胸部外科(韓国ドラマ)3話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第3話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第3話のあらすじネタバレ!

部外者やバイトが手術だけでなく一般用接着剤を使用するなどとんでもないとバイト先の課長は必死で止めようとするが、患者の血圧が下がってしまいテスは出血部位に接着剤のついた手袋を貼る。緊張の中全員がモニターを見守っていると、血圧は安定し出血は無事止まる。

さっそく患者は搬送されることになり、救急車に同乗するテスと女性医師。心臓に接着剤を使用するという危険な手術をバイト先で行った事実が明らかになることも恐れず、テスは血管破裂手術に慣れている自分の病院に患者を搬送させようとする。未だに接着剤の件で責任を問われるのではと心配する女性医師だが、自分で手術室を押さえる電話をかけ、チェ教授に「ユンスヨン」と名乗る。テスが入職前に理事長の娘である「ユンスヨン」をチェ教授が救った話を思い出す。改めてスヨンは以前テサン病院にいたことを話す。

テサン病院に到着した男性患者はエコー検査を受け、破裂した心臓は縫合したように見えないと言われチェ教授らに「パッチを貼った」と言葉を濁すスヨン。手術に向かうチェ教授に自分も入れてほしいと頼み接着剤を使用した事を話すスヨン。テスの判断で接着剤を使った事やテサンに搬送したことは言わず「執刀医は私でした」と伝える。気まずい空気の2人。「まだ私を許せませんか」というスヨンの言葉に、立ち去りながら「許す?忘れもしないのに」とチェ教授。

テス母は拡張型心筋症で心臓移植待機のためテサンに入院していた。テスが男性患者の手術準備をしているところに母から電話が来る。苦しそうな母の様子が気になるテスだが大丈夫だと言う母。

手術前テスはチェ教授に、自分がバイト先から患者を搬送し接着剤を使用した事を認め「危険なことを」と言われる。

スヨンは他の医師からテスのことを聞き、4年前母親の手術を必死で頼み込んでいたあの時の男性だと思い出す。スヨンも同じ手術エリアにいたのだった。

手術中コードブルーのアナウンスが入り、テスの母が心停止したと連絡が来る。まさにその時、手術中の患者が心停止し他の医師と交代できなくなり、母親が死んでしまうかもと焦るテス。

心臓マッサージを受けるテス母のもとに駆けつけるスヨン。除細動器でも心臓の動きは戻らず、スヨンはエクモ(人工心肺装置)で蘇生を試みる。

手術の途中教授の許しを得てテスは手術を抜け、慌てて集中治療室に駆けつける。そこでテスはスヨンの判断で母が一命をとりとめた事を知る。スヨンに礼を言うテス。「お母さんはよくなるわ」と声をかけるスヨン。

テスの代わりに助手に入った医師たちは未熟で大声を上げるチェ教授。そこにスヨンがやってきてフォローに入り、手術は無事成功する。だがやはりスヨンにぎこちないチェ教授。

スポンサーリンク


帰宅しようとするスヨンをロビーで迎え上機嫌の理事長。2人は仲良く帰って行き、そんな様子を離れたところから見ているチェ教授は、自分の部屋に戻り引き出しから小さな少女の写真を取り出し悲し気に見つめていた。

男性患者の妻と息子に病状を説明し感謝の言葉を受けるテス。接着剤の件を黙っていることに罪悪感を覚え話そうとしたその時、目の前に以前自分が告発したファン教授が現れる。患者はファン教授の兄だった。好意的な態度でテスに感謝するファン教授だがやや意味ありげな表情を浮かべる。接着剤の件を言いそびれてしまうテス。

自分の娘の納骨堂を訪れるチェ教授。娘は部屋で眺めていた写真の少女だった。

2003年、チェ教授の娘ユビンが原因不明の体調不良で、当時チェ教授が勤務していたテサン病院の分院に入院していた。検査ではユビンに明らかな問題はなさそうだった。そこに近くの別荘で倒れた娘のスヨンを当時院長だった理事長が連れてくる。元々先天性心疾患を患っていたスヨンは肺動脈閉鎖症の手術をしたが、服薬を怠り血管が詰まってしまったのだった。再手術が必要だと大騒ぎの理事長。娘が心配なチェ教授だったが、スヨンの様子に緊急手術が必要と判断し「大丈夫だ」と妻に言い残しスヨンの手術に入る。手術の途中で状態が急変するユビン。チェ教授が駆けつけた時には手遅れの状態だった。

納骨堂を去ろうとしたところに、訪れたスヨンと鉢合わせする教授。

胸部外科(韓国ドラマ)第3話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第3話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第3話の感想と考察

男性患者は無事助かりましたが、心臓に一般用接着剤を使用したという大きな弱みを抱えてしまったテス。

そこにテスに恨みを持つ前勤務先の教授まで登場し、これは無事に済まない空気が流れてきました。

おまけに母親がまたしても心停止の危機に陥りましたが、スヨンが助けてくれましたね。

最初は高飛車お嬢様かと思ったスヨンでしたが、人の気持ちがちゃんとわかる誠実で有能な人のようです。

これからテスとのロマンスがあるのかな。

チェ教授の悲しい過去も明らかになりました。

確かにやり切れず許せない気持ちわかります。

でもスヨンの罪というよりむしろ父親の理事長が権力者のやり方で自分娘を救わせたことが原因と思いましたが、そんな経営者のもとで働くことに抵抗はないのでしょうか。

現院長がチェ教授を何でクビにしたがっているのかも気になります。

色んな過去がこれから見えてきそうですね。

テスとスヨンのコンビの活躍も期待したいです。

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です