胸部外科(韓国ドラマ)2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第2話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第2話のあらすじネタバレ!

一旦はテス母の手術を拒否したチェ教授だったが、結局は手術を行ってくれることとなり、スタッフ不足のためテスが助手となる。チームワークよく手術を進めるチェ教授とテス。教授に暴言を言った事を謝るテスに「医師ではなく息子としての言葉だから気にするな」と返す教授。そこに、指示した手術が行われていない事を知った院長がやって来る。責められる教授を見て申し訳なく思うテス。手術後、無事母親が意識を取り戻し一安心のテス。

5か月後、テサン病院のフェロー選考面接を受けるテス。面接官の一人だったチェ教授はテスを見てほほ笑む。同じく面接官のク外科課長は無名のヘウォン大出身でチュンサン大の専攻医であるテスに見下した態度をとる。他の面接官が、テスがその年の胸部外科専門医試験で1位をとったと驚くが、同じ面接を受けているドンジュンは実はク課長の息子で専門医試験最下位だった。苦々しい表情のク課長。さらにチュンサン大からテスを採用するなとの連絡を受けていたク課長は教授を懲戒に追い込んだ件も指摘。面接はダメだったと諦めて帰ろうとするテスを呼び止めるチェ教授。自分も同じへウォン大出身だと教え「テサンで働くのはキツいから覚悟しろ」と採用を伝えるチェ教授。

4年後のテサン病院。

集中治療室では術後せん妄の老人患者が腹部のチューブを抜いてしまい大量出血で意識を失ってしまう。呼び出しを受け、今やテサンで忙しく働いているテスが老人の再手術に入っていた。出血の原因は閉胸する際人工血管にチューブがひっかかっていたことを指摘するテス。最初の執刀医は父親のク課長のコネで入職したドンジュンだった。

ク課長は脳梗塞合併の心内膜炎というハイリスク患者が入院していることに気づき、「こんなハイリスク患者誰が引き受けたんだ!」と声を荒げるが、自分が引き受け手術の予定も入れた事を忘れていたのだった。そんな危険な手術はできないと慌てたク課長は、テスを呼びつけ自分は予定が埋まっていて手術ができないため転院するよう患者に伝えろと後始末を押し付ける。

地方からわざわざやって来た患者の夫に転院の件を伝えたテスは転院先を探すが、亡くなる確率の高い患者の受け入れ先は見つからない。チェ教授に迷惑がかかるかもしれない手術を頼めないテスだが、あきらめきれずに自分が手術をしたいと相談する。だが成功してもク課長の顔を潰すことになり、失敗したら君は終わりだ、得るものはないと言われる。去り際に「母の手術で教授は何を得ましたか」とテスが問いかけると「君を得た」と答えるチェ教授。

チェ教授の部屋では理事長が待っていた。理事長の娘であるユン医師が海外から帰国するため指導を頼みに来た理事長に複雑な表情のチェ教授。

ク課長はハイリスク患者の夫に、手術は死亡確率が高いので田舎で内科治療を受けるよう説明し、今すぐ救急車を手配するので帰るように言い放つ。

スポンサーリンク


手続きを終え帰ろうとする患者の夫に、すぐに手術しなければ奥さんは死ぬ、と迷った末に話すテス。正直に現状を説明し、手術は自分が行うと言う。すぐに決心がつかない夫だったが、娘と離れたくない患者本人が「手術を受けます」と答える。

手術が開始されるが、思ったより炎症がひどい状態にあせるテス達のもとにチェ教授がやって来て執刀を代わり、無事手術は終了する。今度から勝手なことはするなとチェ教授に注意されるテス。

韓国に向かう飛行機の機内で、急病人がいるため医師に協力を求めるアナウンスが流れる。駆けつけた男性医師に、患者は2日前に事故で胸を打ったとCAが伝える。胸を押されると苦しむ患者に、肋骨骨折による気胸だと判断する医師。そこに別の若い女性医師が入ってくる。肺の空気を抜こうとする男性医師に、胸部外科医だと名乗る女性医師は気胸ではなく心タンポナーデと診断し血液を抜くと血圧が正常に戻る。韓国到着後、救急車に同乗する女性医師。

搬送要請の連絡を受けた病院では胸部外科がなく麻酔医もいないと話すが、女性医師は手術室だけ貸してくれれば自分が手術すると伝える。その病院には当直医のアルバイトでたまたまテスが来ていた。テスから患者の受け入れの連絡を受けたその病院の課長は大反対するが、そこに救急車が到着し結局受け入れることになる。

クリーブランド病院に4年いたと話す女性医師は自信満々で終始上から目線の態度。手術の終盤、患者の心臓の一部が破裂を起こし血圧が低下する。設備もない状況での緊急事態に女性医師は患者を転院させようとするが、その間に死んでしまうとその場での処置を主張するテス。止血剤も医療用接着剤も人工心肺もない状況で、考え抜いた末にテスは一般用接着剤を使うことを思いつく。心臓に一般用接着剤の使用など論外だと大反対の女性医師だが、テスが出血部位を押さえ手が離せないためしぶしぶ文房具店に接着剤を買いに行く。戻ってきた女性医師が「命が助かっても訴えられるかも」と言うが、ただ出血を止めたいテスは手袋を切って傷をふさぐことを提案。「後悔するわよ」と言いながら手袋に接着剤を塗る女性医師。手袋の切れ端を心臓に貼ろうとしたその時「なんのマネだ!」と病院の科長が入ってくる。

胸部外科(韓国ドラマ)第2話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第2話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第2話の感想と考察

なんとか尊敬するチェ教授のいるテサン病院で働くことになったテスですが過酷な業務の連続です。

その上正義感ゆえ墓穴を掘りかねない行動に出るテスにハラハラしますが、かっこよくフォローしてくれるチェ教授が素敵です。

普段はクールながら時に優しい笑顔も見せるオムギジュンさん、今回もドストライクの役柄でファンの私としては嬉しい限りです。

さらにバイト先での緊急事態でも命優先のテスは無謀な手術に挑んでしまいますが、課長に見つかり無事で済むのでしょうか!?

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です