胸部外科(韓国ドラマ)5話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第5話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第5話のあらすじネタバレ!

チェ教授が「手術すれば死ぬ。今話せ!」と言っても自分を救ったら真実を話してやるとゆずらない元上司ハン教授。テスにハン教授を追い出せと指示を出し立ち去るチェ教授だが、「ユビンの死は誤算だ。ユン・スヨンが死ぬべきだった」というハン教授の言葉がひっかかり、当時理事長による何らかの隠ぺいが行われたのではという疑惑が沸き起こる。

ハン教授の心タンポナーデの処置を行うテスは、チェ教授とハン教授のやり取りが気になっていた。手術が仮に成功したところで余命わずかなのになぜか手術にこだわるハン教授は「あいつは必ず手術するはずだ」と自信のある様子。

他の手術中もハン教授の「私が死ねば真相は闇に葬られる」という言葉が気になって仕方ないチェ教授は再びハン教授のもとに行き真相を話せと迫るが、ハン教授は執刀したら話すとしか言わない。ついに手術を決意するチェ教授に「死ぬための手術です」と心配するテスだがチェ教授はなんとしてもユビンの死の真相を聞こうとしていた。

ハン教授が手術室から戻ってくる。意識が戻ったハン教授に真実を尋ねるチェ教授。当時、テサン大学病院の江陵分院に具合の悪いスヨンを連れて向かっていた理事長は、ハン教授から胸部外科医のチェ教授は娘の検査結果待ちで対応が難しいと電話で言われ、「自分の娘の結果が悪ければ私の娘を診ないのか」とハン教授に迫り、困ったハン教授に「検査結果を改ざんし、私の娘を優先させろ。そうすればお前を院長にしてやる」と言われ、心筋炎だったユビンの検査結果を改ざんした事実を打ち明ける。さらにユビンの心筋炎はコクサッキー・ウィルスという特殊なウィルスによるものだったため、予想より早く急変してしまったという。すまなかった、と謝罪するハン教授に「私こそすみません。手術はしていません」と話すチェ教授。「ホスピスに戻って死んでください」と言い残しその場を立ち去る。しかし、手の施しようのないハン教授の状態だったが、大動脈を医療用フェルトで補強する処置をチェ教授が思いつき短い寿命を全うできるよう処置を施していた。

ハン教授の妻からユビンの改ざん前の検査データを受け取ったチェ教授は事理長に強い怒りを覚える。

テス母の意識が戻る。だが術後のせん妄状態でテスを見ても息子とわからなかった。だが、学校で一生懸命勉強している息子のテスを待っていると言う母の言葉に涙が込み上げてくるテス。

病院で一晩過ごしたチェ教授は理事長を許すことができず、手術用のはさみを持ち部屋を飛び出す。ちょうどエレベーターで理事長とスヨンと鉢合わせたチェ教授は、朝から調子の悪いスヨンを診てやってほしいと事理長に頼まれ、結局はさみを握りしめながら何もできなかった。

スポンサーリンク


理事会前に院長の職を辞すよう理事長に言われ、理事長が去ったあと怒りのあまり出て行ったドアにクラスをたたきつける院長。

スヨンを診察室に呼ぶチェ教授。心臓に負担がかかっているので再手術が必要ということになる。一旦は診察室を出るが、チェ教授が昨日手術していた患者の名前が江陵分院のハン教授だったのではないかと気になり確認に来る。ハン教授本人だったが、手の施しようがなくホスピスに戻ったと伝えると「何か言ってなかったか?」と心配げに聞く理事長に「何か?」と聞き返すチェ教授。いやいいんだ、と出て行く理事長の背中に「お前も娘を失う苦痛を味わうがいい」と告げるチェ教授。

元気だったころのユビンの動画を観て涙を流しながら「待ってろよ。パパも行くから」と言うチェ教授は何かを決意した様子。

酒を飲み酔っぱらって歩けなくなったチェ教授を負ぶって迎えに行くテス。やっと教授室に寝かせるが「もう一杯飲もう」言う教授に飲み過ぎだとテスが言うと「私が何を聞こうとしたのか知りたくないか」とテスに尋ね「俺もテサンを辞める」と言うチェ教授。

チェ教授は、スヨンの手術で自分が心臓にメスを突き刺す夢を見て慌てて目を覚ますが、そこに理事長が交通外傷で搬送されたとの連絡が入り慌てて救急センターに駆けつける。「俺はもうだめだ」と言う理事長。そこに同じく交通外傷でスヨンも搬送されてくる。「スヨンを助けてくれ」と頼む理事長に、ハン教授からすべて聞いたと伝え「なぜお前の娘を救う必要が?」と言うチェ教授。事理長は「どうか娘だけは助けてくれ」と頼むがその後脈が乱れ意識を失う。理事長への復讐を決めたチェ教授は「娘が死ぬのを見てからお前も行け」と気が触れたように心臓マッサージを施し「死ぬな」と繰り返す。

胸部外科(韓国ドラマ)第5話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第5話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第5話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第5話の感想と考察

ユビンの死には権力者の身勝手な思惑が絡んでいたのですね。

何も知らなかったスヨンに罪はなく、むしろチェ教授の娘を犠牲にしてまで自分の娘を優先させた理事長とその条件を受け入れてしまった当時のハン教授がユビンを殺したも同然です。

ハン教授は天罰が下ったのか余命わずかの身体。

あとは理事長にスヨンの死で娘を亡くすという地獄を思い知らせる復讐をしようとしているようですが、スヨンを犠牲にしてまでユビンのもとに行ってもユビンは決して喜んでも許してくれないでしょう。

チェ教授が誤った判断を下さないようテスがなんとかフォローしてほしいです!

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です