胸部外科(韓国ドラマ)4話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第4話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第4話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第4話のあらすじネタバレ!

ユビンの納骨堂で偶然会うチェ教授とスヨン。「娘を知らない君がどうしてここに?」と言葉に棘のあるチェ教授。ユビンの死にずっと心を痛めているスヨンは、小児心臓センターを作りたいが院内でなかなか出世できないでいるチェ教授に、協力したいので自分を利用してほしいと話す。チェ教授が去ったあとユビンの納骨堂の前で、必ずいい医者になると誓うスヨン。

テスを恨んでいる前の病院の上司ファン教授は愛想よく接しながらも診療記録を見せてほしいので明日の朝まで準備てほしいと依頼。全部見せるつもりのテスだが内心は不安な様子。翌朝テスの前で診療記録にじっくり目を通すファン教授。だがファン教授はテスのバイト先での接着剤の件をすでに耳にしていた。仕方ない処置だったと焦りながら説明するテスだが、それを辞職に追い込む材料にしようとファン教授はそのまま院長室に向かう。母親の心臓移植が終わるまでは待ってほしいとファン教授を追いかけ膝をついて頼むテス。だが教授は絶好の機会とそのまま院長室に向かいテスの件を報告する。

報告を受け院長に呼び出されるテスとク課長。テスは即刻解雇を言い渡されるが、患者からの苦情の度に解雇するのかと院長に食い下がる。慌ててテスを院長室から引きずり出すク課長だが内心息子のフォロー役のテスがいなくなることを心配していた。今までさんざん尻拭いさせた恩もあり、契約が終了する残り1か月で母親を救えとテスに伝える。

集中治療室でかろうじて命をつないでいる母親を見ながら昔を思い出すテス。中学生だったテスの父親の葬式の日、焼香に来る親戚すらおらず水商売をしていた義理の母親の店に行ってみると店で酒を飲む義母。酒が入るたびに暴力を振るった父への恨み言を言う義母の言葉を聞きそのまま帰るテス。家でうたた寝していたテスが目を覚ますと、布団が掛けられ横に肉まんが置かれていた。庭に出てみると一人焼酎を飲む義母がいた。空腹にお酒はよくないと肉まんを義母に渡すが、テスに食べさせる義母。その日から義母はテスを育てることに。母親の水商売を学校でからかわれた事を知り昼間の飲食店の仕事を始めた義母に、今まで「おばさん」と呼んでいたテスは初めて「母さん」と呼び、涙を流す義母。そんな義母を見て「先生」と呼ばれる医者になると誓うテス。その日から「おばさん」だった義母は本物の母親になった。

アフリカに病院建設の慈善事業を行ってきた院長が、実は資金を着服していた証拠を握った兄である理事長は弟を追い落とす計画を娘のスヨンに話していた。会話の中で接着剤の使用でテスの契約解除が決まったことを知るスヨン。

着服の事実を兄に知られ内心焦る院長だが、そこに兄親子が訪ねてくると愛想よく迎える。話がテスの件になり、その接着剤は自分が購入したと手術に関与したことを院長に話すスヨン。ではお前もクビだ、と真顔で言った後に「冗談だよ」と笑い出しそのフェローはいずれ契約解除するつもりだったと話す院長。スヨンはチェ教授にテス不当解雇の件を相談するが、「不当の意味を?」と言い返される。自分も責任をとるとチェ教授に宣言するスヨン。

スポンサーリンク


テスにあの場での主治医は自分だったと謝るスヨンだが、接着剤の使用を決断したのは自分で母親の手術が終わったらテサンを辞めるつもりだと話すテス。

院長室では理事長が着服の証拠を院長につきつけ、理事会前に静かに片をつけようと提案していた。その言葉に逆上し、自分こそ理事長の座にしがみつきチェを引き入れているくせに、と理事長に食って掛かる院長。

娘のユビンを亡くした当初、チェ教授は毎晩ユビンの死の原因を突き止めるため病院に泊まり込み廃人のような生活を送っていた。そんなチェ教授のもとをある日当時の院長であった理事長が訪れる。チェ教授の娘の件を謝罪した上で理事長戦に勝つためある患者の手術を頼みたいと言う理事長。理事長は手が震え自分ではもはや手術できなくなっていた。なぜ自分に頼むのか尋ねると「他では弟に知られるから」と答える理事長だったが、さすがに無理な頼みだったと諦めて帰ろうとすると「やります」と答えるチェ教授。その代わり自分を本院に移動させてほしいと交換条件を出す。本院で手術症例数を増やし娘の死の原因を突き止めたいという思いから依頼を引き受けたのだった。

テサンに大動脈解離による胸の痛みのある男性が搬送されてくる。男性は末期の肺がんで緩和ケアを受けていたため他の病院で断られ運ばれてきたのだった。テスからの連絡にチェ教授は死亡するリスクが高く手術は難しいと話すが、その患者はチェ教授なら引き受けてくれるだろうと話しているという。チェ教授は自分の知り合いらしい患者のもとに向かうと、男性はユビンが亡くなった当時の上司であるハン教授だった。投薬が最善だと説明するがあくまでもチェ教授に手術を頼むハン教授。断ろうとするチェ教授に、ユビンの死の真相を知っているかのような口ぶりのハン教授。手術をしてくれたら話してやると言われ、冷静さを失い「今すぐ言え」と患者に詰め寄るチェ教授。

胸部外科(韓国ドラマ)第4話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第4話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第4話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第4話の感想と考察

娘の死から立ち直れないチェ教授に胸が痛みますが、なんとかして償いたいスヨンの切実な思いも伝わってきます。

回を追うごとにスヨンへの好感度が上がっていきますね。

親孝行なテスですが、義理の親子だったとは。

でもお母さんへの愛情だけでなく育ててもらった感謝の気持ちが強かったのですね。

あの必死な様子も納得です。

ユビンの死の真相を知っている元上司が現れました。

もうこれ以上チェ教授を傷つけないでほしいのですが、真実は明らかになるのでしょうか?

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第4話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

5話を読んでいない方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です