胸部外科(韓国ドラマ)8話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


胸部外科(韓国ドラマ)第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第8話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第8話のあらすじネタバレ!

テス母葬儀の日。手術室のスタッフが弔問に訪れるがチェ教授の姿はなかった。あの時優先すべきはスヨンだったとみんなわかっていても、テス母の手術が決まっていない中、記者会見を開いたチェ教授に不信感を抱くスタッフもいた。スタッフたちの話を耳にしてやはり納得できない思いに苛まれるテス。夜になり葬儀場を訪れるチェ教授だが、テス母が亡くなった時の事を思い出すとテスの前に姿を現すことができなかった。そんなチェ教授に理事長から「今から会おう」と連絡が入る。偶然顔を合わせた看護師がテスの所に行くよう勧めるが「出直す」と言い、もうテスは自分を許さないだろうと言う教授。

理事長に呼び出され出向くチェ教授。理事長はチェ教授と初めて会った時の手術の話をする。いかにも元理事長が成功させたかのような手術にはチェ教授も入っていた。元理事長の味方だと思っていたチェ教授が、事故当日声を荒げたのを知っていた現理事長は、2人に何らかの確執があったのではと疑う。「手術ができなくなったら君がテサンにいる理由がなくなる」という理事長に「私が必要になるはずです」と確信ありげなチェ教授。

テスは故郷に親友のウジンと母の遺灰を持って行く。ウジンは今までのテスの苦労をねぎらい、もう楽になるよう話す。テスは育ててもらった感謝を口にしながら母の遺灰を海にまき涙を流す。

スヨンの意識が戻り、そばにいたジナを呼ぶ。これまで何があったのかジナに尋ねたスヨンは、父が亡くなったことを知りショックを受ける。

歩行訓練を勧められるまで回復したスヨンだが表情は暗い。以前より心拍のリズムが遅くなり免疫抑制剤も使っていることで、自分は移植手術を受けたのではないかとジナに尋ねる。そして、テス母に移植されるはずだった心臓が自分に移植され、テス母は亡くなりテスもテサン病院を去ったことを知り、申し訳なさに胸を痛め涙を流すスヨン。

スヨンの病室に行ったチェ教授に、なぜまた人を犠牲にしてまで助けたのか問い詰めるスヨン。「医師だから助けたまで。君を助けたかったわけではない」とあくまで棘のあるチェ教授。そして「二度と君を助けることはない」と言い捨て病室を出て行く。

理事長はスヨンの病室を訪れ回復を喜ぶが、「あの日私と会った後に一体何があったのか」と探りを入れてくる。眠っていて覚えていないとシラを切るスヨンにとりあえず一安心する理事長。しかし、叔父が不正を犯し父が辞任を勧めていたこと、そして衝突直前に父が「ユンヒョニル!」と叔父の名を叫んだことを覚えていたスヨンはある決意を胸にする。

スポンサーリンク


1年後。整形外科病棟で患者が心停止し、何もできず手をこまねく整形外科医達に代わり、連絡を受け駆けつけたスヨンが蘇生処置をする。スヨンは准教授となっていた。処置が終わり遠くから理事長を見かけ意味ありげに見つめるスヨンだが、エレベーターで会うと笑顔で挨拶を交わす。

産婦人科と合同で胎児に心臓の手術をしたいと教授会で提案するチェ教授。チェ教授の事が気に入らないク課長と手術の危険性を訴えるスヨンは反対するが、韓国初の手術を行い注目を集めたい理事長は乗り気で、スヨンを助手に指名し、国内初の外傷患者への心臓移植執刀医とその患者だった医師のコンビでライブ手術を行うことに許可を出す。リスクの高さを心配する企画室長に、失敗したらテサンの責任ではなくチェ教授の責任だと言う理事長。「成功したらお願いがある」と言うチェ教授に理事長は「手術が終わった後に聞く」と言う。

胎児への手術の会議中、急患の連絡が来るが「会議中だから断れ」と言うチェ教授。スヨンが、自分が執刀すると言い搬送を受ける。チェ教授は変わってしまったと思うスタッフ達。だが急患はすでにへミン病院というところに搬送された後だという。聞いたこともない病院だと思うスヨン。

そのへミン病院にテスとウジンは勤務していた。2人は急患の対応をしていたが、患者の血液型はRhマイナスで輸血用の血液が血液センターから運ばれるまで2時間かかるという。しかし動脈瘤は破裂寸前で、救うにはすぐ手術に取り掛かるしかなかった。患者は外国人の女性で、夫は亡くなりまだ幼い息子が唯一の家族だという。母親を心配する息子に、手術するからもう大丈夫だと伝えるテス。手術に入るが、動脈瘤が破裂し大量に出血し心停止する。必死に心肺蘇生するが、血液到着まで30分かかるという。そこに「輸血すればいいでしょ」と言いながら手術室に入ってきたのは、なんとスヨンだった。輸血用血液を持ち「お久しぶり、パクテス先生」と言うスヨン。戸惑いを隠せない複雑な表情のテス。

胸部外科(韓国ドラマ)第8話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

胸部外科(韓国ドラマ)第8話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で胸部外科(韓国ドラマ)第8話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば胸部外科(韓国ドラマ)を今すぐ視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

胸部外科(韓国ドラマ)第8話の感想と考察

テス母を犠牲にしてまで助かってしまったスヨンの悲痛な思いが痛いほど伝わってきました。

それでもスヨンに冷たい言葉しかかけないチェ教授。

教授も目的のためなら手段を選ばないような医師になってしまったのでしょうか。

テスとは素敵な師弟関係だっただけに、寂しい限りです。

そんなテスは親友ウジンと共に相変わらずの熱血ぶりで奮闘しているようですが、スヨンはなぜあんな時間のない中でテスの勤務先や患者の血液型などなどを知っていたのでしょう。

いずれにしてもスヨンは勇気を出してテスの前に姿を現したはず。善良な2人には和解してほしいです!

まとめ

以上、胸部外科(韓国ドラマ)第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です