胸部外科(韓国ドラマ)14話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第14話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第14話のあらすじネタバレ!

ハン氏の手術よりもテスの緊急手術を優先して集まってくれたスタッフ達。テスも来てくれることを信じていた。

手術中にチェ教授がやってきて「これが君の最後の手術になる」とテスへの解雇通告をする。手術の後、教授の所に釈明に行くテス。「独善的な医師は病院で生き残れない。病院にとっても患者は生き残るのに必要な駒に過ぎない」とチェ教授は過酷な現実を伝えるが、それならなぜ自分を呼び戻したのか聞くテス。自分に薬を投与して眠らせた映像を送ってきたのは実はチェ教授だった事をテスは気づいていた。テスを呼び戻すために送ったと答える教授。現実を変えたいというテスに、力を持たなければ現実を変えられない、テサンに残りたければハン氏の手術に加わるよう説得するチェ教授。

ハン氏の手術を邪魔した件で理事長に責められるスヨン。「父なら緊急手術を優先した」と反論するスヨンに対し、ついに前理事長がユビンの検査データを改ざんしチェ教授にスヨンの手術を行わせた事実を暴露する理事長。さらにテス母の心臓の件も蒸し返し「父親の正体がわかったらおとなしくしてろ」と言われ言葉を失うスヨン。「チェ教授とパクテスにはかかわるな。彼らはいずれテサンを去ることになる」と言う理事長。

ハン氏の手術に入るチェ教授とテス。手術は無事成功する。

スヨンはチェ教授に、ユビンの検査データ改ざんの件をなぜ黙っていたのか問い詰めに行くが、話しても何も変わらないと返す教授。叔父は絶対に小児心臓センターを作らないから自分が協力する、と言うスヨンに「口出し無用だ」と言う教授。スヨンは元補佐官の死の真相を持ち出し「叔父と戦えるように力を貸してほしい」と言う。

肺がんの女性患者の手術が行われるが、胸膜にも転移しており手術できないまま閉胸することになる。事実を告知された患者は、明日修学旅行に行く中学生の息子が楽しんでこれるよう、事実を話さないでくれと主治医に頼む。がん患者の息子のジヌが母に会いにやってくる。母親の看病や弟の面倒もよく見る家族思いの優しいジヌに心を痛めるスタッフ達。

理事長が集中治療室にきて、手術できなかった女性患者を置いておけないのでホスピスにでも移すよう指示する。今後は理事長が患者の管理を行うことになり、転院できなければ責任を問うと言われ焦るク課長。息子のジヌが修学旅行から戻り次第ホスピスに移すよう指示を出すク課長を、手術に助手として入っていたドンジュンが責める。自分の母親も病気で自分は修学旅行に行けなかったとドンジュンに言われ、亡くなった妻を思い出し泣き出すク課長だが、それでもジヌが旅行から戻ったら知らせろと指示を出す。

スポンサーリンク


元補佐官の娘に会いに行くスヨン。他の病院では手術は危険だと断られていたが、ハン氏が手術できる病院を見つけたと知らせてきたという。娘は手術に反対だったが、父親自身が手術を希望していた。やるべき手術ではなかったというスヨンに、手術をした教授も同じことを言っていたという娘。チェ教授は「手術を受けなければ今でも生きていた」と正直に話したという。スヨンの話を聞きどういうことなのかと不審がる娘に、「おそらく一番身近な誰かがムリに手術を受けさせたのかも」と打ち明けるスヨン。

大統領選の予備選が始まる。ハン氏の心臓移植を2か月後に控え、小児心臓センター設立の確約を理事長に求めに行くチェ教授。口約束で済まそうとする理事長は、「もう先行きは見えている」と入手した移植待機者リストを見せ、ドナーがタイミングよく現れない可能性もあるため、準備しておくようチェ教授に指示する。移植さえ成功すれば望むものが手に入ると言う理事長。そしてチェ教授に廊下で会ったスヨンは元補佐官の娘に会った事を伝え、時が来たら真実を話してほしいと頼む。欲望のため道を外してしまいそうなチェ教授を心配し助けたいスヨン。

ジヌの母親が急変し駆けつけるテス。呼吸不全で意識を失い人工呼吸器を使用することになるが、それには家族に知らせる必要があった。看護師の話で、ジヌが旅行から戻り次第ホスピスへ転院させるよう理事長から指示が出た事を知るテスとスヨン。

さらに保険適応外の薬の使用禁止や緊急の患者は断るようにとの理事長の命令が下る。経費をおさえる目的がどこにあるのか、叔父の真意がわからずもどかしいスヨン。

ハン氏の心臓移植を前に、「止めてほしいから自分を呼び戻したんでしょう」と言うテスを黙って見つめるチェ教授。

ジヌの母親が転院させられることになる。音信不通だった夫と病院側が連絡を取り承諾を得たという。駆けつけたテスやスヨンは状態の不安定なジヌ母の転院に反対するが、チェ教授が財閥の会長であるVIPの手術を行うのでベッドの空きが必要だという理事長。連絡を受けたジヌが駆けつけるが、母親の様子に驚き泣き出すジヌ。するとジヌ母が心停止してしまう。すぐに心臓マッサージを行うテスに、患者は延命治療を望んでいなかったので、ク課長に死亡宣告の指示を出す理事長。さすがに戸惑い動けないでいるク課長の代わりにチェ教授が死亡宣告の指示を受ける。心臓マッサージを続けながら見つめ合うテスとチェ教授。

胸部外科(韓国ドラマ)第14話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第14話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第14話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第14話の感想と考察

ついにスヨンは真実を知ってしまいました。

信じていた父親の残酷な行為に傷つき、ますますチェ教授への罪悪感が深まってしまいましたね。

そしてさらに胸部外科を追い詰める理事長ですが、どこまでも利益優先のやり方にこのままチェ教授は従ってしまうのでしょうか。

確かに延命治療は望んでいなかったジヌ母ですが・・・残酷な格差社会の象徴のようなジヌを見て胸が痛みます。

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です