胸部外科(韓国ドラマ)13話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第13話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第13話のあらすじネタバレ!

ハン氏から依頼された手術が始まる。手術は一旦心臓を取り出し腫瘍を摘出するという難しいものだった。腫瘍は無事摘出したが、心臓を元に戻したところで不整脈により心停止してしまう。蘇生を試みるチェ教授とテスだが、理事長は心拍が戻らない事を確認しほくそ笑む。そんな理事長を見てチェ教授も蘇生を諦め家族に説明に行ってしまう。テスだけが周りが止めてもあきらめず最後まで心臓マッサージを続けるが、結局患者は術中死してしまう。

スヨンはチェ教授の最後の判断は正しいと思っていたが、患者が心停止したのを見て理事長が笑っているのを見てしまい、この手術には何か裏があるのではないかと疑う。

テスはチェ教授に、最初からこうなるとわかっていたのでしょうと問い詰める。気の進まない手術をあえて行った理由を尋ねるが、自分と患者にお互い必要だった事だと答える教授。

チェ教授を待っていた理事長が教授をねぎらい、ハン氏の補助人工心臓(LVAD)の手術を指示する。理事長が部屋を出ようとしたところにスヨンがやって来る。叔父の依頼で手術をしたのか?救うために手術したのか?真意を尋ねるスヨン。チェ教授は救いたかったと答えるが、叔父が心停止を見て笑っていたと答えるスヨン。

理事長は手術の報告をしにハン氏を訪ねる。丁重に弔ってほしいと言うハン氏。そして、近日中にテサンでLVADの装着術を受けることになる。内密に進めるよう頼むハン氏。

テスは教授の手術に疑問を持ち何度も動画で確認する。しかし手術に非の打ちどころはなかった。そんな自分への不審感をぬぐえないテスを見てチェ教授はいら立つ。

ハン氏の補佐官の手術は術中死を目的としたものだったと改めて確信したテスとスヨン。小児心臓センターのためとはいえ、野望のために変わっていく教授に不安を抱くテス。

ハン氏が極秘でテサンに入院する。補佐官の手術をねぎらうハン氏に「なんでこんな仕打ちを?」とチェ教授が尋ねると「邪魔者は消さねば」と答えが返ってくる。しかし手術をしたのはチェ教授だとあえてクギを刺すハン氏。

LVADを入れてから2か月以内に移植心臓を絶対手に入れるようチェ教授に命令する理事長。手に入らなければ自分の心臓を差し出せとまで言い、ハン氏がいなければ君はただの腕利き外科医だとチェ教授に言い放つ。

ハン氏の極秘手術の日。大動脈解離の急患がテサンに搬送され一刻も早い手術が必要な状態だったが、手術室が点検中で空きがないと聞き確認に行くテス。手術エリアに行くと警備員に立ち入り禁止だと止められる。そこにク課長がやってきて、理由も言わず0時過ぎに手術しろと命令する。スヨンも手術室の点検を当然知らされていなかった。しかし教授達上層部の動きに不審なものを感じVIPの手術が入っているのかもと疑問を抱くテス達。

スポンサーリンク


ハン氏の手術スタッフ達は詳しいことは知らされていなかったが、決して口外しないという念書まで書かされていた。

チェ教授に手術室を使わせてほしいとテスから連絡が入る。自分にそんな権限はない、という教授に「これから手術でしょう」と言うテス。振り返るとそこにテスが立っていた。

急患の手術の緊急性を訴えるテスに「私の患者は大統領候補だ。君の患者はそれより重要か?」と言う教授。そこに理事長がやってきてチェ教授と手術室に行ってしまう。

麻酔医のイ教授からの連絡で今からハン氏の手術が行われるというタイミングを知ったテスは、手術室の準備を指示する院内放送をあえて流す。テスの院内放送を聞いたハン氏の手術スタッフ達は動揺するが、意を決して麻酔医のイ教授や看護師たち、臨床工学士が次々とテスの手術室に行ってしまい、ハン氏の手術ができない状況になる。どうするんだ!と怒鳴る理事長に、波風を立てないようにと言うハン氏。

チェ教授がテスの手術室の前を通るときびきびと準備をするスタッフ達の姿が見えた。チェ教授に気づいたテスが外に出てきて、「自分は教授が目標だった。一緒に手術しましょう」と言うが、「必要ないと言ったはずだ」と立ち去る教授。本当はハン氏の補佐官を救いたかったチェ教授。命を救えていたら元の居場所に引き返したかったが、術中死した時から戻れないところまで来てしまったと感じていた。

ハン氏の部屋にチェ教授が謝罪に行くと、二度とこんなことのないようにと不機嫌なハン氏。今回の中心人物一人に責任を取らせる意味でテスをクビにするという理事長。

胸部外科(韓国ドラマ)第13話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第13話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第13話の感想と考察

ハン氏と理事長の思惑通りに補佐官が術中死してしまいました。

でもチェ教授も本心では命を救いたかったのですね。そんなチェ教授の手術よりもテスの手術を優先してしまうスタッフ達。まあ現実社会ではありえませんが、それが今のチェ教授に対するスタッフの正直な思いなのでしょう。

私はハン氏と理事長にいいように利用されているチェ教授を見ていて正直切なかったですが。

こんなドラマばかり見ているからか、やはり政治家は信用できないな~と改めて嫌悪感!です。

特に韓国の政治家に関しては嫌なニュースばかり聞こえてくるので、まさにイメージ通りですね。

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です