するスヨンに「教授がなぜ執刀を決めたのかこの目で確かめたい」と言うテス。

手術を前に理事長やハン氏の言葉が頭に浮かぶチェ教授。

胸部外科(韓国ドラマ)第12話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第12話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第12話の感想と考察

乳児は手術で余命が伸びましたが、誰にとっての何が最善かとっても難しい問題だと思います。

でも、わが子を抱ける機会ができた両親を見て涙が出てきました。

そして理事長の野心を利用し自分の欲望を遂げようとするチェ教授ですが、難しい決断を迫られてしまいました。

この手術をすることで大きなチャンスがつかめそうですが、人を死なせるための手術だけに珍しく気弱なチェ教授です。

陰で会っている理事長とハン氏の会話の中身も怖いですね。

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

13話を読んでいない方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です