胸部外科(韓国ドラマ)6話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第6話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第6話のあらすじネタバレ!

テサン病院理事会の前夜、2人で会っていた理事長と院長の兄弟。父親に頼まれた手術を手が震える兄の代わりにチェソッカンに行わせ2人でテサンを奪おうとしていると思い、兄とチェ教授を憎み代わりに他の物を得ようとしたと語る院長。金を返すからどうか今回の事を見逃して欲しいと院長は頭を下げるがそのつもりはない理事長。スヨンを院長にするつもりなのかと尋ねるが「明日の理事会で会おう」と理事長は帰って行く。車で待っていたスヨンに「大丈夫だった?」と聞かれ「叔父さんは辞任するそうだ」と報告する理事長。院長は去っていくその車をジッと見つめていた。

院長と会った帰り、理事長とスヨンの乗っていた車が事故に遭う。鉄骨を載せていた前方の車と衝突し、鉄骨は車を貫通し運転席と助手席に乗っていた2人は重体を負いテサン病院に搬送される。瀕死の理事長は自分はもう駄目だがスヨンを助けてほしいとチェ教授に頼むが、ハン教授から娘の死の真相を聞いたチェ教授は「助ける必要が?」と答える。スヨンを救ってほしい事理長は必死に助けを請うが意識を失い危険な状態に。そんな理事長に娘の死を見届ける苦しみを味わわせようと死に物狂いで心臓マッサージを施すチェ教授。病院に弟の院長が駆けつける。他の医師が30分以上心肺蘇生を試みるが心停止したままの理事長に、「無意味な心肺蘇生や延命治療は兄の意思に反する」と涙を浮かべながら死亡宣告する院長。スヨンも重傷を負い手術中と聞き驚く。

スヨンは胸に鉄骨が刺さる重症を負いチェ教授とテスが手術を担当する。理事長とチェ教授のやり取りを聞いていたテスは、スヨンの心臓に刺さった鉄骨を抜くためドリルを挿入しようとするチェ教授の様子がおかしいことに気づきその手を押さえる。呼吸が乱れやや平常心ではないチェ教授に代わりテスが執刀を続ける。慌てた様子でスヨンの手術を見に来た院長は気が気ではない様子。途中から得意げに手術に加わったク課長だったがテスが執刀している事や出血の多さに驚き大騒ぎする。うるさいク課長を追い出そうとするテスに大声で怒鳴るク課長。今まで気が抜けたように座り込んでいたチェ教授がその声で我に返りテスに代わり再び執刀する。多量の出血と輸血の末、鉄骨は抜かれ手術は無事終了する。

理事長の葬儀の日。院長が理事長になれば胸部外科の待遇が悪化すると心配するスタッフ達。「お前も娘の死を見届けろ」とチェ教授が理事長に叫んだのは本当かと事故当日の事が噂となる。院長もその事を耳にし、スヨンの手術にも遅れて執刀に入ったチェ教授と兄との間に何があったのか気になっていた。

スポンサーリンク


スヨンはまだ意識が戻らず、以前から良くない心臓の機能も更に低下し人工心肺が外せない状態だった。

白衣のまま葬儀場に行ったチェ教授は、娘の仇だった理事長があっけなく亡くなってしまったことで気持ちのやり場を失っていた。

テス母のドナーが現れる。ようやく母の命を救える機会が訪れ安堵したテスは、一緒に喜ぶチェ教授に「母の命を助けて下さい」と頼む。手術後はどうするのか聞かれ故郷に帰るつもりだと答えるテスは「いつか来てください」とチェ教授に言う。

テスはドナーの心臓を摘出しに向かい、その間チェ教授はテス母の手術の準備にかかる。手術室にテス母が入ったところでチェ教授に胸部外科の看護師から電話が入る。

無事心臓摘出しテサン病院に向かうテス。ところが病院に戻る途中、テス達の乗った車が事故に遭い車は横転し、テスは意識を失う。

テサン病院で意識を取り戻したテスは、摘出した心臓が母ではなくスヨンに移植されていると知らされ、けがを負った体で手術室に駆け込む。スヨンの手術の執刀はチェ教授だった。「チェソッカン!」と叫ぶテス。

胸部外科(韓国ドラマ)第6話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第6話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第6話の感想と考察

なんと車の事故で理事長はあっけなくこの世を去ってしまい、スヨンも意識が戻らない状態が続いています。

あのままでは院長にとって不利な展開になりそうだっただけに、証拠を握っていた理事長の死は本当に偶然の事故だったのか怪しいですね。

一見重体のスヨンを心配しているようにも見えますが、「まだ生きているのか」と思っているようにも見えてしまい。。。

ドラマのキーマンの一人であるスヨンが簡単に死んでしまうとは思えないので、なんとかがんばってほしいです。

そして真実が明らかになったとたん、復讐もできずにただ理事長の死を見ているしかなかったチェ教授のやりきれなさを思うと本当に切ないです。

スヨンが悪くないとわかっていても、理事長を苦しませるために娘の死を見届けさせたいと思ってしまうのは、それだけ苦しんだ故なのでしょう。

ただ、テス母の心臓がスヨンに移植されてしまうという衝撃のラストでした。

手術の前に看護師からチェ教授に連絡が入ったので、何らかの避けられない事情があったのでしょうか。

テス母が無事かどうかもとっても気になります。見ていて痛々しいテスにもいったいいつ平和が訪れるのでしょうか?

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です